【天皇賞春2019】予想と有力馬のラップ分析|シャケトラの追悼。絶対当てる

天皇賞春2019の予想と有力馬のラップ分析を中心とした記事です。

今週は平成ラストのG1、天皇賞春が開催。

平成ラストに天皇賞とはまあ乙なものですが、個人的にはTwitterでも書いた通りで、平成ラストも重要だが、出走予定だったシャケトラの追悼の意がある。

かなりお世話になった、大好きな馬だったので天皇賞春を的中させることでシャケトラの追悼と行きたいと思います。

本日は過去の天皇賞春の傾向を振り返りながら、有力各馬の分析を行っていきたいと思います。

マイラーズカップの回顧記事はこちらに書いていますのでご覧ください。

【マイラーズカップ2019】回顧|ダノンプレミアムが本当に強いと言える理由

天皇賞春の予想と有力馬のラップ分析

過去のラップ傾向

  • <18年>(良馬場)(35.6-35.9)
    13.0 – 11.2 – 11.4 – 12.0 – 12.5 – 12.3
    12.0 – 13.2 – 12.6 – 12.6 – 12.8 – 12.6
    12.1 – 12.1 – 11.4 – 12.4
  • <17年>(良馬場)(35.6-35.5)
    12.9 – 11.5 – 11.2 – 11.3 – 11.4 – 11.6
    11.6 – 13.0 – 12.5 – 12.7 – 12.6 – 12.5
    12.2 – 11.6 – 11.7 – 12.2
  • <16年>(良馬場)(34.1-34.7)
    13.0 – 12.1 – 12.4 – 12.2 – 12.1 – 12.0
    11.6 – 12.9 – 12.6 – 12.6 – 12.7 – 12.5
    11.6 – 11.4 – 11.7 – 11.9
  • <15年>(良馬場)(36.1-35.3)
    12.7 – 11.4 – 12.0 – 12.5 – 12.8 – 12.2
    12.1 – 12.8 – 12.4 – 12.3 – 12.5 – 12.0
    11.7 – 11.8 – 11.5 – 12.0
  • <14年>(良馬場)(36.9-34.8)
    12.8 – 12.0 – 12.1 – 12.4 – 12.4 – 12.1
    11.3 – 12.5 – 12.9 – 12.9 – 12.9 – 12.3
    11.7 – 12.0 – 11.1 – 11.7

17年は前後半5Fで見ると<69.9-72.8>と前半特化戦ですが、これはヤマカツライデンが前半飛ばして行った分で、後続に関しては落ち着いていますので前半はここまで流れていないと判断するのが賢明です。

基本的には簡潔に言うと後半要素に寄ったロンスパ競馬になることが多い天皇賞春ですが、これだけの距離を走りますので道中12秒台でも連発するとさすがに持久力を問われる形になりやすいです。

ただ、この時期の京都は先週の傾向もそうだったように馬場が速くなることも十分に考えられますので、馬場状況を踏まえての判断が必要かなと思います。

傾向としては後半特化のロンスパ戦。

中弛みで、ラスト4Fから動き出し、ラスト2Fでもう一脚求められるという展開が多いです。

基本的に、17年のように飛ばして行く馬がいても後続がついていくことはないので、平均ペースからのロンスパ戦はあるとしてもこの距離ですし、前半特化になることはほぼないと判断してもいいでしょう。

【求められる要素】

  • さすがに後半特化戦でも持久力
  • 4Fからのロンスパ性能
  • ラスト2Fで動けるギアチェンジ

それでは続いて有力各馬のラップ分析から得意としている展開、逆に苦手な展開を考察して行きましょう。

エタリオウ

もう言うまでもないかもしれませんが、スロー~ロンスパ戦でしっかり直線要素を出し切ることのできる1頭です。

ただ圧倒的に基礎スピード、然り前半要素が足りないのでポジションを取っていけないというのがこの馬の致命的なところ。

ギアチェンジ然りロンスパ性能然りで後半要素は高いレベルにあるのですが、これまで負けている全てエタリオウよりも前の位置から出し抜かれるケース。

天皇賞春に関してもその可能性は否めないと言えますが、ロンスパ性能に長けているからこそ、ここまで崩れずに走ることができているわけですからここでも極端に評価を下げることはできない1頭かなと思います。

クリンチャー

一概にロンスパこなせると判断するのは危険な1頭かなと思います。

これまでの結果を振り返るなら、どちらかというとタフな馬場、展開になったときに他馬が手苦労する中でも能力値が落ちないということではないでしょうか。

例えば、高速馬場でのロンスパ競馬でも、平均ペース~のロンスパ戦でもどちらにせよ能力値は一定。

だからこそ、他馬が苦戦する中で好走できるというのがクリンチャーの特徴かなと思います。

なので、スロー~ロンスパ戦になったときに他が普通に好走してくるなら根本的な能力で見劣ると思います。

いわゆる万能タイプに近い1頭だとは思いますが、基礎能力がそこまで高くないので馬場や展開の助けが必要になってくると予想します。

フィエールマン

トップスピードの高さならこのメンバーに入っても見劣りすることはないかなと思いますし、ギアチェンジの性能も非常に高い1頭だと思います。

菊花賞もその内容で一瞬の脚に長けている分、ラスト2F最速戦にしっかり対応してきたということ。

ただ瞬発力だけではなく、これまでのレースを振り返ってもわかる通りロンスパ性能も十分に持ち合わせていると判断してもいいと思います。

ただ、圧倒的に高いのは瞬発力で、この距離になるとここまでの瞬発力を保持している馬が少ない分それだけで他との差を詰めれると判断してもいい1頭だと思います。

天皇賞春に関しても脚の使いどころひとつで上位台頭できる可能性は十分に高いと思いますが、逆に、近2年のような内容のレースになったときは見劣りする可能性もある1頭かなと思います。

絶対に人気にはなりますが、弱点が明確なだけに瞬発力を削ぐ形のレースをされたら危ういと言えますね。

メイショウテッコン

日経賞がこの馬の真骨頂に近いかなと思いますが、中山の坂では止まるだろうとと思っていましたがおかまいなしにスロー~ロンスパ戦で伸びてきました。

これが京都となると更にパフォーマンスを上げてくる可能性は非常に高いのではないかと思います。

菊花賞でボロ負けしていますがこれは自分の形に持ち込めずの瞬発力に寄った競馬なので度外視可能できますし、もしこれが行き切る形になったらフィエールマンが怪しくなってくるかなと思います。

例年の天皇賞春の好走傾向に当てはまる1頭かなと思いますので当然有力視しておきいたい1頭ですね。

ユーキャンスマイル

菊花賞は究極の瞬発力戦でやられてしまいましたが、これがロンスパ性の高いレースとなれば話は別。

ここ2走がそれこそスロー~ロンスパ戦で直線出し切る形で結果を出してきていますし、ある程度基礎スピードを生かして前に位置を取っていける馬なので、これも天皇賞春で有力な存在になってくる可能性が高いかなとは思います。

ただ、どうしても直線要素を出し切る形のレースが主なので、前で出し抜かれる可能性は高く、これを軸にするならメイショウテッコンでいいかなというのが正直なところです。

ロンスパ性能に関してはエタリオウには劣るが、フィエールマンよりは上。そんな感じでしょうか。

まとめと現時点での注目馬

ざっと上位人気馬を中心に分析していきましたが、エタリオウが堅実な軸とし手は最も扱いやすいのではないかなと思います。

ただ、これもどうしても直線要素が勝負になるので、ここから入るというのはややギャンブル性が強いかなと思います。

他に関してもやはりスロー~ロンスパ戦で直線要素出し切る形の内容が合う馬ばかりなので、やはり狙いたくなるのは前から出し抜きを図れるロンスパ性能に長ける馬ですね。

ということで、現時点でDKC競馬部が注目しているのは当然「メイショウテッコン」です。

はっきり言ってこれも同型との兼ね合いがあるのでややギャンブル性は高いかなと思いますが、内枠入ればまず軸候補の1頭になってくるかなと思います。

前述した通り、前から出し抜きを図れるロンスパ性能に長ける馬なので他後ろから直線要素で競馬をする馬よりは信頼は置きやすいかなと思います。

DKC競馬部、ここから宝塚記念までの重賞オンリーで総回収率250%以上を目指します。

先週は福島牝馬Sを大本線決着で一歩近づきましたし、天皇賞春はシャケトラの追悼で必ず当てますので更に成績を伸ばします。

最終結論に関してはLine@「DKCFamily」で公開予定!

※日曜午前9時に配信予定なので是非登録して置いてください!

↓↓↓↓登録↓↓↓↓

2019-01-11

━【PR】━━━━━━━━━━━━━━
買うべき馬、買わないべき馬を無料公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

更に!入選圏内濃厚の穴馬の情報もなんと無料!

一週間の平均獲得金額が「60万円」を超える

高配当連発のサイト金の鞍

実際無料情報でも100万オーバーの配当をお届け!

実際危険な人気馬を見事に見抜き、推奨された穴馬は大激走!

【プロの競馬情報会社だから】

情報がどうとか、関係者がどかではなく

信頼と実績が産む「圧倒的な利益」

だからこそ、生み出されれるコンスタントな利益!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週は重賞の【天皇賞春】の買い目も

>>無料で公開<<

皆さんもこのチャンス、必ずものにして下さい!

※無料登録はメールアドレスの簡単登録のみ。

⇒ 今週の無料情報を受け取る方はこちら!

The following two tabs change content below.
【DKC競馬部】

【DKC競馬部】

予想家No,1を目指しております。 結構ガチな予想をしております。予想家始めて3年連続プラス収支継続中。更に勝つためにラップ理論にて猛烈驀進中。ラップ分析最強説。