【京都牝馬ステークス2019】予想と出走予定馬のラップ分析|買えるノーザンF馬は?

京都牝馬ステークス2019の予想と出走予定馬のラップ分析を中心とした記事を書いていきます。

今週は重賞4開催とかなりハードは週末となりそうですね。

その中にはG1のフェブラリーステークスもあるわけですが、それなりにメンバーの揃っている小倉大賞典、長距離名物重賞のダイヤモンドS、そして京都牝馬ステークスも妙味のある1戦となりそうです。

本日はこの中から京都牝馬ステークスに焦点を置き出走予定馬のラップ分析を行って買えるノーザン馬を予想していきたいと思います。

01_kiyomizu1

京都牝馬ステークスで買えるノーザンF馬とは?

まず先になぜ、ラップ分析から買えるノーザンを予想するのか?

現代競馬はノーザンF生産の馬がかなりの猛威を奮っている。

というのは皆さまお気づきのことと思います。

これから春競馬がはじまるにつれ、その勢いは拡大していく。

これはもう分かり切った話でしょう。春になれば暖かくなるのを皆がわかっているように、ノーザンF生産馬がこれから結果をさらに伸ばしてくるのは分かっている話。

人気になるノーザンF馬を買いたくはない。

しかし、ただ単に毛嫌いしたところで仕方ない。来るものは来る。(笑)

これが昨年の秋頃からずっと思っていたことでした。

しかしそこで思考を変え、買えないノーザンF馬、買えるノーザンF馬がわかればそれを攻略の糸口に使える。

そう思いはじめ、分析に分析を重ね更に逆立ちしてお風呂に入り、髪を夜風で乾かすこと数十日。遂に、その攻略の糸口となる部分を見つけたのです。

【それが究極のノーザン攻略ラップ分析】

人気になるノーザンF馬の中にも得意なレース、そうではないレースとあるわけで、それを実はラップ分析から把握することができ、根拠をもって買えるノーザン、買えないノーザンを導けるわけです。

もっと言えば、まあDKC競馬部は大振りして豪快なスウィングアウトを決める時もありますけど、「このノーザンを買えない理由はこうだから、対照的に得意なレース展開であるこの馬を本命にしてホームランを狙う。」というのは理屈の通る、警察でも納得の供述書を出すことができます。

ticket-sign-reject

警「運転手さん、ちょっと聞きたいんだけど京都牝馬ステークスで買えるノーザンF馬いるの?」

運「はい、います。ラップ分析から読み解きました。」

警「あーホント、それ教えてもらっていいかな?」

運「わかりました。実はこのレース、ラスト2Fの瞬発力戦になることが多く、今回出走を予定しているxxxxは人気になりますけどそういうレース展開で好走している実績はなく、実は対照的な○○○○なレースで結果を残している傾向にあります・・・・~~・・・です。」

警「納得。行っていいよ。」

と、まあこんな会話が繰り出され無駄な時間を過ごすことにはなりますが、警察も納得して引き下がってくれます。

まあ詳しくはまたブログにそれ専用の記事を書きたいと思いますので楽しみにしておいてください。

それでは前置きが長くなりましたが、京都牝馬ステークスの出走を予定している有力人気馬+ノーザンF馬のラップ分析を行っていきましょう。

アルーシャ

サンデーレーシング×ノーザンFという組み合わせでいかにも人気になるタイプの馬ではあります。

ディープインパクト産駒なのですが、過去のレースを振り返るとやや瞬発力特化型という感じではなさそうな印象受けます。

どちらかというと前半要素の高いレース(持久力戦)で結果を出してきているように極端な瞬発力戦よりはある程度前半流して他馬にも脚を使わせるような状況がベストかなと思います。

1600m時代にはなりますが、やはり中弛みの瞬発力戦で決め手負けしており、逆に1400mで前々で引っ張る流れでの好走が目立ちますからね。

スプリント型の馬は基本的に前半要素に長けている馬(基礎スピードの高い馬)が多くいますがアルーシャに関してもそのタイプかなと予想できます。

結構この手は最強で(笑)前半要素に長ける先行馬=最後まで垂れないので後続が差すことが難しいというのは普通の話。

重賞挑戦となりますが基本的には京都牝馬ステークスでも買いと判断すべき1頭でしょう。

オールポッシブル

G1レーシング×ノーザンFという組み合わせ。ただこの馬は準OP勝ち後の重賞で凡走、休み明けなども重なりそこまで人気にはならなそうですね。

この馬の場合は少し特殊かなという印象なのですがスプリントに良績は固まっていますが前半要素が求められるレースになるとやや力的に足りないなという感じがします。

これまでのレースを振り返っても、恐らくベストパフォーマンスは4走前の朱雀S。

この時が道中やや緩みラスト2F最速の瞬発力戦となっており、決め手を生かして差してきた馬を逃げて完封という内容でした。

逆に次走の豊明Sでは前半要素(基礎スピード)が問われる展開で凡走。

もちろんコースの差などはありますが、明らかに前走とはパフォーマンスが落ちていますので、このことからも前半緩んだ瞬発力戦がベスト予想していいでしょう。

なので京都牝馬ステークスにおいては瞬発力戦に張る場合のみ抑える必要があると判断します。

デアレガーロ

サンデーレーシング×ノーザンFという組み合わせ。昨年の京都牝馬ステークス2着の馬ですが近走が全く冴えないので恐らく今年は人気落ちする1頭になるでしょう。

ただこの馬もオールポッシブル同様に恐らくは前半要素が問われる展開になると力を出せないタイプで、中弛みの瞬発力戦になれば話は別だと予想しています。

ここ3走はスプリント戦らしい持久力戦となっておりそこで凡走。

4走前の準OPでは力が単に違ったと見れますので度外視、Vマイルも度外視できる内容ですね。

そして昨年の京都牝馬ステークスですが、この時がラップで見ると【12.4-11.4-12.3-12.2-11.8-11.3-11.6】このように道中ペースが緩み直線の入りで加速、ラスト2F最速戦となっている瞬発力戦での1戦でした。

前後半5Fで見ても前半:71.4秒 後半:70.6秒のスローペース。

これを上り最速で差して2着ですからやはり瞬発力戦のほうが力を出せると予想するのが無難でしょう。

なので2019年の京都牝馬ステークスでも展開次第、持久力戦にならないのであれば力は足りると思いますので注意しておくべき1頭かなと思います。

ベルーガ

R.アンダーソン×ノーザンFというあまり聞き覚えのない1頭。そりゃそうですね、アンダーソンさんは現在はベルーガしか所有していない状況なので。

しかし京都牝馬ステークスでは予想オッズで5番人気と支持されそうな馬です。

これまでのレースを振り返ると持久力戦のほうが恐らくいいとは思いますが、ロンスパ適性のあるレースでも結果を出してはいるので相手関係次第で展開問わずという感じかなとは思います。

前走は1200m戦らしい前半要素の問われる持久力戦で凡走しましたが、これは後方から進めた結果、内に進路を取り追いだしが遅れ、外に出すも内伸び馬場というどうしようもない結果だったので度外視でいいと思います。

なので京都牝馬ステークスではスムーズなレース運びができ、且つ短距離戦らしい前半要素の問われる展開になるのであれば要注意でしょう。

これは経験則になりますが、この手のタイプは瞬発力戦になったときも対応できる可能性があるのでどちらにせよ抑えて置いて損はないかなという感じですね。

ミスパンテール

この馬はノーザンF生産馬ではありませんが、昨年の京都牝馬ステークスの勝ち馬で、予想オッズでは1番人気。この馬もラップから得意レースを予想していきましょう。

ノーザンFが活躍している時代でこうして一線級でも対応できるノーザンF以外の馬と言うのはある一定の条件でめちゃくちゃ能力を出せるタイプか、ミスパンテールのように比較的どんな展開にも対応できるタイプというが主になります。

ミスパンテールは中弛みのラスト2F最速戦になるような瞬発力勝負、ラスト3F、4F最速戦でロンスパ適性の求められるような展開にも対応できる万能性のある馬。

前走に関しては前後半5Fで見ると約1秒差で、前傾ラップの持久力戦をうまく立ち回っての勝利。

しかし、デアレガーロのところでも書いたように昨年の京都牝馬ステークスは中弛みのラスト2F最速戦の瞬発力勝負を快勝。

次走阪神牝馬Sは逃げて自らペースを刻みラスト3Fで加速するロンスパ性能を見せ勝利とどんな展開にも鞍上のやる気次第(笑)で結果を残してきています。

持久力戦にタイプできるということは距離短縮で前半要素が問われても対応できることが多いので2019年の京都牝馬ステークスにおいても展開不問で買うべき1頭でしょうね。

リナーテ

サンデーレーシング×ノーザンFというまあこれも王道の組み合わせ。予想オッズでは9番人気に甘んじています。

この馬の場合はどちらかといえば前半要素の問われる持久力戦になったときに前が止まって差してくるというタイプかなと思います。

2走前に関しては東京戦でラスト3Fから加速する東京らしいロンスパ気味の瞬発力戦になりましたがこれにもしっかり対応。

恐らくですが展開がはまったというよりは力が違ったと予想したほうがいいでしょう。

ただ、前走は前半要素の問われる持久力戦、この馬の得意としているパターンで凡走しています。

これは根本的に中山の舞台が合わなかったという感じで、最後の坂で伸びきれない競馬となってしまいました。

なので京都牝馬ステークスでは舞台替わりで持久力戦になるようであれば注意が必要かなと思う1頭ですね。

ただ瞬発力戦に張るようであれば、今の京都の馬場状況を鑑みると対応力は低そうに見えますので持久力戦でこそ買いかなと現時点では思っています。

リバティハイツ

この馬もノーザンではなく社台の馬ですが、京都牝馬ステークスでは人気が予想されています。

リバティハイツの場合はわかりやすく、前半要素の問われる持久力戦で結果を出せるタイプなので瞬発力戦に張るなら消し、前傾ラップで上りが掛かる展開(前走のような)に張るのであれば買いという感じですね。

前走に関しても人気薄で好走してきたのはやはりそういった展開利があってのものだったので京都牝馬ステークスにおいても展開さえ噛み合うようであれば好走する力はあると予想していいと思います。

ワントゥワン

この馬もノーザンではなく社台の馬ですが、京都牝馬ステークスでは2番人気が予想されています。

これまでも何度もこの馬の取捨で悩まされてきた1頭ですが、京都牝馬ステークスではロンスパレースと予想したときのみ抑えようと思います。

関屋記念から富士Sまでの連続2着好走はラスト3F~4Fで加速し、長く脚を求められる展開で最後突っ込んでくるような内容。

そこを挟んでいる中京記念、前走の阪神カップが共に持久力戦となり結果が出ていませんのでこの張り方でいいでしょう。

この馬の場合がミスパンテールのところで書いた特定の条件で好走する非ノーザン馬です。

そして、こういうタイプにミルコ騎手とかを乗せると結構最強です。

ミルコ騎手は瞬発力戦になった場合、自在に動いてレースメイクしてくるので京都牝馬ステークスでは持久力戦になった場合のみ消し。

それ以外の展開であればミルコ騎手の分を含め買いと判断したいと思います。

京都牝馬ステークス予想分析まとめ

ということでざっと2019年の京都牝馬ステークスに出走するノーザンF生産馬と人気が予想される出走予定馬をラップ面から分析していきました。

瞬発力戦として予想するのか、それとも1400m戦らしい持久力勝負として予想するのかですが、どちらかというと普通に持久力勝負になったときの方が人気馬に寄り気味ですので、穴目で行くなら瞬発力戦に張るのがいいでしょうね。

ただ、それなりに前で流して持久力戦に持ち込みたい馬が何頭かいますのでそんな簡単には行きそうにないですが(笑)

あとは枠順などが確定してからしっかり展開面を予想して結論を出したいと思います!

以上、2019年京都牝馬ステークスの予想でした!

<ブログでは書けない情報多数配信中>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【関門橋Sでは◎アウトライアーズ公開】

【ターコイズSでは軸馬◎ミスパンテールを公開】

【有馬記念をピンかパーでブラストワンピースを公開】

【シンザン記念では危険馬アントリューズを公開】

日曜は厳選!”買い”ノーザン馬を公開!!

DKC競馬部が分析する攻略マガジン!是非お見逃しなく!

更に大口投票のある馬がいれば公開します!

↓↓↓↓登録↓↓↓↓

2019-01-11

売りは…「圧倒的な回収率」!!だから人気が集中!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

会員様の利益獲得が最優先!
最短一ヶ月での運用資産形成を!

「短」「期」「集」「中」

業界随一の独自ビッグデータを保持。

事実。高額配当者が続々登場!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

圧倒的回収率に加え驚愕の的中率を実現!

その理由は「確証級」情報をご提供可能だと

判断した週のみご提供ゆえ。

◆ーーーーーーーーーーーーーーーーー

■ 会員限定の無料情報を公開中! ■

・無料買い目情報(毎週金土夜更新)

・今週の激走馬ピックアップ(毎週木曜更新)

・重賞回顧等会員様限定無料情報多数!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

10年に渡り「完全紹介制」の元運営を続けていたが、

【 遂に一般募集を公開 】

30名様限定で新規無料会員登録が開始!

正直コインが無料登録を再募集するとは思いませんでした…。

以前に募集をしたときは一瞬で人数が埋まり、

オッズ変動が目で見てわかるほどのものにw

今回の再募集は正直驚きです!!!

この機会に是非コインの的中率を体感してみてください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昨今の競馬人口の増加により現状よりも

多くの会員様を受け入れても

変わらぬ高配当確保が可能。

そう判断した結果がこのチャンス!

今週は「京都牝馬ステークス」の情報を公開予定!

本当に勝てる競馬情報はここにあります。

▼登録は無料!限定30名様です!お早目に!▼

The following two tabs change content below.
【DKC競馬部】

【DKC競馬部】

”競馬で稼ぐ” をモットーに毎週勝負レースの予想を公開中! 結構ガチな予想をしております。予想家始めて3年連続プラス収支継続中。更に勝つために「ノーザン特化のラップ分析」始めました。ラップ分析最強説。