【皐月賞2019】予想と有力馬のラップ分析|過去の傾向など皐月賞展望

皐月賞2019の予想と有力馬のラップ分析を中心とした記事です。

先週の桜花賞は◎クロノジェネシスがドン詰まりで捌けずの3着。

それでもグランアレグリアにはもってこいの状況が揃っていたというのは事前の見解通りでしたし、クロノジェネシスもスムーズならもっと上の着順を狙えたでしょうからこれは仕方ない結果でした。

今週は皐月賞ですが、最近は波乱傾向にある1戦。

2019年はサートゥルナーリア1強ムードですが本当にこの馬で堅いのどうか?好走条件は?過去の皐月賞の傾向は?

気になる要素満載なので、ラップ分析で予想していきましょう。

桜花賞の回顧記事はこちらに書いていますのでご覧ください。

【桜花賞2019】回顧|グランアレグリアをオークスで絶対に買うべき理由とは

最近、というか昨日までの2日間、電車でパンチラを2度も目撃した咲助です。

別にみようとしたわけではなく、明らかに見せられたという感じでこれは事故です。

しかし2日続けてパンツを見せられるというのはこれは運がある賜物ではないでしょうか。

もしかしてこれは皐月賞大本線的中のカウントダウンが始まっている…。

そう考えてもおかしくない状況が作られたといってもいいかもしれません。

ちなみに、もう1度言いますが、見ようとしたわけではなくあれは「見せられた」です。

ということで皐月賞の話に入っていきます。

皐月賞の予想と有力馬のラップ分析

過去のラップ傾向

  • <18年>(稍重馬場)(35.5-37.3)
    12.6 – 11.0 – 11.9 – 11.5 – 12.2 – 11.9 – 12.4
    12.4 – 12.7 – 12.2
  • <17年>(良馬場)(35.1-34.5)
    12.1 – 10.8 – 12.2 – 11.7 – 12.2 – 12.4 – 11.9
    11.4 – 11.4 – 11.7
  • <16年>(良馬場)(34.2-35.6)
    12.0 – 10.7 – 11.5 – 11.7 – 12.5 – 11.5 – 12.4
    12.2 – 11.6 – 11.8
  • <15年>(良馬場)(35.2-34.7)
    12.5 – 10.7 – 12.0 – 11.8 – 12.2 – 12.2 – 12.1
    11.7 – 11.4 – 11.6
  • <14年>(良馬場)(35.6-35.3)
    12.3 – 11.4 – 11.9 – 11.9 – 12.7 – 12.1 – 12.0
    11.6 – 11.7 – 12.0

ざっと過去5年分の傾向になりますが、中山2000mなのでロンスパ競馬になるのは納得なのですが、基本的にスロー~ロンスパというG1によくある傾向にはなく、平均気味に流れる要素のほうが強い傾向にあります。

どちらかといえば後半要素よりも基礎スピード、前半要素を問われるのが皐月賞。

後半要素を生かして競馬をしてきたタイプにとっては苦しいレースになると思っておいてもいいかもしれません。

ただ、基本的にはロンスパ傾向。

メンバー次第の面は強いものの、向こう正面の下り坂から加速していき、そのままロンスパに持ち込まれるケースが多い。

前半特化まであるレベルか、平均~ロンスパ戦を予想しておいたほうがよさそうです。

それでは続いて有力各馬のラップ分析から得意としている展開、逆に苦手な展開を考察して行きましょう。

サートゥルナーリア

ホープフルSは前後半5F<62.5-59.1>とかなりスローで、中山2000mだけあって向こう正面で加速してラスト5Fから11.8-11.8-12.2-11.5-11.8とロンスパ戦。

ラスト2Fでひと脚使ってかなり後半要素を強いられる展開だったといってもいいでしょう。

サートゥルナーリア自身も直線で一旦前が壁になるも、ギアチェン性能を生かしてひと脚使ってからの伸びはかなりもの。

この1戦だけみても後半要素に関してはかなりものを感じさせる1戦。

その前走の萩Sに関してもラスト2F最速のギアチェンを問われる1戦で、そこで先頭との差を一気に詰めたこの馬の瞬発力は間違いないもの。

やはり後半要素・ギアチェン性能のレベルは高く、皐月賞でも後半要素に寄った競馬になるならまず通用する可能性は高いと判断できる。

ただ、これまでのレースで前半要素を強いられるレースをしていない点は非常に気になるところで、もし平均~など流れる展開になったときにこの瞬発力を使えるか?

正直こればかりはやってみないとわからない面はあるが、この場合は不安要素と捉えることができる。

もし流れたときにまったく通用しないということも十分に考えられるので、圧倒的人気になるなら平均以上流れる展開に張って別のところから入りたくはなりますね。

ダノンキングリー

共同通信杯に関してはドスローの後半特化戦なのでこれは度外視して考えてもいいと思います。

この1戦だけ見るならダノンキングリー自体も後半要素の長ける1頭だというコトが言えますが、皐月賞でこの展開になることはまず考えられないですね。

特筆したいのはひいらぎ賞で、かなり外に振られながらの競馬なのでこの点で不器用な面は見せてはいるが、前半特化のレースをコーナーで前を潰しに行ってそのまま押し切るという内容としてはかなり強いもの。

ここ2戦が全く違う内容だが、基礎スピード面でも後半要素の総合力に関してもなんら問題ないものを見せている点からかなりの器ではないかと予想できる。

ただ、後半要素に寄った競馬で結果を出せてはいるもののひいらぎ賞の内容から見ても現状1800mのスローで基礎スピード面で楽になるとこまでが限界にも思える。

2000mで平均~の持久力型のレースになったときにこれまでどうように力を発揮できるか?そこは少々気になるところ。

ひいらぎ賞の内容からサートゥルナーリアよりは魅力があるものの、距離不安はあるのであまり強きに行きたいタイプでもない。

アドマイヤマーズ

共同通信杯は逃げてスローに落とし込み、後半要素に寄った競馬をしたものの、直線要素でダノンキングリーに見劣った内容。

まあこちらが逃げていましたし、前半がかなり緩かったとはいえそ直線要素だけでなんとかなってしまう舞台なのでこれは仕方のない内容だったかなと思います。

逆に朝日杯はロンスパ性能に長けるレースとなっているし、スロー気味ではあるものの、共同通信杯よりは基礎スピード面も問われている平均気味の1戦。

この2戦だけ見ても平均~ロンスパ戦で流れる展開のほうが合うのではないかと予想できます。

直線要素もかなりものがあるので共同通信杯でも結果を出せてはいるものの、それだと他の馬のほうが長けているなという印象もするのでやはりロンスパ性能の方が長けていると判断するのが良さそうです。

桜花賞でいう、クロノジェネシスみたいな?タイプでしょうか。

ただアドマイヤマーズに関してもロンスパ性能は長けているものの、距離延長がプラスになるとは思えませんね。

どちらかというと基礎スピード面で勝っているところがあるのでむしろマイルくらいが丁度良さそう。

皐月賞は2000mで平均ペースからのロンスパ戦になりやすいのでその展開になったら苦しい面を見せてきそうな印象も受ける。

ヴェロックス

前走は後半要素に寄ったスローのロンスパ戦。ロンスパ戦の参考レースみたいな内容(笑)

レースラップでみればラスト3Fで加速していますが、ヴェロックスは恐らく馬也のままラスト4F地点から他各馬よりも加速して最後まで余裕を持った内容。

ロンスパ性能に関しては高いレベルにあると判断できる1戦でした。

若駒Sに関しても同じように後半特化ロンスパ戦で性能の高さを見せていますし、内回り戦のロンスパは文句のつけようが無いかなと思います。

ただそうなると案外だったのが東スポ杯。

ラスト5Fで加速する超ロンスパ戦で、直線出し切る内容で他と大差なかったとなるとそもそもの能力値が飛びぬけているというわけではないかなと思います。

直線で一旦不利があってスピードを一旦削がれたこと、やや仕掛けが速くなったこと、外を待ったことなどいろいろ理由はつけれそうだが東京で直線出し切る競馬は向いていないとも言えるでしょう。

ただ、こと中山戦となるとここ2戦の阪神内回り戦で結果を出せていることからもロンスパ性能を生かして直線でひとあし使う皐月賞はあっているかもしれない。

ここまで書いた上位人気馬の中ではもっとも皐月賞で買いたいと思わせる1頭。

まとめと皐月賞の注目馬

ということでざっと一桁台のオッズが予想される有力各馬を分析していきましたが、軒並み上位人気馬には不安材料があるなというのが今年の皐月賞。

後半要素に寄った競馬を得意としている馬や、基礎スピードに長けており距離延長に不安がある馬。

ヴェロックスに関しても上位4頭の中では買いたい部類ですが、平均~ロンスパ戦になったときに不安があるのも事実。

正直、今年の皐月賞は荒れる気しかしませんね。

はっきりいって各馬人気ほどの信頼は置けませんので注意が必要になりそうです。

最後に、現時点でDKC競馬部が注目しているのは「ラストドラフト」です。

前走に関しては田辺騎手が強きに行ったものの、渋った馬場で持ち味を完全に削がれたといってもいい1戦でした。

ハナに行って渋馬場を平均ロンスパではさすがに厳しい展開といったところ。

皐月賞でも馬場の面の心配はあるものの、京成杯の内容から高い後半要素を持っているのは明らかですし、良馬場なら平均ペースからのロンスパ戦なら対応できそうです。

恐らく今回は人気を落とすでしょうから、注目したい1頭ですね。

皐月賞の本命他はLine@「DKCFamily」にて公開!

日曜午前9時に配信予定なので是非登録して置いてください!

※更に!超スペシャル!Youtubeで話題のケイタさんの皐月賞の予想も桜花賞に引き続きDKC競馬部のLine@で公開となります!

↓↓↓↓登録↓↓↓↓

2019-01-11

完全会員制、唯一無二のホースラウンジ

それは選ばれた人だけが体感できるラグジュアリーなサイト。

これは今までになかった様な新しいサイトです。

  • 馬主関係者様
  • 牧場関係者様
  • 収容舎関係者様
  • マスコミ関係者様

上記の方々にのみみられた情報交換のプライベートな場であります。

その徹底ぶりは凄まじく

同業者やスパイ、ありは転売目的をする人を排除する為に

簡単な審査があるというのだから驚きです。

それからその物の情報だけが入手できる極上の情報サイトとなっております。

ですからとかくてくて、何故というと本物の情報を手に入れることができるからです。

まさにONE&ONLYな空間、ちょっと気になりませんか?

今ならメールアドレスだけ、無料で登録できるんです!

先ほど言ってましたが簡単な審査がありますが

特にお客様に何をして頂くことはありませんのでご安心ください。

気になる方は是非無料登録してみてください。

きっと素敵な経験が出来ますよ。

無料会員登録ページ

※メールアドレスのみのの簡単無料登録で完了です。

The following two tabs change content below.
【DKC競馬部】

【DKC競馬部】

”競馬で稼ぐ” をモットーに毎週勝負レースの予想を公開中! 結構ガチな予想をしております。予想家始めて3年連続プラス収支継続中。更に勝つために「ノーザン特化のラップ分析」始めました。ラップ分析最強説。