【NHKマイルカップ2019】ケイタさん・DKC競馬部咲助の最終見解!「Line@限定配信」

ケイタさんのNHKマイルC最終見解

◎17アドマイヤマーズ

勝つ可能性が最も高い馬はマイルに戻るアドマイヤマーズと見た。

一体いつ逆転されたのだろうか?

実際この世代マイルでは負けていないし、朝日杯の結果はグランアレグリアが本来の競馬が来なかったではなく、競馬をさせなかった。の方が正しい表現。

後述するがグランアレグリアにも不安あり勝機は少なく見ても五分以上はあると見れる。

この世代のレースレベルを考えると、皐月賞→共同通信杯、この2つのレベルが高かった事は明らかでどちらも本来得意とする持久力勝負にならなかった。のが敗因。

共同通信杯は少頭数で逃げ(出される)競馬になり、瞬発力勝負で敗れた物のスタートの接触もあり本来の競馬ではない。

皐月賞に関しては位置も悪く、直線で外から伸びる馬の反応に全く対応できていなかった中の競馬なら地力は認めるしかないだろう。

今回マイルに戻る事は確実にプラスなポイントだし、世代をリードしてきた屈指のマイラーがここで簡単に負けるとは思えない。

正直極端な高速馬場なら仕方ない感はあるが、恵の雨が降った点やグランアレグリアの走法、弱点から持久力勝負になる可能性が高い点、そうなった場合最も向く馬は?と考えた時にこの馬にたどり着く。

元々一戦使った後の調整が上手い厩舎。皐月賞の前にNHKマイルを公言していた点、前走の走りを見る限りここを取りに来てるとも思えるし、デビューから皐月賞で世代最強馬を乗らずにコンタクトを取ってきたこの馬への思いは相当強いだろう。

ここを勝たなければ、ここまでの過程が全て謎のまま終わる。

このレースも負けて仕方ないと思える本命に巡り会えた。

◯2プールヴィル

正直◎まで打つか迷った。
ただ勝ちまでの予想ではなく、3着の可能性を十分と見て◯の評価とする。

まず持ちタイムの面で言えば1.33秒台が求められる当レースで桜花賞の走破タイムは1分33秒2。いくら高速馬場だったとはいえタイム的な裏付けは出来ている。

当馬のレースを振り返ると坂のあるコースを勝ち切っている点をまず評価。一見右回りを難なくこなしているようにも見えるが若干右にもたれる癖もあり、左回りへ変わるとこは素直に歓迎。

逃げ一辺倒ではなく自在性のある競馬ができるのが強みだ。

評価したい点として負けたレースの内容。阪神JFは4角で外の馬によられる不利もあり、なおかつ外しか伸びない馬場で内を走らせ掲示板。

その後のレースを見たら能力は疑いようがないし、前走・桜花賞は大外から無理にハナを主張。序盤に相当足を使いながら2着とは0.2差の6着。

トライアル組が弱い今世代で桜花賞までの競馬を見たら評価をせざる負えないし、ここまで人気薄であれば積極的に狙いたい。

3着、穴をあける条件揃ったとみる。

▲7グランアレグリア

馬の能力だけ見れば断然だし、それを疑わなかったからこそ桜花賞で本命を打てた。
左回りは素直に評価したいし持ちタイムも優秀。高速馬場なら向くだろう。

ただ前走以上にマークがきついことが予想される。直線早め抜け出しを図るだろうし、どうしてもこの馬にとって高速馬場でレースを行いたいところだ。

ただ今回◎を打たない理由としては、陣営がさほど強気ではないとも読み取れる点。

初めてレース間隔が詰まる点や、桜花賞の内容はすごかったとはいえ弱点は完全に払しょくされたとも言えない競馬。

スムーズに行うことが求められる中、フルゲートの牡馬相手。◎の戦術を考えながら厳しいマークを完全にかわす事が必要で鞍上のアシストも必要だろう。

△13ファンタジスト

皐月賞組ではこちらをもう一頭。前走あまり競馬をしていなく、状態キープでならこのメンバーなら上位進出可能

△15ヴィッテルスバッハ

伊藤の本命。馬券を買ってしまったから一応の評価入るかな?程度だったが、天栄短期放牧の10日競馬。如何にも近代競馬の好走パターン。

DKC競馬部咲助のNHKマイルC最終見解

【NHKマイルカップはスロー特化軽視!流れて台頭の余地ある馬を狙います】

先に言っておきますが、今回は天皇賞春ほど自信はありません。

なので馬券をぶち込んでというレースではないですが、人気馬に不安材料があり、人気薄に買い材料が揃っているので期待値を上に取って穴軸から勝負します。

まず、レース展開から説明すると、何度も言ってきている通りスローで流れる方に張るか、それとも過去のNHKマイルカップ同様にある程度流れるほうに張るか。

どちらの展開の再現性が高いかと言われると土曜の雨の影響でややスローになる可能性もあがりましたが、やはりある程度流れるほうが可能性としては高いと思います。

もしスローで流れるならグランアレグリアを筆頭にカテドラルやクリノガウディー、ヴィッテルスバッハ、ダノンチェイサーなどでしょうか。

しかし、DKC競馬部では今回、この展開には張りません。冒険、ギャンブルで穴狙いです。

流れる前提で後半特化型を出し抜ける、という意味合いで上がってくるのが

プールヴィル・グルーヴィット

あたり。

プールヴィルの前走はいかにも土俵が違うというような内容のレースで、ドスローの後半特化戦でグランアレグリアに出し抜かれてのもの。

高速馬場、スローから後半要素を求められる展開で完全に出し抜かれましたが、状況さえ替われば着順が入れ替わる可能性もありえる内容でした。

実際、2着以下とは差のない競馬ができており、トップスピードの質は高くありませんが、流れてラスト3F最速から出し切る競馬なら見直しできると判断できるものだったと思います。

更に阪神JF、これは完全に展開不利の中を前で出し切って残していると言ってもいい内容で、一旦直線で詰まるも最後まで出し切っての5着。

この時も平均で流れての内から出し抜く形だったのですが、さすがに外差し馬場の影響を多大に受けた内容でした。

1400mで良績が固まっていますが、実はパフォーマンスが高いのはマイルでの実績のほうで、今回も差される可能性あるのですが、平均で流して前で出し抜けるならこの馬が最も可能性が高く、この人気なら買いと判断しました。

グルーヴィットは恐らくスロー~のペースにも対応できるタイプかなと思いますが、前走の内容を見ても平均で流れる中で馬券になっているあたり、既にある程度流れる展開で後半要素を生かせるというのが見えているので買いやすい1頭。

1400mの基礎スピードにも対応するところを見せていますので、基礎スピード面で楽になるマイルに替わるのはこの馬としてはプラスになるのではないかと予想します。

高速馬場への対応が未知数だったので少し迷っていましたが土曜の馬場悪化でより買いやすさは増しましたし、平均で流れてラスト3F出し切る競馬はいかにも合いそうなタイプでここは期待を持って買いたいと思います。

この2頭を筆頭に・・・

アドマイヤマーズは人気馬の中で素直に評価しておくべき1頭でしょう。

まだマイルで流れたときの対応というのは見せていないですが、グランアレグリアとの比較で流れたときというのを前提に置くなら明らかにこちらのほうが買いやすいですし、ラッププロファイリングでも書きましたが総合的なバランスはここでも最上位なのは間違いないと思います。

ただこの枠で今のミルコが素直に位置を取っていってくれるか?という心配はあります。

控えて後半要素にかける競馬はまず合っていないと思うので強気に前につけて、後続の後半要素を削ぐ形が取れるかどうかでしょう。

他買いたい馬もいますが、馬券はプールヴィル・グルーヴィットを中心にスローに特化しないタイプの馬を狙っていきます。

その中でもヴァルディーゼルは前走のアーリントンカップだけで人気を落としますがスロー後半特化戦でギアチェンなどで見劣った可能性が高いと見ます。

直線で詰まる面も見せていますし、シンザン記念の内容からも流れて出し切る競馬なら前走の上位組をまとめて負かしてもおかしくなさそうです。

更に人気薄のところで買いたいなと思える馬もいますし、今年のNHKマイルはクラシック上位組が出てきますが、決め打ちで穴から勝負して高回収を期待します。

The following two tabs change content below.
【DKC競馬部】

【DKC競馬部】

”競馬で稼ぐ” をモットーに毎週勝負レースの予想を公開中! 結構ガチな予想をしております。予想家始めて3年連続プラス収支継続中。更に勝つために「ノーザン特化のラップ分析」始めました。ラップ分析最強説。