【フローラステークス2019】予想と有力馬のラップ分析|直線要素で勝負?

フローラステークス2019の予想と有力馬のラップ分析を中心とした記事です。

オークスに向け重要とも言えるステップレースになりますが2019年はかなり難解な印象を受けます。

特に抜けた馬がいるわけでもなく、500万を勝って出走してくる中でどれが押し出されて人気になるか?というレベルでしょうか。

その中でも君子蘭賞を勝ったフェアリーポルカの内容はよかったですが大外枠に入ったのは気になるところですし、東京の開幕週ということでスピードあるロンスパ性能抜群の人気薄などが穴をあけそうな印象ですね。

波乱想定で組んでも行けそうなのでラップ分析から好走してきそうな馬を見つけ出したいと思います。

マイラーズCの予想展望記事はこちらに書いていますのでご覧ください。

【マイラーズカップ2019】予想と有力馬のラップ分析|ダノンプレミアムの不安要素とは?

フローラステークスの予想と有力馬のラップ分析

過去のラップ傾向

  • <18年>(良馬場)(36.9-34.5)
    13.1 – 12.0 – 11.8 – 12.1 – 12.1 – 12.0 – 11.9
    11.5 – 11.3 – 11.7
  • <17年>(良馬場)(37.1-34.7)
    13.0 – 12.1 – 12.0 – 11.8 – 12.6 – 12.8 – 12.3
    11.5 – 11.2 – 12.0
  • <16年>(良馬場)(36.0-36.1)
    12.8 – 11.6 – 11.6 – 11.7 – 12.0 – 12.0 – 11.9
    11.4 – 12.4 – 12.3
  • <15年>(良馬場)(37.3-34.4)
    13.1 – 12.0 – 12.2 – 12.5 – 12.8 – 12.6 – 12.2
    11.5 – 11.2 – 11.7
  • <14年>(良馬場)(36.4-35.5)
    12.9 – 11.8 – 11.7 – 12.0 – 12.3 – 12.0 – 11.8
    11.5 – 11.5 – 12.5

3歳牝馬の東京2000mなので、そこまでハデなレースはないですね。

東京2000mらしくラスト3Fから加速して直線出し切る競馬でのロンスパ戦。

これが過去の傾向からのフローラステークスの特徴かなと思います。

16年は平均ペース~ロンスパ戦になりましたがこれは外から逃げ馬が切れ込んでいった分必然的に流れた感じでした。

内に逃げ馬がいる場合はそこまで先行争いは激しくならず道中はスローに落ち着いてそれこそ、ラスト3F出し切るロンスパ戦になる傾向にあります。

2019年に関しては逃げるのは恐らくウィクトーリアか、ジョディ―でしょうがどちらも内目の枠に入っているので恐らくスロー~ロンスパ戦になるかなと思うところです。

ただ、開幕週の東京ということで、直線出し切る東京の競馬でも差ししか来ないというわけではなく、道中がスローに落ち着く分もあり、前で出し抜ける馬がいるのも事実。

極端にロンスパ性能に長けている差し馬も狙い安いですが、それよりも前で出し抜けるロンスパ性能を持っている馬を狙う方が妙味はありそうです。

【求められる要素】

  • 直線出し切れるロンスパ性能

それでは続いて有力各馬のラップ分析から得意としている展開、逆に苦手な展開を考察して行きましょう。

シャドウディーヴァ

前走は中山でスロー~ロンスパ戦。

コントラチェックが逃げ勝ったレースですが、ラスト2F最速に持ち込まれ後ろから競馬する馬にはどうしようもない展開でしたがそれでも2着とは0.3差といのは評価していいと思います。

これまでのレースを見てもロンスパ性能はあるし、2000mなら基礎スピード面で不安材料は無いので開幕週東京でもそこそこ勝負になる可能性は高いと思います。

ただ、恐らくは控えて前半要素を無くしたほうがいいタイプではあるので、フローラステークスで控える形を取ったときは前走のように脚を余す可能性もありそうな1頭ではあります。

2番枠なので基礎スピードを生かして前に行きそのままロンスパで押し切れるほどの力はないと思いますし、どちらにせよ立ち回りは求められそうで頭では買いにくいなと思う1頭です。

ウィクトーリア

前走はスロー~ラスト2F最速の瞬発力戦で展開に恵まれた面がありました。

ただ、同じ逃げの形だった新馬戦では函館ですが加速ラップでラスト3Fからピッチのあがるロンスパ戦に対応。

この2戦だけ見るとスロー~ロンスパの競馬なら勝負になる持続力はあるかなと思います。

フローラSでも恐らくこの形だと逃げる可能性のほうが高いとは思いますので、スローに落とし込みロンスパ競馬でどこまで粘れるかという内容になると思いますが、東京だと直線要素だけで何とかなってしまうのも事実なので、逃げ馬を狙うには少しリスクもありますね。

それで人気が予想されるとなると、それなら後続のロンスパ性能、直線要素に長ける馬を狙いたい。そんな風に思ってしまいます。

もちろん、逃げの形でまだ底を見せていませんので抑える必要はあると思いますが、軸までだと期待値はなさそうです。

ジョディ―

東京マイルのスロー~ロンスパ戦ではそこそこやれていますし、2000mになればその分基礎スピードは楽になるのでこれが逃げる可能性もありそうです。

ウィクトーリアと一緒でスローに落とし込んでのロンスパ戦なら粘れるということはこれまで競馬で証明はしていますし、先程も書いたように東京戦は結果が出ているので軽視はしづらいのですが、前走がどうしても気になります。

やや道中引き締まったペースにはなりましたがラスト2F最速戦でしっかりシャドウディーヴァに差されてしまっているのでロンスパ戦でシャドウディーヴァに勝てるのか?という疑問。

中山戦で度外視ということもできますが、2走前は明らかに展開が向いての3着なのでこれが響いて人気になるなら軽視もアリかなと思います。

エアジーン

この馬の場合、ロンスパ性能はあると思いますが、どうしてもこれまでのレースっぷりを振り返るにタフ馬場巧者ではないかと思ってしまいます。

2走前のウィクトーリア戦はスピードについていけないような恰好で4着となってしまっていますし、結果が出ている2戦が共にタフ馬場でのロンスパ競馬。

まだ戦歴が浅いので何とも言えない部分はもちろんありますが、開幕週東京で雨が降らないとなると厳しいのではないかと予想できます。

堀×ミルコなので否が応でも人気はすると思いますが、スピード重視となるなら人気するので期待値無しで軽視も十分に考えられる1頭です。

フェアリーポルカ

前走はレースラップだけみるなら前半要素も問われたような内容ですが、これは逃げ馬の分で後続は後半特化戦になっています。

ラスト3Fからのロンスパ戦になっているのは間違いなく、トップスピードに乗ったところで一気に抜け出し、押し切ったフェアリーポルカですが、この内容だけ見ると恐らくロンスパ性能よりは瞬発力・ギアチェンに寄った馬かなと思います。

それでも高いレベルのロンスパ性能(このメンバーなら)はあるので、東京の直線要素を出し切る競馬も対応できるかなとは思いますが、瞬発力<<ロンスパ性能となってくると抜け出しても他に差される可能性はあるのではないかと予想できます。

更にこの枠順なのであまり妙味を感じない1頭ではありますね。

まとめとフローラS現時点の注目馬

ざっと上位人気に推されそうな各馬を分析していきましたが、どれもこれも不安要素があるのは事実。

それでいて人気するなら軽視したくなってしまいます(笑)

狙うなら前からロンスパ性能で出し抜ける馬かなとは思いますが人気どころでそれに該当するのがウィクトーリアとジョディ―。

ただどちらも逃げて良さが出ているタイプですし、東京2000mを逃げ切るのはこの時期の牝馬には酷ですからね。

そうなると他人気薄からチョイスしたくなってしまいます。

ということで、現時点でDKC競馬部が注目しているのは「ペレ」です。

前走ウィクトーリア戦では基礎スピードに対応できる面も見せてきましたし、ラスト2F最速の瞬発力戦で逃げ馬には出し抜かれましたがこれが東京ならロンスパ性能で逆転まで可能でしょう。

実際これまで東京戦、直線出し切る競馬でロンスパ性能を見せてきていますし、上位人気勢と差はない1頭かなと思います。

枠的にもいい位置を取っていけそうですし、直線要素だけなら可能性は十分にありそうです。

マイラーズC最終結論はLine@「DKCFamily」で公開!

※日曜午前9時に配信予定なので是非登録して置いてください!

↓↓↓↓登録↓↓↓↓

2019-01-11

━【PR】━━━━━━━━━━━━━━
買うべき馬、買わないべき馬を無料公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

更に!入選圏内濃厚の穴馬の情報もなんと無料!

一週間の平均獲得金額が「60万円」を超える

高配当連発のサイト金の鞍

実際無料情報でも100万オーバーの配当をお届け!

実際危険な人気馬を見事に見抜き、推奨された穴馬は大激走!

【プロの競馬情報会社だから】

情報がどうとか、関係者がどかではなく

信頼と実績が産む「圧倒的な利益」

だからこそ、生み出されれるコンスタントな利益!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週は重賞の【フローラステークス】の買い目も

>>無料で公開<<

皆さんもこのチャンス、必ずものにして下さい!

※無料登録はメールアドレスの簡単登録のみ。

⇒ 今週の無料情報を受け取る方はこちら!

The following two tabs change content below.
【DKC競馬部】

【DKC競馬部】

予想家No,1を目指しております。 結構ガチな予想をしております。予想家始めて3年連続プラス収支継続中。更に勝つためにラップ理論にて猛烈驀進中。ラップ分析最強説。