【天皇賞春2019】回顧|直線団子~の瞬発力戦だからこその結果

天皇賞春2019の回顧号になります。

先週の天皇賞春は変則買いでしたが結果◎-△-穴と上位本線で決めることができ、個人的にも帯にやや届かずのプラス収支で終了したわけですが、展開パターンを2つに絞っての勝負。

1つは縦長ロンスパ戦で前が残る状況、いわゆるビートブラックが勝った12年戦のような展開を想定しました。

もう1つは今年の天皇賞春がそうだったように団子からの瞬発力戦、しかも高速馬場だということも想定の範疇で予想したところ、その通しの結果に。

どちらの展開にも◎-穴の印を組んでいたので、購入金額も20万近いものとなりましたがいい形で平成ラストを飾れましたし、シャケトラの追悼ができました。

それではなぜ、団子~瞬発力戦ならフィーエル&パフォーマなのかを説明して行きます。

天皇賞春2019回顧

◎は2頭を推奨、縦長のロンスパ戦になるなら「メイショウテッコン」団子~の瞬発力戦なら「フィーエルマン」という形で予想を組み、穴でその場合一緒に連れてくるだろうということで、縦長ロンスパ戦は「ロードヴァンドール」団子~の瞬発力戦は「パフォーマプロミス」という推奨でした。

グローリーヴェイズに関してはハマれば能力があるのは間違いなかったので△で相手推奨。

結果、馬連・馬単は外してしまいましたが、ワイド本線、3連複、3連単を的中することに成功。

Line@「DKCFamily」でもこの旨は話ましたが、現有料会員様にも大変喜んでいただけました。

Line@「DKCFamily」でも配信した通り、買うなら2極端で買うべき。という話をしました。

何故かというと展開パターンがどうしても2つから絞れなかったからです。

これを更に絞るというコトはただの丁半博打で、DKC競馬部ではどうしても今年の天春はシャケトラ追悼の意を込めて的中させたかったので印は増えても2パターンから買う、というコトを決め勝負。

結果、団子~の瞬発力戦だったのでテッコン、ロードはいらなかったのですが、これがもし縦長のロンスパ戦ならまずパフォーマプロミスはきていないので買い方も功を奏したと言えるでしょう。

▼展開・ラップ分析▼

【12.9-11.5-11.6-11.6-12.2-12.2-12.5-13.8-13.3
12.4-12.5-12.3-11.7-11.6-11.0-11.9

後半ラスト4F動き出して一応ロンスパ性能も兼ね備えていますが、道中がかなり緩んでおりこれは瞬発力に寄ったレースだったと判断していいと思います。

5Fから4Fへの0.6加速、3Fから2Fへの0.6加速とギアチェンを2回求められており、高い瞬発力への対応力が求められた展開でした。

菊花賞の時はラスト2F動きだしの瞬発力戦で、それとは異なる部分もありますが後半要素に寄ったレースだったということは間違いないです。

▼天皇賞春前にLine@でお送りした有力馬のプロファイリング▼

「1着」フィエールマン

道中緩んだことで、団子上になりそこからの瞬発力戦になったのがこの馬の最大のポイント。

ロンスパ性能も必要となるレースではありましたが、それでも高い後半要素を持っているのはこれまでのレースからもわかっていた通りでフィエールマン向きの展開になった。

この馬としてはロンスパ<<瞬発力だとは思うが、瞬発力のかなり比重が寄っている場合、仕掛けどころ一つでカバーできるのが瞬発力特化型の馬。

それをいかんなく発揮したのがフィエールマンの勝利だろう。

距離適性云々で、レース展開に後押しされた1戦。

「2着」グローリーヴェイズ

高い後半要素があるのは間違いなかった話で、菊花賞に関しても瞬発力戦で大外から5着に食い込んでいる馬。

瞬発力戦になったときに不安要素はなく、今回もそれを発揮したのが好走要因ではあるが

しかも夏の古馬準OPを勝てるだけの馬なのでそもそもの能力値が高かった。

フィエールマンほどの瞬発力があるわけではないだろうが、逆にそれをカバーできるロンスパ性能があるのがこの馬という感じ。

もし縦長のロンスパ戦で持久力求められる展開になったときは怪しかったと思うが、レース質がベストにハマったと見てもいいだろう。

「3着」パフォーマプロミス

距離不安のある馬ではあったが、これも何度か言ってきた通り瞬発力戦に寄ったレースで、後半特化のレースになる場合距離適性をカバーできることがある。

この馬の今回の好走はまさにそれだろう。

高速馬場で、瞬発力比重の寄ったレースなら軸候補まで考えていた馬だが、展開面がドはまりした。

実際直線ギリギリまで追いだすのを我慢してそこから弾けるレースで、直線競馬しかしていないのがこの馬。

鞍上の判断も見事なものだったと思う。

ただ、上位2頭とは素直に力差、距離適性などがあったということ。

「エタリオウ」に関しては不安視していた通りの内容で、基礎スピードをまったく無視したロンスパ戦で早仕掛けで強気にいったものの、瞬発力に比重の寄ったレースではこれが限界。

もし縦長のロンスパ戦なら3着はワンチャンあったかもしれないが、フィエールマンとの力差はここで感じるものとなった。

DKC競馬部としてはもう1つの展開も想定していた。

冒頭でも少し話した通り、ヴォージュ各位の先行勢が縦長で引っ張ったとき、かなりのロンスパ戦になると思っていたが、道中【12.5-13.8-13.3-12.4-12.5】とここまでレースラップが緩めば後続も押し寄せて団子上になる。

仮に13秒台までいかず12秒台で淡々と流れていれば瞬発力型の馬の脚を削ぐことになり持久力戦となっただろう。

その場合は「メイショウテッコン」「ロードヴァンドール」あたりも前々で出し切る競馬をできただろうが、全く展開に恵まれず、緩んだトコで強きに行こうともしなかったのでこの大敗。

後半要素に比重の寄ったレースになればそりゃ負けるという典型的な内容だったかなと思います。

平成ラストの天皇賞は展開を2パターン想定して、どちらに転んでも大丈夫のように保険を張りつつの予想を組めたことが的中の要因だったかなと思います。

今週は月曜をほぼ見して土日に比重を寄せた勝負をしましたが、青葉賞も◎リオンリオンから本線、天皇賞春もこの結果で重賞も上々の結果となり、平場でも推奨した馬がかなり走ってくれたことでかなり大きなプラスを出すことに成功しました。

日曜はシャケトラの追悼で個人的にも大きく勝負をしたことが功を奏した結果でしたが、ラップ分析で導いた馬が想定通りの走りと想定した通りの展開になったことでの結果。

もちろん、今回メイショウテッコンなどが走らなかったように想定と崩れれば外れることもありますが、勝因も敗因もわかるという点ではやはりラップ分析は最強なのかなと思います。

現在週末の重賞予想を「DKCFamily」で公開!

※日曜午前9時に配信予定なので是非登録して置いてください!

↓↓↓↓登録↓↓↓↓

2019-01-11

━【PR】━━━━━━━━━━━━━━
買うべき馬、買わないべき馬を無料公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

更に!入選圏内濃厚の穴馬の情報もなんと無料!

一週間の平均獲得金額が「60万円」を超える

高配当連発のサイト金の鞍

実際無料情報でも100万オーバーの配当をお届け!

実際危険な人気馬を見事に見抜き、推奨された穴馬は大激走!

【プロの競馬情報会社だから】

情報がどうとか、関係者がどかではなく

信頼と実績が産む「圧倒的な利益」

だからこそ、生み出されれるコンスタントな利益!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週は重賞の【NHKマイルカップ】の買い目も

>>無料で公開<<

皆さんもこのチャンス、必ずものにして下さい!

※無料登録はメールアドレスの簡単登録のみ。

⇒ 今週の無料情報を受け取る方はこちら!

The following two tabs change content below.
【DKC競馬部】

【DKC競馬部】

予想家No,1を目指しております。 結構ガチな予想をしております。予想家始めて3年連続プラス収支継続中。更に勝つためにラップ理論にて猛烈驀進中。ラップ分析最強説。