【東京新聞杯2019】予想展望|想定オッズ・出走予定馬分析など

東京新聞杯2019の予想展望を中心とした記事を書いていきます。

今週は東京新聞杯、きさらぎ賞と注目を集める重賞が2本。

当然きさらぎ賞もクラシックに向けてという面で軽視はできないですが、

この時期のG3としては珍しく東京新聞杯にはレイエンダ、インディチャンプなど

強豪がひしめくこととなりこちらがより一層注目を集めるかなと思います。

その中一番人気は藤沢厩舎のタワーオブロンドン。

ただ去年も書きましたがこの時期の藤沢厩舎はやや信頼度が落ちます(笑)

その点も含め今日は出走予定馬を中心に分析していこうと思います。

img_448196ac002f7cf8c8ee1d982478b9b3208768

今日はキムタク主演の「プライド」を見てからこの記事を書いているんですが

やはりプライドはおもしろい。「古き良き時代の女」を演じる竹内結子さんが

とてつもなくかわいいと同時に、いい女過ぎて胸が、ティ○コがビンビンします。

mig

あっ、失敬。

なんにせよ僕は「今会いに行きます」の時から竹内結子さんの大ファンでして

この方と一度…そんな浅はかな思いを常日頃抱いておりました。

ですが、先出し…ではなく、先立つ思いを胸に、

本日は東京新聞杯の予想を行っていきます。

確実に今週で締め切りになりますのでお早めに!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

他のサイトには絶対に真似できない!
究極の馬券術が当たりまくると話題のサイト!

だからこそこれだけの人気を誇り、

最近では無料登録の募集すらしていなかった…。

あまりの的中にオッズが隔たり
無料会員様の募集を一時ストップするほど…。

しかし今回限定30名様で再募集を開始!

情報では見えない「盲点」を突けるのは

<万馬券総合研究所のみ!>

今週は編み出した分析術より

日曜:東京新聞杯

3連複勝負馬券!

>>無料配信決定!<<

※残り30名様限定募集です!
お早めにご登録ください!

万馬券総合研究所 無料登録はこちら

東京新聞杯2019予想展望

まず頭に入れて置きたいのが1番人気が激弱なレースだということ。

過去10年、3度の馬券内があるのみであとは完全にティ○コである。

当然単勝回収率は0%、複勝率においても40%台。

あくまで過去の傾向ではあるが期待値は鬼低く、

まずここを軸に馬券を買うのはナッスィングではないかと。

ただ逆に激穴爆走族がいるかというとそんな感じもなく、人気上位ではあるが

中穴人気馬も絡んでくるぜ!みたいなレースが東京新聞杯。

それでは以上を踏まえ、予想オッズから確認していきます。

東京新聞杯2019予想オッズ

※netkeiba.com参照

  1. タワーオブロンドン 2.8倍
  2. インディチャンプ  3.5倍
  3. レイエンダ     5.4倍
  4. ロジクライ     6.0倍
  5. サトノアレス    7.9倍
  6. レッドオルガ    16.3倍
  7. ジャンダルム    18.8倍
  8. テトラドラクマ   28.8倍

1番人気想定は藤沢厩舎の刺客、タワーオブロンドン。実績からすればインディチャンプや血統面で言えばレイデオロの弟のレイエンダのほうが期待されて人気にあるだろうと予想していましたが、タワーオブロンドンですか。

これは藤沢厩舎×ルメール=勝負気配の方程式に基づいての予想オッズなのではないかと思います。

「やっぱ藤沢厩舎といえばルメールじゃね!?」

はい、これね。

間違いではないと思いますし実際そうでしょう。

藤沢厩舎は2019年の東京新聞杯で3頭出しなわけですが、サトノアレスはそもそもルメールが主戦ではないのでおいておいたとして、レイエンダではなくタワーオブロンドンをルメールが取ったというのがミソでしょう。

もちろん裏でなにか試行錯誤あったとは思いますけど(笑)関係者の思惑てきなやつ。

しかしまあ一般市民にそれはわかることはなく、普通に考えればこれまでルメールが乗り続けていたレイエンダは北村宏騎手、ルメールがタワーオブロンドンに乗る=タワーオブロンドンを勝たせに来ている。と見るのが妥当でしょうか。

ただね、はっきり言ってこのあたりのこと考えるの非常にめんどくさい。

だって考えたところでそれはあくまで答えがわからいもの。(関係者情報を売りにしている人はわかるのかも(笑))

あくまで憶測の範疇を越えないので、イチ、一般市民が考えすぎたところでどうしようもないってのが思うところなんですよね。

まあなんにせよ、今年の東京新聞杯は藤沢厩舎の3頭出しが予想のポイントでしょうけど。

それでは上位オッズが予想されている出走予定馬を対象に分析を行っていきます。

タワーオブロンドン

2019年、DKC競馬部が注目している馬主はキャロットでもシルクでもなく、「ゴドルフィン」です。

今はノーザンをしっかり分析しないといけないなと思いますしDKC競馬部でもそれに向け【厳選!ノーザン攻略マガジン】を発行しております。

が!!

今年はゴドルフィンが飛躍してくるのではないかと思っている部分もあります。

それだけに東京新聞杯でタワーオブロンドンがどんな走りをするかというのは気になります。

ただ、気になる点はいくつかありますね。

まず前述した通り、この時期の藤沢厩舎ということそして過去の結果から見ても期待値の低い1番人気になりそうだということ。

前走は一見古馬初戦で上り32.4秒ということで評価できそうですけどこの日の東京はやたら高速馬場でもありましたからね。

鵜呑みにするのは危険な部分もあるのかなと思ったりしてしまいます。

それでもNHKマイルカップは見直せる1戦でしたし、そこまで嫌う材料があるかと言われるとない1頭ですね。

インディチャンプ

アーリントンカップの内容からするとタワーオブロンドンを逆転するのは難しいかなと思う1頭ではありますが、ここ2走の連勝は条件戦とはいえ評価してもいいものかなと思います。

特に前走の準OP戦に関してはドスローの瞬発力戦を上り最速(上り2位の馬に0.5差)を出し余裕の勝利、逆に2走前はラスト4F最速戦の持久力勝負を先行して上り最速タイで勝利。

ここ2戦の内容を見るとどんなレース展開にも対応できる決め手を持っていると判断できるのは東京新聞杯においても強みになりますよね。

明らかにタワーオブロンドンに負けたアーリントンカップの時よりは馬自体が強くなっているなと感じます。

久しぶりの重賞挑戦ではありますがまず軽視はできませんし、かなり有力になってくる1頭と予想してもいいと思います。

レイエンダ

本当になぜこっちにルメールが乗らないのかわからない部分はあるんですが、チャレンジカップの内容は見直してもいいものだと思います。

スタートで他馬にぶつかり位置が取れなかったことも影響しているのは間違いないですがそれ以上にテンションが終始高めだったことが一番かなと思います。

要はこの馬の能力を全く出せていないのではないかと思います。

ただ、2走前のセントライト記念の内容は逃げ馬がやや離し気味に逃げたので最終コーナーで動いていき最後までしぶとく脚を使い2着。

コーナー加速はできていますし、5Fから加速するラスト4F最速戦の持久力勝負に対応。

と前走との比較をすればチャレンジカップは高速馬場のスローのラスト2F最速戦であったので持久力戦の方が得意としているタイプなのかもしれません。

兄、レイデオロはどんな展開にも対応できるタイプではありますが、レイエンダはもしかしたら兄を瞬発力に秀でていないけどコーナーワークのウマい持久力型。

そうなると東京新聞杯の舞台設定はあまり歓迎ではない気がしますね。

ロジクライ

マイルCSの時にも書きましたが、もしかしたら左回りの方が得意としているタイプなのでは?そう思いましたが、案の定というか右回りよりも左回りのほうがレースパフォーマンスは高い気がします。

マイルCSはスローの瞬発力戦を先行して垂れたというあまりに平凡な内容だったのですが、2走前の富士Sは本当に強い内容だったと思います。

確かに相手は前哨戦だったペルシアンナイトやエアスピネル、他はあまり大したことのないG3戦ですが前半から流れるハイレベルな平均ペースの持久力戦。

これを先行して突き放すかなりレベルの高い内容でこれは評価せざる得ません。

そしてその時と同舞台の東京新聞杯となれば鞍上は代わりますけど評価を落とせる1頭ではありませんし、マイルCSの時からガラリ一変あっても不思議はないですね。

サトノアレス

東京マイルがベスト舞台であることは間違いないと思いますし、実際昨年の安田記念で4着の実績は東京新聞杯では上位とみてもいいでしょう。

このときがこの馬としては嫌な内枠発走で出遅れるという致命的な状況でありながら直線ではその決め手を生かして大外からしぶとく伸びての4着。

ある程度G1ということでペースが流れたことで脚が溜まり展開利があったのは間違いないと思いますが、内容としては一番強い競馬をしたのはこの馬だったかもしれませんね。

前走に関しては阪神戦、長期明けだったことも大きく影響していたようですし、東京替わりでこそ見直すべき1頭でしょう。

昨年の東京新聞杯でもスローのラスト2F最速戦を上り最速で2着とこの実績は光りますし2019年も当然注目の1頭です。

東京新聞杯予想展望まとめ

ということでざっと上位一桁台が予想される各馬を分析しましたがこの5頭の中での決着も充分にあり得そうですね。

次点でに人気が予想されているレッドオルガは牡馬混合の重賞では少し足りないかなという印象がありますし、ジャンダルムもここ近走の内容から重視して買うことは…。

ならば!ということでタワーオブロンドンを東京の舞台で破ったグァンチャーレならどうだ!ってなるんですが、前走ベスト舞台の京都であの結果ですからね~。

重視して考えたいのはやはり上位人気が予想される5頭の中からでしょう。

ということで、DKC競馬部が現時点で最も軸に近いかなと思うのが

『ロジクライ』です。

東京新聞杯では鞍上横山騎手です(笑)

軸で買うにはかなり怖い騎手ではありますが腕は確かなものがありますのでまあ信頼しましょう!

それよりも東京替わりのここでロジクライが走るなら自分たちの中でも落ち着きますね。

やっぱ左回り巧者だったんだ!って。

やはり特筆すべきは2走前の内容だったと思いますし、G1ではやや足りないもののG3ならなんて思わせられる1頭ですね。

売りは…「圧倒的な回収率」!!だから人気が集中!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

会員様の利益獲得が最優先!
最短一ヶ月での運用資産形成を!

「短」「期」「集」「中」

業界随一の独自ビッグデータを保持。

事実。高額配当者が続々登場!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

圧倒的回収率に加え驚愕の的中率を実現!

その理由は「確証級」情報をご提供可能だと

判断した週のみご提供ゆえ。

◆ーーーーーーーーーーーーーーーーー

■ 会員限定の無料情報を公開中! ■

・無料買い目情報(毎週金土夜更新)

・今週の激走馬ピックアップ(毎週木曜更新)

・重賞回顧等会員様限定無料情報多数!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

10年に渡り「完全紹介制」の元運営を続けていたが、

【 遂に一般募集を公開 】

あまりに人気が集中したため完全紹介制だったコイン…。

なんと!30名様限定で新規無料会員登録が開始!

正直コインが無料登録を再募集するとは思いませんでした…。

以前に募集をしたときは一瞬で人数が埋まり、

オッズ変動が目で見てわかるほどのものにw

今回の再募集は正直驚きです!!!

この機会に是非コインの的中率を体感してみてください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昨今の競馬人口の増加により現状よりも

多くの会員様を受け入れても

変わらぬ高配当確保が可能。

そう判断した結果がこのチャンス!

今週は「東京新聞杯」の情報を公開予定!

本当に勝てる競馬情報はここにあります。

▼登録は無料!限定30名様です!お早目に!▼

The following two tabs change content below.
【DKC競馬部】

【DKC競馬部】

”競馬で稼ぐ” をモットーに毎週勝負レースの予想を公開中! 結構ガチな予想をしております。予想家始めて3年連続プラス収支継続中。更に勝つために「ノーザン特化のラップ分析」始めました。ラップ分析最強説。