【日経新春杯2019】予想展望|予想オッズ・出走予定馬分析~前編~

日経新春杯2019の予想オッズ・出走予定馬分析など展望を中心とした記事を書いていきます。

京都2400m外回りハンデ戦で開催されるG2戦。結構難解な条件ですね(笑)

2019年の日経新春杯は混戦模様ですし波乱になる可能性も十分にありそうです。

ただ過去の傾向で言えば比較的堅めな決着が多い一戦ではありますので

果たして今年は人気通りに決着するのか、それとも波乱となるのか!?

しっかり各馬、レース傾向を分析していきましょう。

初売り 画像

日経新春杯2019予想展望

京都外回り2400mといえばそこそこタフなレースになることが多く、

金杯週の京都の馬場を見ていてもタフ馬場なのは間違いないです。

ある程度時計も上りも掛かる状況なので、

軽い馬場で瞬発力を生かすようなタイプには向かないですかね。

昨年の日経新春杯も同じような馬場状況で開催されているので

同じようなタイプの馬が好走してくるのではないかと予想できます。

個人的にはMy注目馬が8頭出走してくるのでそれだけでも楽しみです(笑)

更に、過去の結果を振り返っても昨年のパフォーマプロミス然り、

ミッキーロケット、シュヴァルグラン、シャケトラなど

日経新春杯で好走した馬はその後出世を辿るケースもありますので

2019年はそのあたりにも注目してみたいと思います。

まずは予想オッズからみていきましょう。

日経新春杯2019予想オッズ

  1. グローリーヴェイズ  2.7倍
  2. メイショウテッコン  3.6倍
  3. ムイトオブリガード  4.3倍
  4. アフリカンゴールド  7.7倍
  5. ルックトゥワイス   13.5倍
  6. ガンコ        16.4倍
  7. ウインテンダネス   18.9倍
  8. ノーブルマーズ    19.3倍

ざっとここまでが10倍圏内のオッズに予想されている各馬。

明け4歳馬が中心ですね。

菊花賞5着からの参戦となるグローリーヴェイズが1番人気。

たらればにはなりますがこの馬は菊花賞の時に8枠でなければもっとやれていた。

はずの1頭ですから日経新春杯で人気になるのは納得ですね。

2番人気想定のメイショウテッコンも同世代の強豪とやりあった1頭。

まあここに入れば当然の人気かなという感じです。

以下、アルゼンチン共和国杯で驚異の瞬発力を見せたムイトオブリガード、

これまた明け4歳のアフリカンゴールドと続きここまでが一桁台のオッズ。

予想オッズでも4強みたいな構成になっていますが確かにこの4頭は納得の人気ですね。

堅い時と波乱時の差が激しい日経新春杯ですが、2019年は堅い決着になるかも。

そんな風に現時点では予想しています。

上位人気が予想される出走予定馬4頭を分析

続いて上位人気馬を中心とした出走予定馬分析を行っていきます。

今回の記事では一桁台の人気が予想されている4頭が中心。

次回の記事では後半戦、いわゆる人気薄を中心に書いていきます。

グローリーヴェイズ

キャリア5戦で挑んだ前走の菊花賞でも5着。

しかも前述しましたが、この菊花賞では明らかに不利になると見られた大外発走。

もし内枠発走であったなら違っただろうなという印象を受けた一戦でした。

元々同世代の重賞でも差なく走っていた馬ではありましたが、

夏時期の古馬戦を勝ち上がってきた1頭で、この時期に古馬戦で勝ちあがるのは至難です。

それをそこそこのタイムで勝ち上がってきたわけですから力があるのは間違いないですね。

日経新春杯では冬時期に休み明け、それでいて人気になるので少し嫌な条件ではありますが

これまでの内容から軽視するわけにはいかないかなと思う1頭です。

ただ、前2走の内容を見てもディープ産駒らしくスピード型の馬。

今の京都の馬場状況にマッチしているかといわれるとそこは違うような気がしますので

グローリーヴェイズをどう評価するかは京都の馬場状況が大きく影響してきそうです。

メイショウテッコン

神戸新聞杯では阪神外回り2400mで逃げてワグネリアンの3着、

それ以前も後の菊花賞馬であるフィエールマンに完勝するなど

元々のポテンシャルは非常に高いなと思わせられる1頭です。

菊花賞の敗因は「ノーザンの馬ではないから。」と言ってしまえばそれまで(笑)

もちろん、ノーザンでないのは日経新春杯でも同じですが、

舞台設定に不足はないですし、同型も何頭かいますが

逃げの手に拘る馬ではないのでそのあたりに不安はありませんね。

なにより、この馬自体はスピードに秀でたタイプではないので、

今の京都のタフな馬場というのが非常にハマりそうな印象を受けますので

舞台状況としては1番人気が予想されているグローリーヴェイズより上と予想できます。

ただ個人的には武騎手への乗り替わりではなく、松山騎手で行ってほしかったですが…。

ムイトオブリガード

明け4歳勢が上位人気4頭の内3頭を占める中で古馬の意地を見せれるかという立場。

ここ近走やたら器用なレースを繰り返していますので本格化したと見ていいでしょう。

500万勝ち後に阪神大賞典へ無謀な出走をしたのが功を奏したような印象です。

更に、最近ではスピードを生かした瞬発力戦で結果を出していますが、

元々はダートでも走っていたような馬なので一概にスピードタイプという感じでもなく

今のタフな京都馬場でも十分にこなせるのではないかと予想できます。

ただここ近走東京に拘って結果を出してきているように恐らくベストは東京コース。

しかしここ近走のパフォーマンスを京都も出せる可能性は極めて高いです。

前に行っても差しても競馬ができる器用タイプで、

下り坂からピッチの入る京都コースですがロンスパ戦への対応も可能な1頭。

現時点では上記の2頭よりも本命に近い1頭かなという感じがします。

アフリカンゴールド

この馬もグローリーヴェイズ同様に夏の古馬戦を勝ち上がっている馬で、

これまでのレースを見ても終い3F最速戦の持久力勝負、単純なハイペース、

更にスローからの瞬発力戦など様々なレースで結果を残してきている馬で

器用さもありタフさもアリというタイプで買いやすい馬ではありますね。

前走の菊花賞に関しては敗因はいろいろありますので度外視してもいいと思いますし、

距離も短縮される日経新春杯では見直すべきでしょう。

今回はメンバーを見渡しても単純な瞬発力戦にはなりにくそうで、

前走の菊花賞を見る限りではその展開は実はあまり得意ではなさそう。

少なく見てもスローからのロンスパ戦で持久力は求められそうなので、

そうなれば更に条件的には向いてくるのではないかと予想できます。

出走予定馬分析前半まとめ

というコトで上位人気が予想される4頭を簡単に分析してきましたが、

どれもやはり買うべきかなという感じで上位拮抗で難解です。

こうなると馬券が非常に難しいんですよね。

ただ、下位人気勢の中には昨年の日経新春杯3着のガンコや、

安定感抜群のルックトゥワイス、人気は無いでしょうが好素材のシュペルミエールなど

注目馬も多数存在していますのでこのあたりがどう上位人気勢に絡んでいくか!?

これが2019年日経新春杯の予想ポイントとなってきそうです。

現時点での構図としては【上位人気馬×人気薄】の組み合わせが濃厚かなと思いますね。

出走予定馬分析の後編に関しては次回の記事で書いていきますのでお楽しみに!

以上、日経新春杯2019の出走予定馬分析前編でした!

<ブログでは書けない情報多数配信中>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

日経新春杯の有力情報を
DKCFamily限定で大公開!

【朝日杯ではファンタジストを指名】

【ターコイズSでは軸馬◎ミスパンテールを公開】

【有馬記念をピンかパーでブラストワンピースを公開】

【シンザン記念では危険馬アントリューズを公開】

他にも京成杯の有力情報も配信予定なり。

↓↓↓↓登録↓↓↓↓

友だち追加

⇒ DKCFamily

今なら新規登録してされた方限定で安心の1ヶ月間保証サービス!

ちなみに、先週の最大利益は・・・

3,588,900円です。

乗るか、反るか。それはあなた次第ですが
ここまで当たるサイトというのも正直珍しい。。。

いわゆる「情報サイト」で、怪しい…そんな風に思う方も少なくないでしょう。
しかし今なら新規登録で1ヶ月の保証サービスもあるんです。
これって、いわゆる、自信があるからこそ。

まあそういうことですよね(笑)

先週に関しても最大利益は上記でも上げたとおり100万オーバーの馬券…。

下記のような結果を毎週のように出しているのだから驚きです・・・。

稼げる競馬予想。

本当にこの言葉が似合うサイト「競馬予想ルクリウス」

競馬予想の成功者が自分の味方!そう思うと心強くないですか!?

はっきり言ってこの機会を逃すことほど損な話はないので

今なら1ヶ月の保証がついているわけですから乗ってみるべきですよ。

▼登録は当然無料!こちらから▼

The following two tabs change content below.
【DKC競馬部】

【DKC競馬部】

”競馬で稼ぐ” をモットーに毎週勝負レースの予想を公開中! 結構ガチな予想をしております。予想家始めて3年連続プラス収支継続中。更に勝つために「ノーザン特化のラップ分析」始めました。ラップ分析最強説。