【大阪杯2019】予想と有力馬のラップ分析|枠順確定前の展開予想

大阪杯2019の予想と有力馬のラップ分析を中心とした記事です。

今週ドバイもありますが、豪華なメンバーが揃った大阪杯がやはり注目の1戦になるかなと思います。

もちろん、ドバイもピックアップして行きたいなと思うのですがここでは大阪杯に出走する各馬のラップ分析をしていきます。

一見するとブラストワンピース、ワグネリアンなどがいるぶん後半特化のロンスパ戦になりそうなレースですが、実は前が流れてもおかしくないかなと思うところですからね。

タイプ別に分けると堅いか、紛れるか張るにはもってこいかなと思うレースなので気合い入れて予想していきます。

大阪杯予想と有力馬のラップ分析

過去のラップ傾向

大阪杯がG1として扱われるようになってまだ今年で3年目なので比較的浅いG1です。

G2戦時のものを含めると量はありますが、G2とG1ではそもそもの位置づけがまるで違うのでここではG1になった過去2年を振り返ってラップ分析をしていきます。

  • <18年>(良馬場)
    12.8 – 11.3 – 12.4 – 12.4 – 12.2 – 11.8 – 11.2
    11.1 – 11.4 – 11.6
  • <17年>(良馬場)
    12.3 – 11.1 – 12.1 – 12.1 – 12.0 – 12.2 – 11.8
    11.7 – 11.6 – 12.0

昨年に関しては後半特化ロンスパと言えど、そのレベルがすさまじくスワーヴリチャードが道中で動いていったのでかなり特殊な展開となっています。

ラスト5Fから11秒台を刻んで勝ったスワーヴリチャードはかなり強かったと判断せざる得ないレースでした。

2年前はキタサンブラックが勝利したレースですが、これはいわゆる後半特化ロンスパ戦で括れてしまうレースですね。

なので、過去2年だけ見るなら基本的には中弛みからのロンスパ戦。

スロー~ロンスパになりやすいのが大阪杯の特徴だと言ってもいいと思います。

それでは続いて有力各馬のラップ分析から得意としている展開、逆に苦手な展開を考察して行きましょう。

アルアイン

これまで何度か紹介している馬にはなりますが、この馬の特徴としてはいかに後半要素~直線要素を無くして行くか。というのがキモになります。

前走の金鯱賞でもそうなのですが、やはり後半要素に寄った競馬になってしまうと他各馬に見劣ってしまう面があるのでその展開になると予想するならどうしても評価を上げにくい1頭になります。

ただ逆に、前半要素が生きる流れに持って行けるならかなり信頼のおける1頭になります。

なので前で遅い流れに乗ってしまう競馬をするのではなく、自分で行き切ってしまうくらい強きな競馬ができるなら変わってくると思うんですけどね。

スローで前残りを狙うような馬ではないので結構展開依存しやすいんですがハマったときは一発ある可能性もあると思います。

エアウィンザー

前走の敗因に関しては瞬発力問われる展開になったことが全てかなと思います。

後半特化のロンスパ戦ではあるんですが道中があまりにも緩くて、ラスト3Fで急激な加速をを問われておりそこで完全に見劣ってしまったという内容でした。

勝ち馬のダノンプレミアムに依存した展開だったので仕方ない面もありますし、これは見直してもいい1戦だったかなと思います。

逆にそれまでを振り返ると平均~ロンスパ、ラスト4Fくらいからピッチのあがるロンスパ戦ならベストに対応してきますので、阪神内回りで開催される大阪杯は展開的にはかなり向いてきそうな印象を受けます。

このメンバーで、G1、舞台設定を考えるとラスト3F、2Fでの瞬発力戦というのは少し考えにくいので、エアウィンザーは今回確実に買いの1頭かなと予想しています。

エポカドーロ

前走の中山記念の時、大本命として狙った1頭ですが流れに乗り過ぎて最後の決め手で見劣るという内容でした。

前半縦長の3番手でベストかなと思いましたけど結果後半要素に寄った競馬になってしまったこともありますし、動きだしが遅かったのも事実。

回顧でも書きましたが、ウインブラト同じ仕掛けどころなら違っていたと思うんですが、直線要素に寄った競馬になれば見劣ってしまう1頭です。

なので大阪杯においてもどこまで強きな競馬ができるかというのがポイントになってきますが、鞍上の戸崎騎手は良くも悪くも流れに乗ってしまうところがありますのでそれを踏まえて予想していく必要があるかなと思います。

タイプ的にはアルアインに似た感じとみてもいいでしょう。

キセキ

恐らく大阪杯において展開のカギを握るのはこの馬になってくると思いますが、昨秋の内容を見る限り高速馬場向きではないかと予想することができます。

不良馬場の菊花賞を勝っているからこそ、かなり判断を悩ませる1頭ではありますが高速馬場を流して残しているというのは事実で、恐らくこの形がベストなのではないかと思います。

大阪杯は有馬記念のようにある程度引っ張っていく形なるかなと思いますがこれまでの結果を見ても条件がベストとは言いにくいですし、極端な話を言えば大箱向きではないかなと思うところです。

ステルヴィオ

この馬の最大の武器は直線要素にあり、後半特化ロンスパ戦にはかなり長けているといってもいいと思います。

ただ、逆に大味な競馬を得意としているので内回りなどだとどうしてもコーナーで見劣る部分が出てくるので直線がある程度長い舞台のほうが向いていると予想できます。

ポテンシャルはかなり高い1頭だと思いますし、古い話ですがスプリングSではベスト展開に持ち込んだエポカドーロを差し切っているわけなので足りないとは言い切れません。

それでもさすがに今回は前走の中山記念同様にいいトコ2、3着かなという感じですね。

ブラストワンピース

前走の有馬記念はキセキがある程度引っ張っていきましたが後続に関しては後半特化戦になっているかなと思います。

なので見方としてはブラストワンピース然り後ろから進めた馬は前半要素に付き合わず後半要素に寄ったロンスパ戦をしていると判断していいでしょう。

新潟記念に関してはラスト2F最速戦で直線要素だけでまとめてしまっていますが、新潟はそれこそ速い上りも出るし、直線要素だけで何とかなってしまう舞台なのでこういうレースにも対応できる。

という面を見せたと判断していいと思います。

なので普通に考えれば大阪杯の過去の結果から踏まえると軸候補の1頭ということにはなりますね。

ただ、この馬を出し抜くパターンも想定できます。

そうなったときに差し切れずというコトも考えられますし、前半要素に長けているわけではないので恐らく距離短縮はマイナス。

それこそ新潟くらい直線があって直線要素だけでなんとかなるなら話は別ですが、さすがに大阪杯となると厳しいかなと思う面もありますね。

ワグネリアン

前半要素に寄った競馬で結果を出しているわけではないので、何とも言えませんが後半要素に寄った競馬ならこれまでの実績を考えてもポテンシャルは上と判断していいでしょう。

更にコーナーでポジションを上げていくこともできるので極端に後ろからの競馬にならない限りは正直どんな展開にも対応してくるのかな?と思うこともできます。

ただ、あくまでベストは後半特化ロンスパ戦かなと思いますので前半要素を最大に生かして後続の直線要素を封じることができる馬がいればそれに出し抜かれる可能性もあるかなと思います。

枠順確定前の展開予想

先ほども書いた通り、基本的には後半要素に寄った競馬になる可能性が高いのが大阪杯。

2019年に関しても後半特化ロンスパ戦で予想するのがベストかなとは思いますが、今年には関しては「キセキ・アルアイン・エポカドーロ」などある程度前半要素に長けた馬がいるのも事実。

ただ、キセキはある程度流して行くレースをする傾向にあり、昨秋のキセキの結果を見れば自分のリズムで行くキセキを放っておくことはできませんので、後続もある程度前半要素を強いられる形になるかなと予想できます。

要は、キセキが基礎スピードを生かしてある程度前半飛ばして行く→縦長の展開になる→阪神内回りの舞台→早めロンスパ競馬になる。

という流れですね。

こうなるとブラストやワグネリアンの持ち味である後半要素に寄った末脚は封じられる可能性も十分に出てくると予想することができますね。

なので、決め打ちで行くならキセキがある程度飛ばして行く前提で、同じく基礎スピードを生かして先行できるアルアイン、エポカドーロなどがキセキの流れに乗って競馬すると判断して狙っていくのもおもしろいかなと思います。

もし例年通り、後半要素に寄ったロンスパ競馬になると判断するならどうしてもブラスト・ワグネリアンの評価を落とすことはできませんし、その場合だと後半要素で見劣るアルアインやエポカドーロは買いにくくなってしまうので、穴で行くか、それとも堅めでいくか。

この判断が大阪杯では重要になるのではないかと予想しています。

まとめと大阪杯の注目馬

ということで展開の決め打ちでをするしかないレースでしょう。

極端な話2択の選択かなと思いますので後半要素に寄った競馬とみるのか、それともアルアインやエポカドーロが前半要素を生かして競馬をしてくるのか?

可能性としては先にも書いたように後半特化ロンスパ戦組を買う方がベターかなと思いますけどね(笑)

ただ、DKC競馬部が現時点で最も注目しているのは「ペルシアンナイト」です。

金鯱賞はエアウィンザーのあたりで書いたように瞬発力戦に寄ったロンスパ戦になったことで加速で見劣った1戦ですし、それ以上に前哨戦というのもこの馬には合ったかなと思います。

一度叩いて仕上げてきた大阪杯は違った内容になってくると思いますし、後半特化ロンスパ戦に対応できるのはそれこそ昨年の大阪杯が示す通りですからね。

マイルでも対応できるくらいの基礎スピードがあるので前半要素で見劣るとは思えませんし、平均~のロンスパ戦も対応可能と判断するとエアウィンザー同様に絶対に買っておきたい1頭かなと思います。

<ブログでは書けない情報多数配信中>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

DKC競馬部が分析する攻略マガジン!是非お見逃しなく!

重賞のラップ回顧などもお送りします!!

【その他今週は大阪杯の◎馬を公開予定!】

ノーザン特化のラップ分析で現代競馬を攻略しています。

↓↓↓↓登録↓↓↓↓

2019-01-11

予想家萩原義文氏の3連単一点予想を完全無料配信!

小点数で万馬券を獲り続ける男萩原義文!

遂に「1点予想」を無料で公開することが決定!!

ローリスク、ハイリターンで高い的中率を出し続けることが競馬サイトとしての存在意義!

「現場からの生の情報」を手にできる萩原氏だからこそ成せる予想を

【 完 全 無 料 公 開 】

これまで数々の万馬券を的中している実績があるからこそ言える萩原氏は「高額馬券は狙わなければ当たらない。」と言います。

実際、このような馬券を数々的中されてきているのですから信頼度も高いと言えますよね。

もちろんこれは萩原氏が的中されてきたものの一部であり、

・2016年共同通信杯 3連単 988,000円 的中!

・2015年福島牝馬S 3連単 5,993,600円 的中!

などなど高額馬券を数々出されてきているのです。

今週の「大阪杯」では全ての方に本気の買い目を無料で提供することが決まっているのでこれは参加しないほうが損ですよね!?ちなみに、毎日杯も出してくれるのでは??(笑)なんて思ってしまいます!

是非この機会に萩原氏の究極馬券術をご覧になってみてください。

▼登録は当然無料!こちらから▼

The following two tabs change content below.
【DKC競馬部】

【DKC競馬部】

予想家No,1を目指しております。 結構ガチな予想をしております。予想家始めて3年連続プラス収支継続中。更に勝つためにラップ理論にて猛烈驀進中。ラップ分析最強説。