【根岸ステークス2019】予想展望|想定オッズ・出走予定馬など分析

根岸ステークス2019の予想展望を中心とした記事になります。

フェブラリーステークスの前哨戦となる1戦で、以前は根岸ステークスとフェブラリーステークスは直結しないと言われていましたが昨年はここを勝ったノンコノユメがそのまま本番でも勝利。

2019年もサンライズノヴァやマテラスカイなど有力となりそうな馬が出走してくるだけに注目の1戦となりますね。

果たして2019年はフェブラリーステークスに直結するレースになるのかどうか分析・予想していきましょう。

1c538157c73f7ec90fbbc8142797852a

いや、かわいいと思いますよ。そりゃ。

しかし個人的には2019年のイチオシは変わらずさとみと、みお。

あっ、石原さとみちゃんと今田美桜ちゃん。

です。

他にも何人かいるんですけど、この2トップは現状変わることないかなと思います。

言ってみれば2強。この2人を負かすとなると中々至難の業ですよ。

ちなみに。

あなたは誰推しですか!?

ということで、根岸ステークスの予想に入っていきましょう。

根岸ステークス2019予想展望

冒頭でも書きましたが今まではフェブラリーステークスには直結しない。

そう言われてきた根岸ステークスですが、昨年はノンコノユメが勝利し本番のフェブラリーステークスでも勝利。

2年前は根岸ステークスを勝利したカフジテイクが本番でも3着好走、16年は根岸ステークスを勝利したモーニンが本番も勝利と近年は色濃くフェブラリーステークスに繋がる前哨戦となってきているわけですね。

根本的に距離、ダート発走と芝発走の差などあり、繋がらないほうが個人的には納得なのですがフェブラリーステークスに向けて無視できない1戦となっているのは間違いないので、2019年も当然注目となります。

それでは予想オッズから確認していきます。

根岸ステークス2019予想オッズ

※netkeiba.com参照

  1. サンライズノヴァ  2.2倍
  2. コパノキッキング  3.5倍
  3. マテラスカイ    5.7倍
  4. ケイアイノーテック 9.3倍
  5. ユラノト      11.6倍
  6. クインズサターン  12.9倍
  7. キタサンミカヅキ  16.4倍
  8. モーニン      23.7倍

1番人気に予想されているのは昨年の根岸ステークスで2着、フェブラリーステークス4着となったサンライズノヴァ。

前走G1のチャンピオンズカップでは厳しいレースを強いられて凡走しましたが、

東京戦で安定して結果を出してきているように根岸ステークスでも有力な存在とみられての人気でしょう。

2番人気はコパノキッキングが予想されいています。

近走の結果を見ると前からでも競馬できるし、差しても競馬できる万能タイプに見えますのでこういうタイプは連軸としては買いやすいですからね。

もしかしたら連系のオッズではサンライズノヴァ以上かもしれません。

マテラスカイは前走5着と負けましたが左回りの1400mはプロキオンSの圧勝が記憶に新しいところ。これが影響しての人気もあるでしょう。

そして4番人気予想のケイアイノーテック。

これは近親にダートで活躍している馬がいますので、そのあたりも人気の要素になってくるのでしょう。

ここまでが予想オッズでは一桁台に推されており、有力馬となってきそうです。

それでは上位オッズが予想されている各馬を対象に出走予定馬分析を行っていきます。

サンライズノヴァ

チャンピオンズカップは5番人気に支持されながらも6着と負けてしまいました。

しかし、これは結構明確な理由がアリ、コーナー4回の立ち回り戦というのが

サンライズノヴァの苦手とするレースであると予想できます。

これまで結果を出してきたのは全て東京の1ターンのレースばかり。

直線で全てをかけれるような展開・状況が望ましいと言えるでしょう。

その点から考えると前哨戦のG3である根岸ステークスまでは事足りますが

本番のフェブラリーステークスではその他の要素も求められるので厳しいかもしれません。

なので根岸ステークスでは重視、本番軽視と考えていいのではないかと思います。

コパノキッキング

鞍上マーフィー騎手に乗り替わるというだけでも重視したくなる1頭ですが、

前述したようにこれまでのレースっぷりからもどんな展開にも対応できる順応さは

ここでも評価すべき1頭になるかと思います。

ただ、根岸ステークスは初の左回りで直線がこれまで以上に長くなるだけに

この長い直線を粘れるかどうかはやってみないとわからない点でもありますね。

個人的にはコーナーで加速するような立ち回り戦が得意と見れるだけに、

東京1400mという条件は基本的には合わないのではないかと予想しています。

マテラスカイ

前走の内容が案外ではありますが根岸ステークスでは武騎手に手綱が戻りますので

その点から前走の内容は見直していいと思います。

特筆すべきは左回り1400mで開催されたプロキオンS。

逃げてそのまま後続を4馬身突き放す内容。

1200m戦なのでラップが速いのは当然ではありますが

【11.9 – 10.7 – 10.9 – 11.2 – 11.6 – 11.2 – 12.8】

このラップを逃げて刻み最後も35秒台でまとめているのは評価していいでしょう。

これだけ走れれば根岸ステークスでも当然有力となってくると思いますが

近走のマテラスカイの傾向としては前哨戦は叩き、本番メイチが目立ちますので

明らかに前哨戦となる根岸ステークスで自身のパフォーマンスを出せるのか?

この点がポイントとなるかと思います。かといって本番のマイルも少々長い。

扱いに困る1頭ですが、軽視するには危険かもしれません。

ケイアイノーテック

初のダートとなるワケですが前述した通り、近親にはダートで活躍している馬もいますし

ケイアイノーテック自身もダートはプラスになるかもしれません。

ただ東京芝のG1を勝つくらいですから、あまり時計の掛かるタフ名ダートだと

適性的に全く向かない可能性もあるのではないかと思います。

更に根岸ステークスでは58Kgの斤量を背負っての出走となるので

初ダート、58Kgの斤量というコトを考えると軸は難しいですね~。

土曜の傾向を見てどれくらいの時計が掛かるのかなど、

条件的に向くかどうか最後までしっかり判断したいと思います。

ユラノト

これまでの結果を見るとOPまでは通用するが重賞になると甘くなる。

そんな印象を受ける1頭ですが、根岸ステークスでは手の合うルメール騎手が騎乗。

これまでの重賞2戦は藤岡騎手、福永騎手が騎乗での結果なので、

ルメールとなるとまた別の評価をする必要があるかなと思います。

実際、ルメール騎乗の際の成績は初戦こそ落としました以降は全て連対。

2着となったのは1度のみでそれ以降は全て勝利しているわけで、

まずこの鞍上に戻るのはプラスと判断してもいいでしょう。

この馬もレースセンスが高いのでどんなレースでもこなしてしまいますし、

今回は条件が揃いそうなので当日蓋開けてこの人気なら全力で買いですね。

クインズサターン

1400mは初となりますがこれまでの結果を振り返ると、

どちらかといえば1ターンのレースで差しが効く舞台でこそ。

そんな印象を受けるだけに根岸ステークスは絶好の舞台かもしれません。

前走のOP戦は3着と負けましたがコーナー4つで立ち回り求められる中山戦。

適性外だったと考えるとそれでも3着なら頑張っている方といえるでしょう。

もし根岸ステークスで結果を出せるようなら本番でも楽しみになる1頭ですね。

キタサンミカヅキ

明けて9歳となる1頭ですが、衰えがあるんでしょうかね?

その点も考慮して予想しないといけない1頭ではありますが

昨年暮れのレースを振り返ると中央だからといって軽視するのはどうか?

そんな風に思わされる1頭ではあります。

ただ、やはり地方のような深い砂がベストだと思いますし、

軽い馬場となる東京、そして1ターンの1400mで直線が長いとなると

この手のタイプは甘さを見せるかもしれませんので条件はあまりよくなさそうです。

ただ近走の充実振りを見るとどんなレースにも対応してきているので、

根岸ステークスでもひょっこり3着とかありそうですね。

モーニン

16年の根岸ステークスの勝ち馬ですがその頃とは戦法も違いますし、

馬が変わっているなという印象をうけますね。

近走では差しをメインとした競馬が板についていますし

尚且つそれで結果を出してきているわけですから

そういう意味では直線の長い東京の舞台且つ、ベスト距離と見れる1400mはプラス。

そう予想することもできる1頭です。

今のこの馬に1200mのスピード勝負だと忙しいだろうし、

それでいて前走のJBCスプリント4着なら評価してもいいのでは?と思います。

今回は条件好転、これくらいの人気なら非常に買いやすいですね。

根岸ステークス予想展望まとめ

ということでざっと上位人気が予想される出走予定馬他を分析しました。

サンライズノヴァは安定して走ってくるのでこの馬から差しに張るのか?

それとも裏を取って前に行ける馬を狙うのか?

そのあたりの展開面も重要になってきそうな1戦ですね。

個人的には現時点ではモーニンあたりがおもしろいかなと思いますが、

普通に上位人気馬どうしで決着しても不思議ないレースですからね(笑)

ただ他にも穴目でおもしろそうな馬が何頭かいますので、

そのあたりも視野に入れてしっかり週末まで分析したいと思います。

木曜に次は最終追い切りを中心とした分析記事を書きますので

楽しみにしておいてください!

以上、根岸ステークスの予想でした!

<ブログでは書けない情報多数配信中>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

根岸ステークスの軸馬を
DKCFamily限定で公開予定!

【朝日杯ではファンタジストを指名】

【ターコイズSでは軸馬◎ミスパンテールを公開】

【有馬記念をピンかパーでブラストワンピースを公開】

【シンザン記念では危険馬アントリューズを公開】

他にもシルクロードSの有力情報も配信予定。

↓↓↓↓登録↓↓↓↓

2019-01-11

⇒ DKCFamily

今なら新規登録してされた方限定で安心の1ヶ月間保証サービス!

ちなみに、先週の最大利益は・・・

1,941,900円です。

乗るか、反るか。それはあなた次第ですが
ここまで当たるサイトというのも正直珍しい。

いわゆる「情報サイト」で、怪しい…そんな風に思う方も少なくないでしょう。
しかし今なら新規登録で1ヶ月の保証サービスもあるんです。
これって、いわゆる、自信があるからこそ。

まあそういうことですよね(笑)

ただ、上限持ちです!今週は限定30名しか入会できません!

それだけ人気のサイトなのでこのチャンスは絶対に逃したくないところです!

先週に関しても最大利益は上記でも上げたとおり100万近い配当。
これが毎週のようにあるわけですからはっきり言ってぼろ儲けです!

近走の結果に関してもこのように高額決着を多数的中!

稼げる競馬予想。

本当にこの言葉が似合うサイト「競馬予想ルクリウス」

競馬予想の成功者が自分の味方!そう思うと心強くないですか!?

はっきり言ってこの機会を逃すことほど損な話はないので

今なら限定30名様ですが
1ヶ月の保証がついているわけですから乗ってみるべきですよ。

▼登録は当然無料!先着30名!お急ぎください!▼

The following two tabs change content below.
【DKC競馬部】

【DKC競馬部】

予想家No,1を目指しております。 結構ガチな予想をしております。予想家始めて3年連続プラス収支継続中。更に勝つためにラップ理論にて猛烈驀進中。ラップ分析最強説。