【阪神牝馬ステークス2019】予想と有力馬のラップ分析|枠順確定後の展開考察

阪神牝馬ステークス2019の予想と有力馬のラップ分析を中心とした記事になります。

今週はどうしても桜花賞に目が行ってしまいますが阪神牝馬ステークスもかなりおもしろいメンバー構成です。

やはり注目はラッキーライラックになりますね、前走も牡馬を相手にかなり強い競馬をしていますしワンチャン楽勝なんじゃいか説まであります。

ただ、他にも軽視できない馬が多数揃っていますので阪神牝馬ステークスで予想される展開面から最も好走がありそうな馬を考察していきましょう。

阪神牝馬ステークスの予想と有力馬のラップ分析

過去のラップ傾向

  • <18年>(良馬場)(37.2-33.8)
    12.9 – 12.0 – 12.3 – 11.9 – 11.9
    11.0 – 11.1 – 11.7
  • <17年>(重馬場)(35.6-35.0)
    12.5 – 11.5 – 11.6 – 11.9 – 11.8
    11.2 – 11.8 – 12.0
  • <16年>(良馬場)(35.2-34.2)
    12.8 – 10.8 – 11.6 – 11.9 – 11.8
    11.1 – 11.3 – 11.8

マイルに替わってからは過去3年分しかないので対象になるのは15年までとしました。

過去3年の傾向で見ると阪神マイル外回りのコース性質らしく、スロー~ロンスパ戦になることが基本かなという感じはしますが2019年の阪神牝馬ステークスのメンバーを見るにスローになるかは微妙な感じもしますね。

当然そこには人気になるラッキーライラックの存在もありますし、カンタービレ、ミッキーチャームなど有力どころが揃いも揃って前目を形成しそうな感じです。

そうなると、どの馬に展開依存するかを予想していく必要があるのですがそれはまあ後半の展開予想で書いていきます。

まずは、有力各馬のラップ分析から得意としている展開、逆に苦手な展開を考察して行きましょう。

サラキア

これまでの好走したレースを見ると基本的には後半特化ロンスパ戦が向いているのは間違いないと思いますが、ロンスパベストという感じでもなく一瞬の脚も使える。

ギアチェン性能もあるので瞬発力戦にも対応はできるかなという感じです。

前走に関してもコーナーで加速はできているものの、馬群が詰まって進路を取れずという負け方なので度外視してもいいかなと思いますし、秋華賞では超ロンスパに対応できているので阪神マイルならコース的にはベストに近いかなと思います。

ただ、基礎スピード面で苦労することはありそうなのでこの枠順がベストという感じもなく、前で出し抜かれる可能性はありそうです。

軸にするにはやや危険な気もしますが、相手としては買っておくべきかなという1頭です。

ラッキーライラック

前走はマルターズアポジーが引っ張った流れではありましたが、それでも平均からのロンスパで前で出し抜く形での2着。

勝ち馬がすこぶるうまく乗っているので決して悲観するような2着ではなかったかなと思います。

それまでのレースを振り返っても後半要素が長けているのは間違いないと思いますし、どの展開でも前で引っ張ってロンスパ性能を発揮できるとなると軽視する必要性がないですね。

アーモンドアイがいなければ世代トップでも不思議のないレベルの馬かなと思いますので当然、人気でも買いと判断していい1頭だと思います。

カンタービレ

前走のエリザベス女王杯はロンスパ戦で負けはしましたが、恐らくベストな展開は後半特化ロンスパ戦。

3走前のローズSがその内容で、前で完全に出し抜く競馬で勝利しているのでその展開に持ち込めるなら阪神牝馬ステークスでも有力視しないといけない1頭かなと思います。

実際、後ろからの競馬を余儀なくされた秋華賞でもロンスパ性能を発揮して3着まで差し込んできているので前半要素を問われない展開ならかなり上位の評価でもいいのではないかと思います。

今年の阪神牝馬ステークスは平均~のロンスパ戦、もしくは前半特化まであり得そうなメンバー構成ではありますので、もしその展開になったときはやってみないとわからないという感じもしますが、得に前付けが必要という感じでもないので後半要素を生かす競馬ができれば順当に入ってきそうな印象は受けますね。

ミッキーチャーム

前走の敗因が気になるところですが、平均~のロンスパで見劣った。

という結論付けもできるものの、それにしても負け過ぎかなという印象で他に敗因があると見ても良さそうです。

前半にかなり行きたがっていましたし、そのあたりが影響しての負けだったのかなと思うところですね。

一度使われてガス抜きで来ているとなるとガラッと変わってくる可能性もあるので怖い存在ではありますし、やはり2走前の秋華賞の超ロンスパ戦を逃げて残したことは評価できるものなので能力的にはここでも上位の存在なのは間違いないかなと思います。

それまでのレースを見ても平均~のロンスパ、後半要素共に問題ないかなと思うので、もし阪神牝馬ステークスでも凡走するならドスローからの瞬発力戦で見劣るか、前走のように他の要素でというコト以外はなさそうですね。

ここは勝ち負けまで演じる可能性もある1頭だと予想しておきます。

レッドオルガ

ターコイズSは基礎スピードで見劣って後ろからの競馬になり、前半特化戦に対応できず。

前走は平均からのロンスパ戦で基礎スピード面も見劣らず好走と、同じようなレース内容で結果がまるで違うのは少し気になりますが、平均~のロンスパ戦なら十分に対応できると判断するのが妥当ではないでしょうか。

逆に後半要素に寄った競馬でも対応は可能と見ることもこれまでの結果からできますが、どちらかと言えばある程度タフ流れになるのがベストといっても良さそうなので、阪神牝馬ステークスにおいても展開面次第という感じがします。

さすがに、後半要素を求められる展開になるならこの馬以外に良さそうなのが何頭かいますからね。

枠順確定後の展開予想

2019年の阪神牝馬ステークスは前半争いが激しくなりそうなメンバー構成ではあります。

注目したいのは基礎スピード面で上を行くだろう、1400m組のダイアナヘイローとアマルフィコースト。

この2頭が外目の枠に入ったので外々を回らされるのは嫌でしょうし、控えていいタイプでもないので外から前半上がっていくとなると必然的にペースは流れそうな印象。

更に、ラッキーライラックが内目に入ったのでこれを前には行かせたくないのでやはりある程度流れるほうが再現性は高いかなと思います。

逆に、外の1400m組が行き切らず後半要素に寄った競馬になってくると、好走馬もガラッと変わって、クロコスミア(基本的にはマイルで基礎スピードが足りない)あたりがハナを主張してのスロー~ロンスパ戦と言うこともあり得ますが、やはり再現性は低そうです。

平均~ロンスパ戦で予想するとなるとある程度好走する可能性のありそうな馬も絞れてきますし、穴目でおもしろそうな馬も何頭かいますのでその展開に張ってみるのが期待値もあがってきそうですね。

まとめと阪神牝馬ステークスの注目馬

ということでざっと阪神牝馬ステークスに出走する有力各馬の分析と枠順確定後の展開を予想していきましたが、ある程度波乱の目も予想できる1戦になりそうです。

ただ、どちらにせよラッキーライラックは来るかなという感じもするので、ラッキーライラックから穴目に流すか、穴から攻めきるかという感じでしょうか。

ということで、現時点でDKC競馬部が注目しているのは「リバティハイツ」になります。

軸までどうするかは悩むところですが明らかに後半特化のレースは向かず、平均~ハイまで対応できる馬。

むしろその展開以外に好走する目がないので再現性の高い今年の阪神牝馬ステークスはハマりそうな印象を受ける1頭です。

ということで、桜花賞のDKC競馬部◎馬はLine@「DKCFamily」で公開!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

DKC競馬部が分析する攻略マガジン!是非お見逃しなく!

ノーザン特化のラップ分析で現代競馬を攻略しています。

桜花賞は一撃狙い!で行きます。

↓↓↓↓登録↓↓↓↓

2019-01-11

第79回桜花賞(G1)

万馬券を狙い撃つ【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

↓↓↓詳細はこちら↓↓↓

万馬券的中をお伝えしたチューリップ賞では、2歳女王ダノンファンタジーがしっかりと4連勝を飾り、桜花賞の主役候補として堂々と参戦。

馬の勢いも然ることながら、鞍上の川田将雅騎手は3月24日の開催終了時点で全国リーディング首位を快走中。

管理する中内田充正厩舎も今年の連対率は40%を超えているが、実は川田騎手と中内田調教師は幼馴染の間柄であり、まさに”飛ぶ鳥を落とす勢い”の名コンビである点も注目と言える。

しかし、チューリップ賞はあくまで前哨戦に過ぎず、現時点でダノンファンタジー“1強”と断定するのは早計だ。

実際に、去年のラッキーライラック、一昨年のソウルスターリングと、2年続けてチューリップ賞を制した2歳女王が敗れている事実もある。

去年はシンザン記念から直行で臨み勝利したアーモンドアイから情報通りに的中をお伝えしているが、陣営から「“1強”ってウチのことですよね」との話を聞いていた通り、破格のパフォーマンスを見せ、その後の活躍はご存知の通り。

『外厩制度』の充実により、過去の常識やデータを覆すローテーションで結果を出す馬が増えており、それらを的確にジャッジをするための”情報力”は、ますます重要になっていく。

今年も、デビュー戦でダノンファンタジーに土をつけたグランアレグリアが朝日杯FSから直行。

その他にも、フィリアプーラがフェアリーSから、クロノジェネシスとビーチサンバがクイーンCからと、有力馬が3月に行われた主要トライアル以外から参戦してくる。

つまり、ここまで未対戦である馬が増え、以前よりも正確な力関係の把握が難しくなっているのだ。

そんな桜花賞を攻略するには、確かな情報力と分析力が必要となるのは言うまでもない。

当社シンクタンクは、桜花賞で近10年中8勝という圧倒的な実績を誇り、今年もチューリップ賞、アネモネS、クイーンC、フラワーCなどの前哨戦で3連単までキッチリ的中をお届けしている。

当然、本番の桜花賞でも結果を出すための態勢は整っている。

GIともなれば、新聞やネットなど、あらゆる媒体から情報は流れてくることになるが、それらをすべて鵜呑みにしていては、最終的な結論が出ないだけではなく、どんどん的中から遠ざかっていくことになる。

当社シンクタンクは、一人でも多くの競馬ファンの方々に「本物の情報を知ってもらいたい」との思いから、抜群の実績を誇る今週の桜花賞で、

万馬券を狙い撃つための【3連単勝負馬券】

の情報を特別に無料公開することを決定した。このチャンスを是非とも見逃さないで頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第79回桜花賞(G1)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

The following two tabs change content below.
【DKC競馬部】

【DKC競馬部】

”競馬で稼ぐ” をモットーに毎週勝負レースの予想を公開中! 結構ガチな予想をしております。予想家始めて3年連続プラス収支継続中。更に勝つために「ノーザン特化のラップ分析」始めました。ラップ分析最強説。