【中山記念2019】予想と展望|過去のレース傾向と好走馬のポイント

中山記念2019の予想と展望を中心とした記事を書いていきます。

G1馬5頭を含む豪華メンバーが集結している2019年の中山記念。

まず、G1を見据えての出走でしょうがそれでも見応えあるレースが期待されますね。

特に個人的に注目しているのはステルヴィオ。

マイルCSを勝ったことでマイル戦線を中心に使われてくると思っていましたが、中山記念を使うということはこの春は中距離戦線を視野に置いているのかもしれません。

まともならこの馬が一番買いやすいとは思うんですけどね。

本日は中山記念の過去のレース傾向と好走馬のポイントを分析して予想に生かして行きたいと思います。

fujitananakofebu

菜七子ちゃんよく頑張りましたよね!

コパノキッキングで女性騎手初となるG1に挑戦して掲示板に乗る5着好走。

某掲示板では某崎騎手を差したとかで注目されていましたが(笑)

初G1で一線級の馬、騎手を相手に5着なら十分健闘したと言っていいですよ。

いや、ホント親はこりゃ涙だ。

今後が楽しみな菜七子ちゃん、そしてコパノキッキングのオーナーであるコパさんは器の大きな人だなと本気で思いました。

こういう大人になりたいですね。

では、菜七子ちゃんとコパさんに元気をもらった先週末。

このパワーを今週の競馬に生かして行きましょう!もち、中山記念爆裂予定で👍

中山記念2019予想|過去のレース傾向

まず、注目したいのが現代競馬の中心であるノーザンF生産馬。

中山記念では下記の馬が出走してきます。

  • ステルヴィオ
  • スワーヴリチャード
  • ディアドラ
  • ラッキーライラック

全てG1馬(笑)

まあそういう時代ですよね、ノーザンFの馬が中心で回っているのが現代競馬。

もうこれは言うまでもありませんからこの中でどれを買うのか?

逆に、買えない条件なのであれば、そこを嫌ってノーザンF以外の馬から攻めるか。

もちろん、上記の4頭は人気になるワケですが、中山記念で買える馬なのかどうか?

条件的に合わないのであれば嫌うことができますからね。

この4頭の中の何頭かを嫌って穴馬が台頭することができるかどうかを探るためにも、中山記念がどういうレース傾向にあるのか?過去の好走馬の特徴などを探っていきましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

本物の情報だけに拘る”厳選勝負馬券”

先日も【京都11R きさらぎ賞】にて

「141万9600円」

<3連単大本線的中!>

一般には出回らない厳選された情報が
今ご登録頂くと完全無料で受け取れる!

「中山記念

【3連複7点勝負】の厳選勝負情報!

>>無料登録はこちら!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

コース傾向

まず、過去の中山記念のレース傾向を調べていきます。

2019-02-19 (15)

中山記念は中山の内回り1800mで行われるレースです。

スタート後すぐ坂を上ることになりますので基本的に前半特化(前半早いペース)になれば先行勢には当然きついレースになります。

スタートからゴールまで2度坂を越えることになりますのでね、そりゃこれでペースが流れればどんだけタフなんだって話です。

それでは以上を踏まえて中山記念の過去のレースラップを見ていきます。

中山記念の過去5年のラップ比較

  • <18年>(良馬場)
    12.8 – 11.7 – 11.7 – 11.5 – 11.5 – 11.8
    12.2 – 11.9 – 12.5
  • <17年>(良馬場)
    12.6 – 12.2 – 12.6 – 12.9 – 11.1 – 11.6
    11.6 – 11.3 – 11.7
  • <16年>(良馬場)
    12.6 – 12.0 – 11.9 – 11.6 – 11.3 – 11.6
    12.0 – 11.1 – 11.8
  • <15年>(稍重馬場)
    13.1 – 12.2 – 12.2 – 12.3 – 12.1 – 12.3
    12.2 – 11.7 – 12.2
  • <14年>(稍重馬場)
    13.0 – 12.2 – 12.1 – 12.2 – 11.6 – 11.8
    12.3 – 12.1 – 12.5

中山記念の過去5年のラップ傾向は上記の通りになります。

開幕週の中山であること、稍重馬場などの影響もあるでしょうがこれといった傾向は無いように感じますがどうでしょうか?

年毎に分析していきたいと思います。

2018年のラップ分析

18年は前後半5Fで見ると<71.0-71.4>で一貫性のある平均ペースではありますが、前半マルターズアポジーがかなり流しましたのでそのまま後続もこのラップで予想するのは無理があります。

道中は同じようなラップを踏んでいますが、ラスト4Fから後続も動いて行っています。

2019-02-19 (16)

ラスト4F地点で一気に後続が殺到。ここからピッチがあがっていますのでどちらかといえば18年の中山記念は前半特化のロンスパ戦になったと予想していいでしょう。

ちなみに、この展開で流したマルターズアポジー、アエロリットが残っていますので前残り馬場だったのは間違いないと思います。

2017年のラップ分析

17年は前後半5Fで見ると<73.0-70.2>のスローで流れ、後半特化の瞬発力戦となったレースではありますが、ラスト5F最速戦でそこから11秒台が連発。

ラスト2Fで11.3秒と最加速していますがどちらかと言えば18年同様にロンスパ戦になっていることがわかります。

<ロンスパ戦は瞬発力特化ではなく、持続性のある脚が要求されます。俗にいう長くいい脚>

ただ、18年は前半特化のロンスパ戦で、17年は後半特化のロンスパ戦。同じく持続性のある脚が求められる展開ではありますが、異なる適性ではあり、サクラアンプルールが最後18年でたりなかったのはこの影響かもしれません。

それでも、17年も先行勢が好走していますので開幕週の中山ということもあり前が優勢なのかもしれません。

2016年のラップ分析

一見すると前後半5F<71.0-69.4>でスローペースで、ラスト3Fで見ても<36.5-34.9>ラスト2F11.1秒で最速なので、後半特化の瞬発力戦と判断していいでしょう。

ただ、道中も決してペースが緩んでいるわけではないのですし、ラスト5F目が11.3と速くなっていることからも後半特化のロンスパ戦という判断もできます。

こういう展開になると後半特化のいわゆる瞬発力戦に向いている馬は道中息を入れるところがないので厳しいものになるのですがやはりドゥラメンテはスケールの違う馬だったことがこの中山記念からもわかりますね(笑)

この年は中山の坂下スタートが大きく響いている印象も受けます。

前半2Fは12秒台で、そこから一気にピッチが入り11秒台が連発。

瞬発力戦と判断したのはラスト3Fで一度ダウンし、2F目で一気に加速。

この展開では力のない馬が最後垂れるのも無理はありませんね。

2015年のラップ分析

前後半5F<74.2-72.8>でスローのペース。この年は馬場が悪く、時計は比較的掛かっていますが全体的に1.5秒~1秒近いスローなので後半特化の瞬発力戦と判断できます。

途中動いている感じもありませんし、純粋に直線勝負、後半特化の瞬発力戦になったと見ていいでしょう。

稍重馬場でしたが見た目にはかなりタフな馬場でもありましたので、途中動いてよりタフなレースにするよりは直線まで我慢させるという騎手の思惑があったレースかなと思います。

2014年のラップ分析

この年も稍重馬場となりましたが、15年とはまた違ったレースとなっており前後半5F<72.9-72.5>で平均ペースでラスト5F最速のロンスパ戦となりました。

一見するとラスト3Fで時計が掛かっているので持久力戦とも判断できますが、またラスト2F、直線に入ったところで加速しているのでここで瞬発力をやや問われている点から持久力戦ではなくロンスパ戦と判断していいでしょう。

実際勝ったジャスタウェイはロンスパ戦でそれまで、それ以降も結果を出してきているのでロンスパ性能を問われる展開だったと予想していいと思います。

中山記念レース傾向分析まとめと好走馬のポイント

ということでざっと過去5年分の中山記念のレース傾向をラップ面から分析していきました。

これはコース傾向も大きくかかわっていると思いますが比較的ロンスパ戦になりやすいレースだということがわかります。

しかもラスト5Fから加速してそのまま持続力を問われる結構タフなレース展開になることが多いです。

実はそれ以前の中山記念のレース結果を振り返ると前半特化のロンスパ戦になることもあり、瞬発力戦になることはかなり稀であることがわかります。

2019年に関してもこの点が変わることはないでしょうから、まずはロンスパ性能を持っている馬、持久力戦で力を出せる馬を探していくべきでしょう。

逆に、瞬発力戦に特化したような馬には向かないレースかなと思いますのでこういう馬で人気するところがいれば思い切って軽視もいいかなと思います。

ちなみに、現時点で非常に気になっているのは

「ウインブライト」です。

昨年の中山記念の勝ち馬で、2019年の中山金杯を制したいわゆる中山巧者ですが、中山で開催されるレースが基本的には上記のようにロンスパ戦になることが多くだからこそ、そのような展開に特化した中山巧者が台頭してきます。

ウインブライトはまさしくそのタイプなので今年も是非注目しておきたい1頭ですね。

以上、中山記念の予想、レース傾向分析でした!

<ブログでは書けない情報多数配信中>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【関門橋Sでは◎アウトライアーズ公開】

【ターコイズSでは軸馬◎ミスパンテールを公開】

【有馬記念をピンかパーでブラストワンピースを公開】

【シンザン記念では危険馬アントリューズを公開】

DKC競馬部が分析する攻略マガジン!是非お見逃しなく!

更に大口投票のある馬がいれば公開します!

↓↓↓↓登録↓↓↓↓

2019-01-11

確実に今週で締め切りになりますのでお早めに!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

他のサイトには絶対に真似できない!
究極の馬券術が当たりまくると話題のサイト!

だからこそこれだけの人気を誇り、

最近では無料登録の募集すらしていなかった…。

あまりの的中にオッズが隔たり
無料会員様の募集を一時ストップするほど…。

しかし今回限定30名様で再募集を開始!

情報では見えない「盲点」を突けるのは

<万馬券総合研究所のみ!>

今週は編み出した分析術より

土曜 くすのき賞
日曜 中山記念

”3連複勝負馬券!”

>>無料配信決定!<<

※残り30名様限定募集です!
お早めにご登録ください!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この他にも無料コンテンツが充実!

重賞レース回顧や、
穴馬を導く「穴馬法則」

更に、厳選された軸馬公開など

豊富なラインナップが大人気です!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■■近走の的中実績がこちら■■

2/17・東京2R 3歳500万
[3連単:137,040円 的中!]

2/10・京都10R 北山ステークス
[3連単:86,920円 的中!]

2/3・京都10R 山城ステークス
[3連単:432,360円 的中!]

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

万馬券総合研究所の無料登録はこちら!
今週の重賞レースもお任せください!

万馬券総合研究所 無料登録はこちら

The following two tabs change content below.
【DKC競馬部】

【DKC競馬部】

”競馬で稼ぐ” をモットーに毎週勝負レースの予想を公開中! 結構ガチな予想をしております。予想家始めて3年連続プラス収支継続中。更に勝つために「ノーザン特化のラップ分析」始めました。ラップ分析最強説。