【大阪杯2019】予想と枠順確定後の展開考察|キセキ行ってのロンスパ戦を予想

大阪杯2019の予想と枠順確定後の展開考察を行っていきます。

今週はドバイもあるということで盛り上がりを見せていますが、やはり取りたいのは大阪杯ですね。

今年はタレント馬が勢揃い(予想家シンガーセイカさんのパクり(笑)参照はケースタチャンネルにて。)したわけですが、この中でなにをチョイスするかはかなり難しいところ。

正直、普通に後半特化戦になるならブラスト、ワグネリアンが台頭しておかしくないと思いますが、2019年の大阪杯は別展開も予想できるだけに捻りを加えて予想していきます。

少し予想とはずれるのですが昨年の大阪杯、本当にスワーヴリチャード×ミルコ騎手は強かったと思うばかりです。

近年のレースの中でもベスト3に入るくらいいレースだったのではないかなと思うところ。

そのスワーヴリチャードは今年ドバイに参戦し出走してきませんが、ミルコ騎手はマイルCSで勝利に導いたペルシアンナイトとの叩き2戦目のコンビ。

今年はペルシアンナイトに注目したほうがいいのでは?ないかなと思ってしまったりもしますね。

ミルコ騎手はレースメイクしてくるのがホントにうまいなと思うので、それに合致できる馬に乗ったときは上位評価必至という感じがします。

では、今年の大阪杯は結果どのような展開が予想できるのか?など、最終予想を行っていきます。

大阪杯の予想と枠順確定後の展開考察

↓大阪杯2019の有力馬のラップ分析はこちら↓

【大阪杯2019】予想と有力馬のラップ分析

確実に展開のカギを握りそうなキセキ内よりの中枠。

まあこの馬はどちらにせよ行き切る競馬をするでしょうから、外過ぎなければどこでも良かったはず。

あとはこれまでのレースを振り返ると道中はややペースを落としてのラスト5、6Fくらいからのロンスパ戦に持ち込み、この馬の最大の武器であるコーナー加速でラスト3F最速戦に持ち込む展開なら阪神内回りというコースを考えても残り目十分と判断できる。

よって、キセキも当然軽視できない1頭になるだろうと予想しています。

逆に、先団を形成するだろう各馬の位置取りが重要になってきそうなのが今年の大阪杯かなと予想しています。

その筆頭格になってきそうなのがアルアインですがこれが内目のいいところを引けたことによって展開面からはかなり推したいなと思う1頭。

キセキが行くのはほぼ確実なのでこれを行かせて縦長の2番手を確保できないだろうか。

ただ、アルアインの場合「有力馬のラップ分析」ある程度平均で流して行く必要があり、他後半要素に長ける各馬の直線要素を削っていく必要がある。

直線要素を出し切るような競馬になってしまうとどうしても”いわゆるキレ負け”してしまうのでそこだけが心配ではあるが、ここにキセキがいること、阪神の内回りで少なくともロンスパ戦になることを考えると近走の中ではかなり条件が揃った方ではないかなと思うところ。

展開面で予想していくならまず軽視はできない1頭でしょう。

エポカドーロもキセキが引っ張る流れの前提なら注意が必要ではあるが、この馬の場合ちょっと気づいた点がありまして…。

それに関しては有料会員様限定で配信したいと思います。

外目の配置になってしま分、かなり扱いが難しくなったダンビュライト。

この馬の場合は前回の京都記念の時にも書きましたが後半特化戦がベストと見ています。

恐らく今年の大阪杯はラスト5Fくらいからのピッチが上ってのロンスパ競馬になると思うので展開的にはベストに働くかもしれませんが、ちょっとこの枠だとロスが大きくなりそうな分アルアインやキセキあたりと比べると見劣るかなというところですね。

ただ、展開的にはハマりそうなので注意は必要な1頭かなとは思います。

あとは中団勢になってきますが、その中でもエアウィンザーがある程度のポジションをとってくるかもしれません。

これも以前の記事で書いたように、平均~のロンスパ、今回予想しているラスト5Fくらいからのロンスパ戦は対応可能ですし、むしろ前走のような極端な瞬発力戦以外ならこなしてきますので抑えて置く必要はあるかなと思います。

あと注意したいのはペルシアンナイトでしょうか。

この馬の前走は明らかにラスト2Fの加速地点で他に見劣ったのでやはり瞬発力戦には対応できないと判断するのが妥当かなと思います。

実は2000mがベストかなと思っているまでもあり、この馬がなぜマイルを使われているかというと気性の問題でしょう。

なので、昨年の大阪杯でも前半は決して楽な展開ではなかったですがスワーヴリチャードがレースメイクしたことでレース全体が動きある程度流れたことでラスト5Fからのロンスパに対応したと考えていいと思います。

今年の大阪杯は昨年ほど極端な流れにはならないでしょうが、結果展開が向いての好走は十分にあり得るのではないかなと思っています。

あとの馬に関しては基本的に後半特化ロンスパ戦がベストかなと思いますし、阪神内回りなので直線要素だけで競馬をしても恐らくは差し切れない形になるでしょう。

キセキがコーナー加速で差を広げに掛かるのは明白なのでこれを捕まえられる射程圏内にいる馬が今年の大阪杯ではベストかなと思います。

まとめと大阪杯の注目馬

ということで枠順確定後の展開予想をしていきましたが、ある程度決め打ちで狙う形になるかなと思います。

これも前回の記事で書いたことではありますが、基本的にはいわゆる後半特化ロンスパ戦になりやすいのが大阪杯でもありますのでここまで予想しておいてなんですが、結果あまり流れずラスト3F最速戦で直線要素によった競馬になりました。

よって、ブラストワンピース、ワグネリアン、ステルヴィオ、キセキあたりが台頭。

みたいな結果は十分に予想はできます。

ただその決着はさすがに買えない・・・(笑)

あまりにも人気になる実績馬がその方向性に固まり過ぎなので今回は決め打ち!後半要素を最大に生かしたロンスパ戦になると予想します!

ということで、穴の1頭として注目しているのが「サングレーザー」です。

近走は中距離戦を主に使われているので忘れがちですが、1400mの基礎スピード戦でも結果を出していた馬です。

この手のタイプが中距離でも結果を出せるとなると前半要素~後半要素にかけて長けているという結構無敵タイプかなと。

今回は鞍上ミナリク騎手なのでやんわり後ろで構えて直線要素の競馬。みたいな形になりそうな気はしますが、この馬も極端な瞬発力戦以外なら対応できるはずなので注目しておきたいなと思います。

<ブログでは書けない情報多数配信中>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

DKC競馬部が分析する攻略マガジン!是非お見逃しなく!

重賞のラップ回顧などもお送りします!!

【その他今週は大阪杯の◎馬を公開予定!】

ノーザン特化のラップ分析で現代競馬を攻略しています。

↓↓↓↓登録↓↓↓↓

2019-01-11

今なら新規登録してされた方限定で安心の1ヶ月間保証サービス!

ちなみに、先週の最大利益は・・・

1,083,850円です。

乗るか、反るか。それはあなた次第ですが
ここまで当たるサイトというのも正直珍しい。

いわゆる「情報サイト」で、怪しい…そんな風に思う方も少なくないでしょう。
しかし今なら新規登録で1ヶ月の保証サービスもあるんです。
これって、いわゆる、自信があるからこそ。

まあそういうことですよね(笑)

ただ、上限持ちです!今週は限定30名しか入会できません!

それだけ人気のサイトなのでこのチャンスは絶対に逃したくないところです!

先週に関しても最大利益は上記でも上げたとおり300万越えの配当。
これが毎週のようにあるわけですからはっきり言ってぼろ儲けです!

近走の結果に関してもこのように高額決着を多数的中!

稼げる競馬予想。

本当にこの言葉が似合うサイト「競馬予想ルクリウス」

競馬予想の成功者が自分の味方!そう思うと心強くないですか!?

はっきり言ってこの機会を逃すことほど損な話はないので

今なら限定30名様ですが
1ヶ月の保証がついているわけですから乗ってみるべきですよ。

▼登録は当然無料!先着30名!お急ぎください!▼

【大阪杯】馬主関係者の1点が無料!
━━━━━━━━━━━━━━━━━
問い合わせ殺到中!話題の馬主情報!

大物馬主関係者が大金獲得に挑む

【大阪杯・GI】
 馬連1点&3連単30点

今回限り特別無料配信!

早い者勝ちです。お急ぎ下さい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■馬連1点&3単30点で的中量産■

3月16日・阪神12R
[馬連1点勝負]   1210円的中
[3連単30点] 2万1030円的中

3月10日・金鯱賞(G2)
[3連単30点] 1万1040円的中

3月10日・阪神12R
[3連単30点] 1万1020円的中

3月10日・アネモネS
[3連単30点] 1万0120円的中

3月10日・中山9R
[馬連1点勝負]    670円的中

大阪杯の1点勝負を無料で入手!

The following two tabs change content below.
【DKC競馬部】

【DKC競馬部】

予想家No,1を目指しております。 結構ガチな予想をしております。予想家始めて3年連続プラス収支継続中。更に勝つためにラップ理論にて猛烈驀進中。ラップ分析最強説。