【マイラーズカップ2019】回顧|ダノンプレミアムが本当に強いと言える理由

マイラーズカップ2019の回顧号です。

思ったほどガチガチの結果にはならなかったですが、有料コースでもLine@でも「ここは買うレースではない」そう宣言した通り、DKC競馬部ではマイラーズカップは購入せず「見」しました。

しかし結果的にそれが正解だったかなと思います。

競馬というのは時に買うべきレースをしっかり見極めて購入するべきときがありますからね。

しかし、勝利したダノンプレミアムは思った以上の強さでした。

今後の中距離戦線はこの馬が中心になると判断してもいいのではないでしょうか。

なぜ、ダノンプレミアムがそこまで強いと言えるのか?そのあたりも踏まえ、マイラーズカップの回顧をしていきます。

マイラーズカップ2019回顧

結果的にマイラーズカップを見することができたのは前日の福島牝馬Sが大本線で決まって結構がっぽり儲かったから、そして日曜は他に買いたいレースがあったからでした。

DKC競馬部的には東京10Rが本勝負だったのですが、これの回顧は有料会員様限定とさせて頂きます。

ひとまず、買うならということで軸にはダノンプレミアムを推奨。

スロー~ロンスパ戦に対応できるのか?という疑問を抱えたままでしたので、頭でくる確率は50%と予想しました。

その不安要素とはブログでも書いてきましたが、ダービーでのロンスパ競馬での敗戦。

しかし、これは危惧に終わり傾向通りラスト4Fから動くロンスパ戦にしっかりと対応してきました。

これまで見せてきた内容以上のものを感じさせる、馬が成長しているなと感じることができたレースだったかなと思います。

▼展開・ラップ分析▼

【12.6-11.4-12.0-12.5-11.8-10.9-10.3-11.1】

なんじゃこのラップ…と思わせられるような1戦でした。

ラスト4Fからコース形状上動くというのは見立て通りでしたが、そこから10秒台が2連発でラスト1F11.1と、かなり速い時計が出たわけですが、先週の京都は開幕週で、かなり馬場が速い状況だったかなと思います。

条件戦でもレコードが出るレベルで、京都で上り3F32秒台が出るなど結構異常なのですが32秒台の決着も何度かあるレベルでしたので。

高速馬場且つ、ラスト4Fから動くスロー~ロンスパ戦。これに対応できたダノンプレミアムはやはりこれまでとは違う一面を見せてきたと判断してもいいでしょう。

▼マイラーズカップ前にLine@でお送りした有力馬のプロファイリング▼

「1着」ダノンプレミアム。

これは上記で書いた通り、事前ではダービーでの敗戦がやや謎だったのでラスト4Fから加速してのロンスパ競馬に対応できるのかどうか?という不安材料がありましたがしっかり対応しての勝利。

やはりコーナーでの動きを見てもコーナー加速、瞬発力というのは一線級のものを感じましたし、これでロンスパに対応できるとなると、現状マイル~2000mくらいまではかなり高いパフォーマンスを出してくるのではないかと予想できます。

このレースで勝利できるということはトップスピードの質に関してもなんら問題ないと判断していいと思いますし、個人的には秋の東京開催(基本的に高速馬場になることが多い)でかなり期待したいかなと思うところです。

恐らく安田記念に出走となりますが、ラスト3Fから動くことになるなら当然、期待したい1頭なのは間違いないかなと思います。

「2着」グァンチャーレ。

一応、有料コースでは穴馬推奨しましたが、今回に関してはかなり展開に恵まれたのは間違いないかなと思いますし、京都巧者であるということを改めて見せてきたかなと思います。

スロー~ロンスパ戦になるとこのクラスでは厳しいかなと思っていましたし、このレベルのメンバーを相手にどこまでやれるのか?と思っていましたが逃げて苦手とする瞬発力性を消す形。

もし逃げる形が取れなかったらこの内容もなかったと思いますし、逃げてスローに落とし込んだことで自身のもっとも得意とする展開に持ち込めた=もっとも好走する確率の高い走りができたというレースでした。

元々高速馬場のほうが良かったタイプではありますが、グァンチャーレが強かったというよりは他が頼りなかったかなという内容でした。

「3着」パクスアメリカーナ。

これが非常に意外だったのですが、これまでのレースを見るにまず流れた展開でのロンスパ性能ある競馬がベスト。

そして高速馬場をこなせるとは思わなかったというのが結論。

タフな馬場になると相対的に他の馬の基礎能力が落ちるが、そこでもパフォーマンスが落ちない分、台頭してくるという1頭で、この馬が強いというよりは他が弱くなる分と判断したが、高速馬場でここまでやれるということは基礎能力も備わってきているなというのが正直なところです。

人気馬の中で唯一評価を落とした1頭でしたが決して得意とする展開じゃなかったと思うので、この内容ならタフになる馬場状況なら今後、有力レベルは上がったかなと思います。

人気で馬券に外れた「インディチャンプ」は福永騎手がコメントで馬が怒っていた。と言っているがまあこんな謎な言葉よりも、ラップ面で解析するに恐らくはスロー~ロンスパ競馬というのがこの馬には合っていない可能性が高い。

スローになることで、もちろん折り合い面での不安が出てくるが平均ペースくらいで流れてくれれば、折り合いを気にせず流れに乗ることができる。

というコトだと思う。

まさに東京新聞杯がそういう内容で、前後半の落差の少ない競馬のほうがこの馬には向いていそうだ。

基本前哨戦はスローになることが多いが本番は各馬の基礎スピードレベルが上がる分、前半から流れるケースが多い。

よってインディチャンプは本番でこそ買いのタイプではないだろうか。

「モズアスコット」はこの展開なら昨年のように自分でレースメイクするくらいの形でないと合わないのは明らかだったが、今回位置を取っていくことはせずに控える形。

いわゆる前哨戦らしい競馬をしてきたわけで、この展開だとスロー~ロンスパ戦はこなせないのは戦績から明らかだったので負けたのも納得。

安田記念で巻き返せるかどうか?これは可能性は高いと判断してもいいとは思う。

ただ相手が強くなる分相対的な能力で見劣る可能性は高い気もするが、明らかにマイラーズカップよりも条件は向いてくると思うが。

仮にの話だが、この内容のレースにアエロリットなどが出走していればそれが勝っていた可能性もあると思う。

アエロリットは高速馬場にめっぽう強く、スロー~ロンスパ戦はベストに近い。

それくらい高速馬場、スロー~の展開が明暗をわけたかなという1戦だった。

なのでこの中でも本番で逆転!という可能性の高い馬は多数いるとは思いますが、ポテンシャルの内容を大幅にアップしてきたダノンプレミアムは本番、安田記念でもかなり有力な存在になるのではないかと思います。

結果としてマイラーズカップは不的中と言っていい内容だったと思いますが、土曜の福島牝馬S◎-○-☆と大本線の決着。

そして、平場の推奨馬もかなり走りましたのでマイラーズカップは不的中も、先週は大幅なプラス。

ラップ分析は重賞特化というわけではないので、今後も平場も含め各レースをしっかり攻略していきたいと思います。

━【PR】━━━━━━━━━━━━━━
買うべき馬、買わないべき馬を無料公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

更に!入選圏内濃厚の穴馬の情報もなんと無料!

一週間の平均獲得金額が「60万円」を超える

高配当連発のサイト金の鞍

実際無料情報でも100万オーバーの配当をお届け!

実際危険な人気馬を見事に見抜き、推奨された穴馬は大激走!

【プロの競馬情報会社だから】

情報がどうとか、関係者がどかではなく

信頼と実績が産む「圧倒的な利益」

だからこそ、生み出されれるコンスタントな利益!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週は重賞の【天皇賞春】の買い目も

>>無料で公開<<

皆さんもこのチャンス、必ずものにして下さい!

※無料登録はメールアドレスの簡単登録のみ。

⇒ 今週の無料情報を受け取る方はこちら!

The following two tabs change content below.
【DKC競馬部】

【DKC競馬部】

”競馬で稼ぐ” をモットーに毎週勝負レースの予想を公開中! 結構ガチな予想をしております。予想家始めて3年連続プラス収支継続中。更に勝つために「ノーザン特化のラップ分析」始めました。ラップ分析最強説。