【アーリントンカップ2019】予想と有力馬のラップ分析|以外に平均ロンスパ戦になる

アーリントンカップ2019の予想と有力馬のラップ分析を中心とした記事です。

今週も皐月賞に隠れていますが、実は3重賞、障害も合わせれば4重賞ですね。

DKC競馬部では障害は例えオジュウチョウサンが注目されようとやらないです(笑)

もちろん、そうなると皐月賞に注目は言ってしまうのですが本日はアーリントンカップに焦点を当てて予想していこうと思います。

皐月賞は以外に混戦ですが、アーリントンカップは3強オッズの構成。

しかし、何度も言うように馬にはそれぞれタイプがありますので上位人気が予想される有力馬はアーリントンカップで好走する傾向にあるのか?予想していきます。

皐月賞の有力馬見解はこちらに書いています!

【皐月賞2019】予想と有力馬のラップ分析

アーリントンカップの予想と有力馬のラップ分析

過去のラップ傾向

  • <18年>(良馬場)(34.5-34.7)
    12.4 – 10.8 – 11.3 – 12.0 – 12.2
    11.4 – 11.3 – 12.0
  • <17年>(良馬場)(35.3-35.0)
    12.3 – 11.0 – 12.0 – 11.9 – 11.9
    11.4 – 11.3 – 12.3
  • <16年>(良馬場)(34.4-35.0)
    12.4 – 10.6 – 11.4 – 12.3 – 12.4
    11.4 – 11.3 – 12.3
  • <15年>(良馬場)(35.6-35.1)
    12.7 – 11.2 – 11.7 – 12.5 – 12.7
    11.9 – 11.1 – 12.1
  • <14年>(良馬場)(35.2-35.2)
    12.6 – 11.1 – 11.5 – 11.5 – 12.1
    11.6 – 11.1 – 12.5

過去5年の傾向を見ると平均~ロンスパ戦になる傾向にあるアーリントンカップ。

基礎スピードとロンスパ適性が求められるレースになりがちなので、これまでの好走馬を見てもその後G1でも活躍しているのは納得ですね。

やはり基礎スピードが問われた上でのロンスパ戦となるとそもそも能力の足りない馬は対応できないので、根本的に強い馬が勝つというのがアーリントンカップの傾向にあります。

阪神外回りマイルなので後半特化ロンスパ戦になることも十分に予想はできるのですが、過去5年とも平均~ロンスパ戦になっているのを考えると2019年においても基本的には平均~ロンスパ戦になると思っておいた方がいいでしょうね。

【求められる要素】

  • 基礎スピード
  • ロンスパ性能

それでは続いて有力各馬のラップ分析から得意としている展開、逆に苦手な展開を考察して行きましょう。

フォッサマグナ

前走は平均~ロンスパ戦。ではありますが、この日の中山は時計の出る馬場だったのでそこまで速いラップを刻んだという感じはしません。

ただ、淡々と流れて最後一脚使ってラスト3F11.8-11.5-12.0を前から出し抜けるのですから基本的な後半要素としては高いレベルにあると判断しても良さそうな1戦でした。

共同通信杯の負け方はいろいろ意見があるかなと思いますが、DKC競馬部では終始ハミを噛んでいることからも基礎スピードを殺して後半要素に寄ったロンスパ戦で見劣ったと考えています。

なにが言いたいかというと、後半要素、直線要素のみで競馬をするタイプではない=距離延長がプラスに出るタイプではないということ。

ある程度基礎スピードを生かして競馬をして後半要素を出し切る競馬のほうがこの馬には向いているのではないかと予想します。

共同通信杯ではロンスパ性能で完全に見劣りましたが基本的にはロンスパベストではあるタイプだと思うので、平均~ロンスパ性能を求められるアーリントンカップは打ってつけの舞台なのかもしれません。

ヴァンドギャルド

毎日杯はスロー~のロンスパ戦、ラスト4Fから3Fにかけて1秒加速していることからもギアチェンの性能も問われたような1戦でした。

ここまでの加速を問われると微妙に映りますが、その後しっかり差を詰めていることからもロンスパ戦がベストなのだろうなと予想できる1頭。

恐らくラスト1Fも11.5くらいで詰めているかなと思うレースでした。

これまでのレースを見ても瞬発力に寄った競馬では一枚足りない競馬が続いているので基本的にロンスパ特化と判断してもいい1頭だと思います。

ただ平均からロンスパ競馬への経験がないのでそのあたりで少し評価を落とさざる得ませんし、逆にスロー~ロンスパになってもラスト3F地点で瞬発力を求められる流れになるとそこで見劣ると思うので前走のように前で出し抜かれる印象を捨てきれない1頭となりそうです。

ヴァルディーゼル

前走のシンザン記念が相当に強い競馬だったかなと思います。

前後半3F<34.7-35.9>で前半特化戦についていって最後一脚使って押し切る内容。

内をつけたことで外回りでしたが瞬発力も見せていますし、1600mで前半特化でラスト一脚使えるなら結構買い要素は大きい1頭かなと思います。

新馬戦がラスト1F最速ラップで余裕のある内容でしたので、ロンスパ競馬にも対応できるかなと思うところでもありますし、アーリントンカップでも重視すべき1頭にはなるでしょう。

ただ、経験が浅い点が気になるので軸にするかまでは悩むところですが、他に期待値の高い穴馬とかがいない限りはこれが軸でもいいんじゃないかなと思います。

ミッキーブリランテ

前走は前後半3F<37.3-33.9>でドスローの展開から直線要素をかなり求められる展開。

トップスピードの性能を求められた内容で、それに悠々対応してくるあたり同馬の後半要素も非常に高いものだったかなと思います。

対して、シンザン記念はヴァルディーゼルで上げた通りの内容で前半特化戦にも対応しているのでこのあたりにも不安はありませんし、基本的なロンスパ戦でも対応できるだけに現状アーロンとンカップでは能力差次第かなという感じもします。

ただ、それで言うとヴァルディーゼルとの差はシンザン記念で見せたかなと思いますので成長力に賭けるのはギャンブル要素が高くなりますのでラップ分析からはミッキー<<ヴァル。という感じですかね。

カテドラル

前走の京成杯に関してはラスト4Fでのギアチェン~のロンスパ戦で見劣っただけなのでそこまで悲観すべきではない、ここまでの後半要素は持ち合わせていないと判断していいでしょう。

東スポ杯に関しても途中まで見せ場がありながら最後は交わされてしまっているところを見るとそこまで持続性のある脚を使えるという感じでもなさそうです。

対して野路菊ではラスト3Fからの超加速に対応し、そのまま現状ロンスパ戦ではかなり強いと思われるヴェロックスを完封しているわけですからラスト3F最速MAXで3Fロンスパが妥当な範囲でしょう。

野路菊の内容、ここ2走の内容からアーリントンカップで巻き返す可能性は十分にあるとは思いますが、スロー~というところに注文がつきそうなタイプではあるので、平均~ロンスパ戦で予想するならこの馬としては厳しい展開になるかもしれません。

まとめとアーリントンカップの注目馬

ざっと上位人気馬をラップ面から考察していきましたが現状堅い決着になるのではないかと予想できます(笑)

まだ人気薄勢の分析を全て終えたわけではありませんが、どうしてもそれなら上位人気馬かなと思うんですよね。

ヴァルディーゼルあたりは経験値さえ埋めることができればここでも通用可能でしょうし。

ということで、DKC競馬部がアーリントンカップで注目しているのは「ヴァルディーゼル」です。

上記でも書きましたが現状、経験値の差以外で文句のつけようがないかなと思います。

キャリア1戦で重賞を勝てるわけですからそもそもの能力値は低くはないと思いますし、これもヴァルディーゼル分析のところで書きましたがこれより期待値の大きい馬がいない限りは2019年のアーリントンカップはこの馬軸でいいでしょう。

皐月賞の本命他はLine@「DKCFamily」にて公開!

日曜午前9時に配信予定なので是非登録して置いてください!

※更に!超スペシャル!Youtubeで話題のケイタさんの皐月賞の予想も桜花賞に引き続きDKC競馬部のLine@で公開となります!

↓↓↓↓登録↓↓↓↓

2019-01-11

完全会員制、唯一無二のホースラウンジ

それは選ばれた人だけが体感できるラグジュアリーなサイト。

これは今までになかった様な新しいサイトです。

  • 馬主関係者様
  • 牧場関係者様
  • 収容舎関係者様
  • マスコミ関係者様

上記の方々にのみみられた情報交換のプライベートな場であります。

その徹底ぶりは凄まじく

同業者やスパイ、ありは転売目的をする人を排除する為に

簡単な審査があるというのだから驚きです。

それからその物の情報だけが入手できる極上の情報サイトとなっております。

ですからとかくてくて、何故というと本物の情報を手に入れることができるからです。

まさにONE&ONLYな空間、ちょっと気になりませんか?

今ならメールアドレスだけ、無料で登録できるんです!

先ほど言ってましたが簡単な審査がありますが

特にお客様に何をして頂くことはありませんのでご安心ください。

気になる方は是非無料登録してみてください。

きっと素敵な経験が出来ますよ。

無料会員登録ページ

※メールアドレスのみのの簡単無料登録で完了です。

The following two tabs change content below.
【DKC競馬部】

【DKC競馬部】

予想家No,1を目指しております。 結構ガチな予想をしております。予想家始めて3年連続プラス収支継続中。更に勝つためにラップ理論にて猛烈驀進中。ラップ分析最強説。