【NHKマイルカップ2019】予想と枠順確定後の展開考察|強烈な狙い馬が存在

NHKマイルカップ2019の予想と枠順確定後の展開考察を中心とした記事です。

正直、グランアレグリア、アドマイヤマーズが出走してくるということでまともに考えるならこの2頭が抜けた存在と判断していいと思うのですがそもそもNHKマイルカップのレース質に合うかどうかはやや微妙なところ。

特にグランアレグリアに関しては人気を加味する期待値で考えたときにどうしても見劣る面があり、スローで流れることが確定です!というなら話は別ですが、平均以上で流れる可能性がある段階では1倍台で買える馬だとは思えません。

では、どの馬を狙っていくのか?狙える馬の根拠などを話しながらまとめていきます。

NHKマイルカップ2019最終考察と展開予想

グランアレグリアの買い材料と不安材料

▼土曜の15時現在のオッズ▼

  1. グランアレグリア  1.5倍
  2. アドマイヤマーズ  7.4倍
  3. ダノンチェイサー  8.3倍
  4. ヴィッテルスバッハ 17.7倍

これだけのメンツですがグランアレグリア一本被りのオッズ。

確かに前走の桜花賞がかなり強い競馬に見えるので、普通に考えればグランアレグリアがNHKマイルカップでも一枚上の存在と考えるのが妥当だとは思います。

ただ、その桜花賞の内容を振り返るとラスト5F【12.3-11.7-10.8-11.0-11.5】というラップ。

ラスト3F最速の競馬で、しかもトップスピードを大きく求めらえる流れ。

更に前半がスローで流れており、いわゆるスロー~後半特化のレースだったわけですがこの流れは言えばグランアレグリアに取ってベストの展開です。

しかも、レースレコードを更新する馬場状況。

ここで勘違いしたくないのが決してレースレコードを更新しているから強いではなく、これは馬場状況による影響が大きく占めていると考えるべきかなと思います。

この桜花賞がこの馬のベストパフォーマンスだったのは間違いないと思いますので高速馬場且つ、スローで流れる後半特化戦で総合的に後半要素が求められる展開になるならグランアレグリアは全力で買うべきでしょう。

ただ、このグランアレグリアの好走条件が揃わなかったときにどうなるか?

それは朝日杯もヒントになるレースだったかなと思います。

馬場状況は桜花賞時とは異なるもので良馬場発表でしたが雨もふりややタフな想定だったと思います。

更に前後半3Fで2秒以上のスローだった桜花賞に対し、朝日杯は約1秒スロー。

同じスローの流れでも1秒差あればそりゃレース質は変わってきますし、実際、グランアレグリアはこれまでかなりのスローを前から後半要素を出し切って台頭するレースでしか勝っていませんのであまり流れる展開は得意ではないかなと予想もできます。

後半要素を出し切るタイプの馬の中には大きく分けて2パターンおり、スローの展開でしか発揮できない馬と、平均以上で流れても対応してくる馬と。

前者の場合は条件がハマったときはかなり強い競馬をする印象が強いですが、後者の場合はそこまで特筆はしていないので、ガチっとハマった馬がいた場合は出し抜かれてしまうのですが大きく崩れることもないというのがあります。

グランアレグリアは恐らく前者。

まだ、平均以上の流れを経験していないので何とも言えない部分、いわゆる未知数な面ではありますが不確定要素を含んでいることは間違いないでしょう。

そして、これは以前の記事でも書いた通りNHKマイルカップというレースがある程度流れる可能性のあるレースなだけに今回グランアレグリアを全力買いするのは不安が残る。

期待値とのバランスが悪いなと感じるのが正直なところです。

では、グランアレグリアに不安のある展開になったときにどの馬が台頭してくる余地があるのか?

枠順も決まりましたし、展開面を予想しながら紐解いていきます。

NHKマイルカップの展開考察

↓NHKマイルカップの過去の傾向と有力馬のラップ分析はこちら↓

【NHKマイルカップ2019】予想と有力馬のラップ分析

展開の隊列は非常に読みにくい1戦です。

恐らく逃げたいだろうという馬が結構いるのですが、出遅れる可能性のある馬もいるし、テンの遅い馬など何が行き切るのかちょっとわかりにくいところです。

一応の逃げ候補としてはイベリスが行って、ワイドファラオあたりが外から切れ込んでくるかなという感じです。

”普通なら”アドマイヤマーズも外から前を伺ってくると思いますが、最近のミルコ騎手はそこまで主張していかない面もあるので外枠なので控える競馬を選択してくるかもしれません。

ただ、これに前を取らせたくない、アドマイヤマーズよりも前で競馬をしたいという馬も多いのでやはりある程度流れる展開の方が再現性が高いかなと思います。

グランアレグリアもまず流したくないはずなので、スローに落とし込みたいはずですが他がやはりそうはさせない可能性が高いかなと思います。

ただ、この状況でスローに流れる可能性もあるにはあります。

外の各馬が前を主張しないときと、絶対に逃げたい!というタイプはいないのですんなりグランアレグリアが前に出てスローに落とし込んでの逃げを打った時です。

これ以外の展開の時はほぼ流れると思いますが、こうなったときはスローで流れてグランアレグリアが押し切る可能性も出てきます。

この展開に決め打ちで張るのもありですがそうなると買わないといけない馬が多く、甲乙つけ難いメンバー構成になってしまうのでやはり再現性の高い展開で流れると見て、その展開で買える馬を狙っていく方がいいかなと思いますね。

平均で流れると見たときに買うべきなのは平均以上で流れたときに前から出し抜く形で結果を出している馬と、昨年のケイアイノーテックのように直線要素出し切り差してくるというタイプの馬。

土曜の東京の馬場状況を考えるとやや差しが決まりやすい印象を受けるので、昨年の再現を狙うのもアリかなと思いますが、前で出し抜けるタイプは総じて人気がないのでこのあたりもチェックしておきたいですね。

更に詳しいNHKマイルカップの見解に関してはLine@で公開しますので是非登録しておいてください!

※日曜午前9時に配信予定です。

※今週は話題のケイタさんの予想見解も公開予定なのでご期待ください!

↓↓↓↓登録↓↓↓↓

2019-01-11

まとめとNHKマイルカップの注目馬

NHKマイルカップの推奨馬に関してはこちらもLine@DKCFamilyで公開予定なのでこちらもチェックしておいてください!

正直、平均で流れる展開に決め打って馬券を組むのはギャンブル性もあります。

まともな予想ならグランアレグリアーアドマイヤマーズでいいのですからね。

ただこのパターンはさすがに馬券的妙味もないので・・・(笑)

令和最初のG1ですし、大きく狙ってドカッと回収したいなと思っています!

ちなみに、DKC競馬部が平均ペースを前から出し抜ける馬として期待しているのは「プールヴィル」です。

差し決まる状況なのでどこまで残せるかという不安材料はありますが、その展開なら他を出し抜ける可能性があるという点でこのオッズは非常に魅力的。

阪神JFはやはり相当に強い競馬をしていると思いますし、前走の桜花賞は土俵違いの展開で後半要素で見劣った内容。

平均で流れて他の後半要素が見劣るならチャンスはあるのではないかと思います。

【PR:2019年「TAZUNA」を使えば勝てるって本当!?】

競馬で勝つなら2019年は『TAZUNA』が必須となりそうです!

先日も大爆発!
天皇賞・春にて
3連単491,100円を的中!

それだけでなく、帯封越えの高額払い戻し馬券をはじめ

メイン付近のレースをバンバン的中させているんです!

今週は「NHKマイルカップ」の予想も公開予定なのですが

それだけでなく、ここからがTAZUNAの凄いところ!

会員登録が完了後、毎週末の買い目を無料&無制限にて配信!

えっ・・・!?どこで利益上げているんですか!?www

「TAZUNA」のオフィシャルサイトを見ればわかることですが

正直、ここまでクオリティの高いサイトは見たことありませんよ。

最近巷で流行りの『人工知能(AI)』も使用しているようですし、

TAZUNAが持つ競馬関係者との強い繋がりも存分に生かしつつという

まさに鬼に金棒といわんばかりのポテンシャル。

『はっきり言って、登録しないほうが損ですよ!』

是非無料登録して今週末よりTAZUNAの凄さをご体感ください!

ご興味ある方は以下のリンクから無料登録をしてみてください。

⇒ 無料会員登録ページ
※メールアドレスのみの簡単無料登録で完了です!

The following two tabs change content below.
【DKC競馬部】

【DKC競馬部】

予想家No,1を目指しております。 結構ガチな予想をしております。予想家始めて3年連続プラス収支継続中。更に勝つためにラップ理論にて猛烈驀進中。ラップ分析最強説。