【NHKマイルカップ2019】回顧|グランアレグリアの敗因とは?

NHKマイルカップ2019の回顧号になります。

圧倒的1番人気に推されたグランアレグリアは5着(降着によって)となり、ライバル視されたアドマイヤマーズが勝利。

グランアレグリアはやや直線でぶつかる不利がアリながらではありましたが、力を最大に出すとなるとやはりこの形ではなかったというのがはっきりしたレースだったかなと思います。

では、なぜグランアレグリアが突き抜けることができなかったのか?更に、アドマイヤマーズの勝因などを書いていきたいと思います。

NHKマイルカップ2019回顧

馬券の要で勝ったのは「プールヴィル・グルーヴィット」の2頭。

共に流れる展開になったときに台頭してくる可能性が高いという判断で推しましたが、そこまで自信のあるレースでもなかったのでガンガン買うわけでもなく穴から一発を狙うというスタイルで。

なのでグランアレグリアは完全に軽視、平均以上で流れたときは対応できないと判断しました。

これに関しては後述します。

馬券の中心の2頭はどちらも最後まで頑張ってはくれましたが、最後は地力が問われた分と、グルーヴィットに関してはスムーズな競馬ができなかったことが影響を受ける形となりました。

相手筆頭はアドマイヤマーズで仕方ないとしましたが、軸で買うまでのことはしなかったのでこれはもう仕方ないかなという感じです。

プールヴィルに関しては流して行くしかなかったので、前々で出して行く競馬をしましたが思いのほか他が絡んできての展開で前半特化戦まで持ち込まれては最後までは持たすことができずの内容。

直線も出し切っていますし、普通に力負けだったと言っていいと思います。

ただ、ある程度流れる展開で前で出し抜けて残すならこの馬は全然あると判断しての予想だったのでそこに悔いはなしです。

グルーヴィットに関しては直線で完全に不利を受ける形となっていますので度外視してもいい内容だったと思います。

最後まで伸びてはいますがロンスパで追い通すことができず消化不良の内容。

こうなるとさすがに直線出し切れないので改めて見直してもいい1頭かなと思います。

▼事前にLine@で配信したラッププロファイリング▼

▼展開・ラップ分析▼

【12.0-10.4-11.5-11.9-12.0-11.3-11.3-12.0】

ここは見立て通り流れてくれましたがさすがに前半特化戦まで予想できず。

前後半3F「33.9-34.6」でスローで出し抜きたい馬にとっては非常に苦しい展開となりました。

逆に、前で流した馬の後半要素が完全に削がれたことによって前半特化戦でも後半要素を出し切れる後ろからの差し馬が台頭。

こうなることも予想はしましたが、”この馬じゃない感”が凄かったです。

これはシンプルに健闘違いだったと反省ですね。

更に、土曜の雨の影響も考慮しての馬場状況を加味しましたが高速馬場とはいかずとも、時計の出る馬場状況でスピード性能も問われた馬場でした。

この馬場と、前半特化の展開が噛み合ってのレースだったと思います。

「1着」アドマイヤマーズ

ラッププロファイリングでも書いた通り、総合的な要素がここでも上位の存在なのはこれまでの実績からも明らかで、前半特化戦になったとこで相対的に浮上してきたという考えでいいと思います。

決して、前半特化のロンスパ戦が得意というわけではないと思います。

ひとついうなら瞬発力問われる展開にならなかったことが要因。

ギアチェンの性能はトップレベルと比べると落ちるのでダーッと流れて直線出し切る形になったのはプラスに働いたと見れます。

相手関係次第の面は強いかなと思いますが、平均以上で流れたときでも後半要素を出し切れるというのがこれでわかったので今後狙える幅も広がりますね。

「2着」ケイデンスコール

私情ですがこれが本当に悔しい1頭で、週初めの見解をケイタさんの動画などでご覧になってくださった方はご存知かと思いますが、当初はかなり注目している1頭でした。

見解としては左回りに替わることで瞬発力やロンスパの性能など総合的な後半要素が高くなるとこれまでのレースから判断していたため。

ただ、ロンスパ性能の質よりも瞬発力に寄っていると判断し、スローに特化していると見たが故軽視する形を取りました。

これが最大の誤算でした。

内容としては前述した通り、前半特化になったことで前にいる馬の後半要素が削がれたことで一気に台頭。

前半特化戦での後半要素、そして瞬発力、ロンスパ性能問わず後半要素が高いレベルにある1頭だったということです。

この展開でしっかり直線出し切った石橋騎手もやはり流れてのロンスパ戦は得意だなと改めて実感しましたし、今回DKC競馬部は敗戦と終わりましたが一番の理由はケイデンスコールの判断を最終で間違ったことでした。

「3着」カテドラル

控える形なら流れた展開でも後半要素を出し切れるという馬で、それは見えていない部分ではありましたが一応その未知数部分も考慮して、予想には加えることはできました。

ただこれまでのレースからは明らかにスローで流れたときに後半要素を爆発させる馬だったのでその展開になるなら重視も流れた展開なら抑えの筆頭までの考え方。

それでも流れる展開で高い後半要素は見せてきましたが、出し切って3着まで。

外伸び馬場だったので内を通った分もありましたし、進路取りにやや苦戦する面もありますので、スムーズなら2着まではあったかもしれませんし、上位との力差はないと判断してもいいと思います。

どちらにせよ、控える形で後半出し切るなら展開問わずのタイプだというのがこれでわかったので今後も狙いは立つなという感じです。

人気で敗れたグランアレグリア。

これは見解でも書いた通りで、スローに特化しないと無理。という判断。なのでこの展開想定だったので全力で軽視することはできました。

それでも4着(降着5着ですが…)まで来るあたりはやはり地力はある。

今回は馬場状況こそ戻ってくれましたが他、枠順や位置取りを考えるとほぼ買い材料の無い1番人気だったのでこれを嫌えたのは収穫があったかなと思います。

ただ、逆にもしオークスに出走していたなら勝機まであったのではないかと思います。

オークスは流してどうこうできる距離でもないので各騎手がスローに落とし込むことを優先しておこなってくるので必然的にスローの流れになります。

距離はやや長いというのはあるかもしれませんが、スローから直線出し切るだけの競馬になるのがオークスなのでこちらのほうがチャンスはあったかなと思いますね。

同じく人気で敗れたダノンチェイサーもそこまで高いレベルで戦ってきているわけでなかったですし、恐らくスローで流れたほうがいいタイプなだけにこの展開は合わなかったと判断してもいいと思います。

やはりスローで流れてラスト3Fからの競馬になる方が力は出せると思います。

ただ今回に関してはグランアレグリアにぶつかられる不利もありましたので、それがなければもう少し詰める競馬もできたと思いますのでやはりこれも地力はあると判断していいでしょう。

今回は大きく狙っていきましたのでこの結果も覚悟の上でしたが、グランアレグリアが負けるというとこまでは想定の範疇。

先週の勝ち分で遊ぶ程度はできましたし、収穫のあるレースではあったのでまあ良かったかなと思います。

来週は、NHKマイルカップと対照的な流れになりやすいVマイル。

ここは正直現時点で自信もありますし、是非ご期待頂ければと思います!

ラップ分析であれば好走馬のポイント、敗因など明確にわかることができますので今後もこのスタイルで勝負していきます!

現在週末の重賞予想を「DKCFamily」で公開!

※日曜午前9時に配信予定なので是非登録して置いてください!

↓↓↓↓登録↓↓↓↓

2019-01-11

━【PR】━━━━━━━━━━━━━━
買うべき馬、買わないべき馬を無料公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

更に!入選圏内濃厚の穴馬の情報もなんと無料!

一週間の平均獲得金額が「60万円」を超える

高配当連発のサイト金の鞍

実際無料情報でも100万オーバーの配当をお届け!

実際危険な人気馬を見事に見抜き、推奨された穴馬は大激走!

【プロの競馬情報会社だから】

情報がどうとか、関係者がどかではなく

信頼と実績が産む「圧倒的な利益」

だからこそ、生み出されれるコンスタントな利益!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週は重賞の【ヴィクトリアマイル】の買い目も

>>無料で公開<<

皆さんもこのチャンス、必ずものにして下さい!

※無料登録はメールアドレスの簡単登録のみ。

⇒ 今週の無料情報を受け取る方はこちら!

The following two tabs change content below.
【DKC競馬部】

【DKC競馬部】

”競馬で稼ぐ” をモットーに毎週勝負レースの予想を公開中! 結構ガチな予想をしております。予想家始めて3年連続プラス収支継続中。更に勝つために「ノーザン特化のラップ分析」始めました。ラップ分析最強説。