【ヴィクトリアマイル2019】回顧|アエロリットの5着は評価すべき

ヴィクトリアマイル2019の回顧号になります。

2019年のヴィクトリアマイルは予想だにしない結果となりました。

幾ら高速馬場とはいえ、前半特化戦、マイルとは思えないようなラップでの決着となりました。

結果としてはDKC競馬部は不的中となりましたが、これはもう仕方ないレベルで、素直に的中された方を称賛したいレースでした。

そんな中でも◎アエロリットの評価は間違っていなかったと思います。

それはなぜなのか?そして、なぜノームコア各位は好走したのか?ラップ分析で紐解いていきましょう。

ヴィクトリアマイル2019回顧

これは最終見解の記事でもお伝えした通り、枠順の配列は最悪の形となりました。

まず、それがもろに出たのがレッドオルガだったでしょう。

この馬の場合、瞬発力でスパット出し抜くタイプではなく、直線要素をふんだんに生かしたロンスパ戦でこそ結果を出してくるタイプ。

懸念した通り、最後は直線で前が壁になり進路をカットされるレースとなってしまい不完全燃焼だったと思います。

更にはフロンテアクイーン。

この馬は当初の予定では軸で行く予定でしたが、これは対照的に内から立ち回って直線で一脚使って出し抜くというタイプの競馬をする馬。

よって、この枠順はかなり微妙な配置で、案の定それがもろに出るような競馬になってしまいました。

共にこの枠配置でも重視で挑みましたが、結果懸念したところがもろに出てしまう形となってしまいました。

そして、今回のヴィクトリアマイルで最も大きな要素となったのは高速馬場且つ、マイルでの前半特化戦。

このあたりはラップを見て回顧して行きましょう。

▼展開・ラップ分析▼

【12.3-10.6-10.8-11.1-11.3-11.2-11.5-11.7】

幾ら高速馬場とはいえ、これは速すぎですね(苦笑)

前半10秒台が2本続き、ラスト3F最速、前半特化戦でよくアエロリットはこれを逃げてひとまずの5着に残したなというレベルの話です。

NHKマイルの時もそうでしたが、ある程度流れる想定で組んでも前半特化までは予想できなかったです。

アエロリットは負けるなら状態面での懸念。と書きましたが、今回の内容を見る限りでは状態面もあったかもしれませんが、これは素直にここまでのラップになるとは思わなかったと言ってもいいかもしれません。

横山騎手は結構やれるときは強気な競馬を打つ騎手ですが、今回は流しすぎた感じでしたね。もう少し抑えていれば台頭している馬もかなり変わっていたかなと思います。

▼事前に配信したラッププロファイリング▼

「1着」ノームコア

ここまでの高速馬場に乗せてこれないと思っていましたが、完璧に対応してきたなというのが素直な印象。

確かにこれまでの内容からも高い後半要素があるとは思っていましたがマイルでそれを発揮できるとは思っていませんでした。

レースとしてはマイルの前半特化戦、高速馬場でもしっかりと後半要素を出し切れたというものでした。

恐らくラスト3F目では10秒台のトップスピードに乗せてそこからのロンスパ競馬を発揮しているので本当に高い後半要素があるんだなと実感しました。

むしろ、今回の内容を見るとこの形こそベストにさえ思えます。

「2着」プリモシーン

この馬は好走ポイントの1つとして、スローからの後半特化戦よりも平均以上で流れたときこそ後半要素が生きてくると見ていましたがまさにその通りの内容だったと思います。

ノームコアよりも後半要素に関しては上だと思いますが、マイルの前半特化戦でも基礎スピードで対応してきたノームコアに対して、やはり前半要素はプリモシーンのほうが足りない分その差が最後まで出てしまったという感じ。

ただ、トップレベルの後半要素があるのは間違いないので今後も直線出し切れる東京などでは堅実に走ってきそうです。

「3着」クロコスミア

完全にノーマークでした。マイルではそもそも基礎スピードで足りないと思っていましたし、スローで行って逃げて直線で出し抜くのがこの馬のスタイルと見ているのでこの展開が仮に予想できていたとしても買えることはなかったと思います。

ただ、今回に関しても前半特化戦に対応してきたという見方よりも後半要素、直線要素を出し切る競馬が得意、そして高速馬場歓迎と判断した方がいいと思います。

以下、人気で敗れたラッキーライラックはマイルでの前半特化戦では基礎スピードで足りないというところでしょうか。

現状は1800m~2000mでくらいで基礎スピードが楽になったほうがいいかなと思える内容でした。

やはり後半要素ではトップレベルの馬には劣ってしまうので前から出し抜く形がベストなのは間違いないでしょう。

むしろ今回の結果は評価してもいいレベルだと思いますので距離延長で確実に見直しできます。

高速馬場且つ、流れる展開で◎アエロリット。

これに関しては間違っていなかったと思いますが、想定以上に流れる展開、これが予測できなかったのが敗因です。

さすがに1:30秒台の決着は想定していなかったですし、これは正直完敗です。

しかし、ラップ分析はこの敗因が必ず糧になりますので今後も各馬の特徴を掴み、これだというパターンで狙っていこうと思います。

来週はオークス。ここはこの時期の牝馬限定の2400mなら想定できる展開は現状1つしかありませんので、その中でどれが走るのか?

しっかり判断して的中させたいと思います。

また週末はLine@から配信するかもしれませんので楽しみにしておいて下さい!

Line@登録がまだの方は「DKCFamily」に登録を!

※日曜午前9時に配信予定なので是非登録して置いてください!

↓↓↓↓登録↓↓↓↓

2019-01-11

【PR:2019年「TAZUNA」を使えば勝てるって本当!?】

競馬で勝つなら2019年は『TAZUNA』が必須となりそうです!

先日も大爆発!
天皇賞・春にて
3連単491,100円を的中!

それだけでなく、帯封越えの高額払い戻し馬券をはじめ

メイン付近のレースをバンバン的中させているんです!

今週は「オークス」の予想も公開予定なのですが

それだけでなく、ここからがTAZUNAの凄いところ!

会員登録が完了後、毎週末の買い目を無料&無制限にて配信!

えっ・・・!?どこで利益上げているんですか!?www

「TAZUNA」のオフィシャルサイトを見ればわかることですが

正直、ここまでクオリティの高いサイトは見たことありませんよ。

最近巷で流行りの『人工知能(AI)』も使用しているようですし、

TAZUNAが持つ競馬関係者との強い繋がりも存分に生かしつつという

まさに鬼に金棒といわんばかりのポテンシャル。

『はっきり言って、登録しないほうが損ですよ!』

是非無料登録して今週末よりTAZUNAの凄さをご体感ください!

ご興味ある方は以下のリンクから無料登録をしてみてください。

⇒ 無料会員登録ページ
※メールアドレスのみの簡単無料登録で完了です!

The following two tabs change content below.
【DKC競馬部】

【DKC競馬部】

予想家No,1を目指しております。 結構ガチな予想をしております。予想家始めて3年連続プラス収支継続中。更に勝つためにラップ理論にて猛烈驀進中。ラップ分析最強説。