【皐月賞2019】回顧|ヴェロックスの基礎スピードは今後も生きてくる

皐月賞2019の回顧号になります。

今年の皐月賞は再現性よりも期待値優先で波乱アリのパターンで予想しましたが結果は上位人気勢が普通に強かったです。

こういうのを世間一般で逆張りというのですが、それで外すのは「想定内の凡走」で中長期で勝つ為には必要かつ仕方ない敗戦ですから、今回の結果はしっかり受けて止めて次走に活かしていきたいと思います。

今後に向けてはかなり収穫のある1戦でしたし、そのあたりも踏まえて皐月賞の回顧をしていきます。

皐月賞2019回顧

今回の皐月賞は◎(本命)という概念を捨て、波乱想定で「ランスオブプラーナ」「ファンタジスト」の2頭を指名し、そこから流す馬券を購入。

狙った展開はサートゥルナーリアがこれまでの競馬からギアチェンに寄った競馬をしていることから仕掛けが遅れ、他有力勢もサートゥルナーリアよりは後ろに構え、そのまま総じて仕掛け遅れで前から出し抜く馬が好走パターンでした。

この形はサートゥルナーリアは来る可能性が極めて高いものの、人気薄で狙える馬もいると判断し決め打ちで展開利のありそうなところを狙っていました。

実際の展開はサートゥルナーリアは中団からの競馬でヴェロックスも基礎スピードを活かした先行策。

この2点が大きな誤算で、これに関してはほぼ想定外で読み切ることはできず個人的に最大の反省点でした。

逆に推奨馬の敗戦自体はハナから逆張りなので、後悔なしの想定内の凡走でした。

▼展開・ラップ分析▼

【12.3-10.5-12.0-11.8-12.5-12.1-12.2-11.7-11.6-11.4】

勝ち時計1:58.1はこれまでの皐月賞からするとそこまで速いものではないが、高速馬場化していたわけでもないし、平均ペース~ラスト3F加速ラップというハイレベルな展開になっていることを考えると普通に上位勢の力が抜けていたと判断するのが妥当。

ラスト3Fで加速してロンスパ競馬、道中もそこまでペースが落ち着いたわけではなく、先行勢にしろ、後続にしろこの展開で後半要素を出し切ることができた上位3頭は地力が上だった。

▼皐月賞前にLine@でお送りした有力馬のプロファイリング▼

「1着」サートゥルナーリア。

上記の図から説明すると、これまでのレースではスローペースからのギアチェンジと立ち回りの上手さで完勝してきたもので、流れたペースやロンスパになった際の対応力など未知数部分が大きすぎて、今回の皐月賞の展開に対応できるか?という不安要素が多く、1倍台で買うにはリスク先行で期待値的に購入すべきではないと判断。

結果的に対応はしてきたが、皐月賞が終わるまで平均ペース~ロンスパ戦、しかも加速ラップの展開に対応できるかどうかはどのレースからも判断することはできず、サートゥルナーリアを信用しなかったのは一切後悔はない部分。

終わってみればロンスパ性能、後半要素に関してはかなりハイレベルなものがあったのは事実で、ギアチェン性能はこれまでの競馬から見せていてわかっていたものなので高い後半要素があることが判明した。

要は、皐月賞前まで隠れていた未知数部分がかなり見えた1戦で高く評価したい馬です。距離延長を大きく問題にするタイプではありませんし、今後の中距離路線で頼もしい1頭が出てきたと判断したい。

「2着」ヴェロックス。

上記の図からもわかる通り、皐月賞前から高い能力があるのはわかっていたことだが、基礎スピード面においてはここまで高いものがあるとは思えなかった。

しかし、今回は前半からある程度のポジション取りをしてきており、平均ペースにもしっかり対応して後半要素を出し切る競馬ができていることからも基礎スピードはあると判断できる。

基礎スピードとコーナー加速ができるロンスパ型となれば前目から長い脚をしっかり使えるので、今後もコース問わず好走できるポテンシャルを見せた。

そして、事前に予想した距離は延びた方が良く、直線目一杯の競馬が理想というのは、今回の結果を見ても変わらないので距離延長で大箱となるダービーではかなりおもしろい存在になることは間違いない。

後半要素こそサートゥルナーリアとの比較は難しいが、基礎スピード面を見せている点はこちらなので勝負付けはまだで逆転可能。

「3着」ダノンキングリー。

この馬は有力候補で軸まで一旦は考えたが、どうしても2000mへの距離延長がいい材料とは判断できず相手の1頭までに。

ただ終わってみればの話だが、平均ペースにしっかり対応してきているので問題なかったと言ってもいいだろう。

ただ、仕掛けどころがやはりやや遅い点、ラスト3Fまでレースがほぼ動いていないだけに、やや恵まれた感はあったかもしれない。

距離延長で上位2頭を逆転することはやはり難しいのでははないだろうか。

それでも基礎スピード然り、ギアチェン、ロンスパの後半要素は高いレベルにあるので今後も期待できる器であることは間違いないだろう。

特にギアチェンジに関しては今回も際立ったものがあり、立ち回りも上手いので最も安定して走ってこれそうなのはこの馬。

「4着」アドマイヤマーズ。

これは上位勢には力負けではあったし、平均ペースでこの距離だとやや見劣る面があったということだろう。

総合的な要素に関しては高いレベルにあるのは間違いないが、ギアチェンジ、トップスピードの瞬発力面が上位3頭とは明らかに見劣ったのは事実なので今後も相手関係、距離など問われる部分も出てきそうな印象。

後半要素の逆転は難しいので、後半要素での勝負は難しいとわかった上で、今後前半~中盤要素をどれだけ積極的に乗れるかでしょう。

DKC競馬部が推奨した「ランスオブプラーナ」に関しては平均ペースで流してだと距離が厳しかった。

この馬を推奨した理由はサートゥルナーリアの仕掛けに合わせて各馬の仕掛けが遅れる、前から出し抜きのパターンだったが、前半競られて平均ペースというのは狙った展開とは正反対。

単騎で楽逃げで決め打ちだったのでこの惨敗も覚悟の上。

今回に関しては一言で言えば距離。

最後はバテたの判断でOK。短距離戦で基礎スピードは見せているので距離短縮で今後見直しできる。

逆に言えば平均以上で流れそうな中距離では見限りでもいいでしょう。

「ファンタジスト」に関してはやや敗因が掴み切れない部分がある。

敗因を距離と言ってしまうのは簡単ですが、それにしても伸びあぐねるのが早すぎる。平均ペース戦はこれまでの結果からもこなせているのは事実。

距離が原因の全てなら単純に考えても直線入ってすぐ見劣るのは前走スプリングS(1800m)比較でも早すぎるのは誰でもわかるでしょう。

もちろん2000mは長かったという可能性もありますが、懸念していた「ノーザン関連ではない」ということと、厩舎力の面など状態不安のの可能性は捨てきれないと思います。

世間が短絡的に敗因=距離として次走距離短縮で一気に見直して上位人気となれば少し疑う気持ちは持っておくべきでしょう。これはラップ分析の強みです。

最後に「ニシノデイジー」この馬は折り合えさえつけば。

という点で、掛からずに競馬できるなら馬券内まで来る力はあると判断していたが、懸念していた通り掛かってしまい能力を発揮しきれず内容。

この馬の敗因も特にラップ面からのものではないので今後も掛からずに走れるならという条件はつく。

ただ、中距離戦だとどうしても難しいかもしれないし、この馬の気性を鞍上が御しきれるかという手腕も求められるだけに…。

今回の推奨馬は大惨敗を喫したものの、展開決め打ちで狙ったランスオブプラーナが思惑通りの展開にならずほぼ真逆の形での負けと、ニシノデイジーの掛かってしまうのは想定内の凡走ではありました。

「想定内の凡走」とは期待値を追えているからこそで、中長期で勝つためには必要なものなので後悔はありません。

しかし、ファンタジストに関してはラップ面とは異なる要素で負けている可能性も高いので、個人的にはかなり不完全燃焼で終わってしまった。

結果としては上位人気馬の力が抜けていたというだけでしたが、ラップ理論では根拠を持って穴馬を狙うことができるというのが大きな武器。

「だから好走した」「だから負けた」ということが言えるので、今後もラップ分析でG1シーズン攻略していきます。

The following two tabs change content below.
【DKC競馬部】

【DKC競馬部】

”競馬で稼ぐ” をモットーに毎週勝負レースの予想を公開中! 結構ガチな予想をしております。予想家始めて3年連続プラス収支継続中。更に勝つために「ノーザン特化のラップ分析」始めました。ラップ分析最強説。