【青葉賞2019】予想と枠順確定後の展開考察|スロー~ロンスパ戦だとは思うが…

青葉賞2019の予想と枠順確定後の展開考察を中心とした記事です。

土曜開催のダービーと同舞台の青葉賞、当然本番へ向けても注目の1戦となるのですが枠順確定後、かなり予想オッズに動きもアリ当日まで本当にどれが人気になるのか?わからない状況になってきました。

ただ、どちらにせよ青葉賞での狙い方に変わりはありませんのでより直線要素を出し切れる馬、後半要素に優れている先行馬。

この2極端で予想していって問題はないでしょう。

枠順が確定したことで有力になるなと思える馬がはっきりしてきましたので最終予想ではそのあたりを取り上げたいと思います。

青葉賞2019最終考察と展開予想

有力人気馬の不安材料

▼金曜の17時現在の予想オッズ▼

  1. ピースワンパラディ  2.2倍
  2. ランフォザローゼス  5.9倍
  3. ウーリリ       6.5倍
  4. バラックパリンカ   9.8倍
  5. アドマイヤスコール  12.3倍

なんにせよ、東京の土曜は恐らく雨。

金曜も雨が降っていますので馬場状況はタフなものになってくるかもしれません。

ラップ分析をしている人ならわかると思いますが、馬場が悪くなると以外にペースは引き締まって、後半特化のロンスパ戦になるよりは、平均ペース~ロンスパ戦になりやすいです。

前回の記事で過去5年分の青葉賞の傾向をまとめましたが、全て良馬場開催だったので2019年は少し傾向とは異なってくる可能性も十分にあるかなと思います。

・ピースワンパラディ

前走がラスト2F最速の瞬発力戦で勝利、新馬戦も加速ラップで後半要素の高さはこの2戦からも証明しており、東京の長い直線を出し切る競馬ならと期待を持っても不思議ない1頭ですが、こういう内容の馬は基本的に良馬場、なんなら高速馬場向きと言ってもいいです。

瞬発力に冴えているということはそのキレを生かせる馬場じゃないとまあどうしようもないので、現状予想できる青葉賞の馬場状況がこの馬にプラスになるとは思いづらいですね。

ただ、これは未知数な部分も含んでのことなので、タフ馬場でのロンスパ競馬でも対応してくる可能性はなくはないです。

プラスになることはないのでその未知数部分を込みで軸にはできませんが、後半要素の高さから抑えて置くのはアリでしょう。

・ランフォザローゼス

前回の記事でも書いた通りこの馬は恐らく瞬発力によったタイプなので、ピースワンパラディ同様に現状予想できる馬場状況がプラスになるとは思いづらいです。

そもそも東京の直線出し切る形のロンスパ競馬があっているとさえ思いにくいので、雨でのタフ馬場で更にマイナス材料が増えたと言ってもいいかなと思います。

新馬戦は極端なスローでの直線競馬だったので、この形なら話は別でしょうが、青葉賞ではそうはならないでしょうからね。

・ウーリリ

血統面だけで見るなら渋った馬場でもこなせると判断することもできますが、ラップ分析で言うならウーリリも決して馬場が悪くなって瞬発力を削がれる形になるのはプラスではないかなと思います。

ただ、これは逆の意味で未知数部分を示しており、決して高速馬場のほうがいいという感じもなく後半要素の高さから瞬発力にも対応してきているという判断もできますので、上記2頭よりはまだ買いやすい人気馬かなとは思います。

・バラックパリンカ

この馬の不安材料は能力関係だけでしょう。

雨の影響で他馬の瞬発力を削ぐ形になるのはこの馬としてはプラスになるのではないかなと思います。

直線出し切る形でOKの東京とはいえ、瞬発力に冴える馬が出し抜いてそこから高いロンスパ性能を発揮してくれば太刀打ちできませんからね。

平均ペースで持久力を求められる展開になるのはプラスに働きそうですし、これまでの有力人気馬とは逆で良馬場になることも不安材料として挙げられます。

・アドマイヤスコール

恐らく瞬発力に寄った形になるのはこの馬としてはマイナスで他に出し抜かれる可能性が高かったので、逆に雨で瞬発力を削ぐ形になるのはバラックパリンカ同様にプラスに働くとは思います。

ただ、前回も書いたように総合的な能力値がそこまで高くはないと思うし、ロンスパ性能に長けているかと言われるとやや微妙な気もするので他要素の部分で助けがあってどこまでかなという感じ。

平均ペースからのロンスパ戦は決して得意ではないと思うし、1枠もいい方向に出るとは思えませんね。

青葉賞の展開予想

↓青葉賞の過去の傾向と有力馬のラップ分析はこちら↓

【青葉賞2019】予想と有力馬のラップ分析

前走でハナを切ってそのままスローに落とし込み直線要素を見せたリオンリオンが1枠2番。

前半の基礎スピード面でもなんら不安の無い馬だがこの枠に入った以上、青葉賞でも逃げの手を売ってくる可能性が高いと判断。

他に前を切っていきそうな馬はいない分、楽に展開を進めれると思うし、道悪の状況になったとしても平均ペースになるほどか?と思うところ。

ただ、外目にある程度基礎スピードに長けている馬がいるのでこのあたりが1コーナーまでに前を取ってくるようなことがあれば、先行勢はある程度流して後方を置いていくような形になるかもしれません。

リオンリオンがすんなり逃げてスローに落とし込めるか、それとも外から先行切っての馬が出てくると予想するのか?

再現性としては平均に流して良さそうな馬が外にいるっちゃいますが、東京2400mの舞台設定なのでそこまで無理をさせてくる必要性もないですし、直線要素でなんとかできますのでスローロンスパ戦と予想するのが妥当かなとは思います。

そうなるとあとは雨次第の面もあり、冒頭でも書いたように馬場が渋ると道中が流れてしまうことがあるので、そうなったときに対処しきれなくなるんですよね。

一応舞台設定を重視して例年通りスロー~ロンスパ戦で結論を出す予定ですが、もし先行して平均ペースのロンスパ戦に対応できる馬がいる場合はそちらを重視する方向も考えておかなきゃなとは思います。

なんにせよ、先週の傾向をそのまま引継ぐとは思えませんので当日の馬場状況はしっかり判断しておきたいところですね。

まとめと青葉賞の注目馬

明日の9時にもなにかしら配信しますので是非登録して置いてください!

↓↓↓↓登録↓↓↓↓

2019-01-11

ということでざっと各馬の不安材料と青葉賞の予想できる展開を見ていきましたが、現状では再現性の高そうなスロー~ロンスパ戦で出し抜ける馬を狙う。

ってところまでは落ち着いています。

ここから詰めの作業に入るわけですが、このまま変わりなければ2、3頭に軸候補は絞れていますのでそこから勝負しようかなとは思っています。

最後に1頭注目している馬を発表しますが「バラックパリンカ」です。

これがスロー~ロンスパ戦ならいらないと思うんですが、平均くらいで流れる可能性があるとなると一気に浮上してくるタイプです。

前述した通り、この馬が平均~でいいというわけではなく他馬の要素が削がれる点がプラスに働いてくると思うんですよね。

外目に入ったことも怖い材料ですし、一応注意はしておきたいと思います。

PR【天皇賞では「うまとみらいと」を見ないと絶対に損!】

「なんだ・・・この的中は・・・!?」

●4月21日 福島11R 福島中央テレビ杯

馬単ながし5点 払戻金額34万3,800円

●4月14日 中山8R 袖ヶ浦特別

3連単フォーメーション28点 払戻金額55万2,660円

4月に入ってからの連続大的中がヤバすぎ・・・

最近「うまとみらいと」がズバ抜けて絶好調です!

今週は、荒れるG1の代名詞「天皇賞(春)」。

主役不在で難しい今年の天皇賞は、

絶好調の「うまとみらいと」を信頼するのがおすすめ!

↓競馬で勝つなら必見。うまとみらいと限定情報↓

☑高精度独自データが示す“3連単で絶対買うべき馬”
☑最新競馬ノウハウに100%合致した”厳選殿堂馬”
☑穴馬の達人が見抜く爆発的“稼げる穴馬”

正直、お金払ってでも欲しいレベルの情報がすべて無料!

さらに、いますぐの登録で天皇賞後も永続提供の権利が確定しますよ。

「うまとみらいと」にいますぐ登録して、競馬に勝ちましょう!

⇒ 無料会員登録ページ

※メールアドレスだけの簡単&無料登録ですぐにご覧になれます!

The following two tabs change content below.
【DKC競馬部】

【DKC競馬部】

”競馬で稼ぐ” をモットーに毎週勝負レースの予想を公開中! 結構ガチな予想をしております。予想家始めて3年連続プラス収支継続中。更に勝つために「ノーザン特化のラップ分析」始めました。ラップ分析最強説。