【ホープフルステークス】予想|枠順確定後の狙い馬・危険馬公開

ホープフルステークス2018の予想を中心とした記事になります。

有馬記念が終わって興奮冷めやらぬ中という感じですが、2018年の中央競馬最終のG1はこのホープフルステークス。

昨年からですがなんか違和感がありますよね(笑)

ただ今年に限ってはサートゥルナーリアがやや被った人気になりそうですが前回の記事でも書いた通りやや危険な面もあるかなという感じなので、しっかり各馬を分析して置くことも大切と思います。

本日はよりホープフルステークスの予想をわかりやすくするために枠順確定後の各馬の分析とその中で狙える馬、逆に危険な馬を公開していきます。

2018-12-27 (2)

もう、終わりますよ2018年。

早いものですね~。今年もいろんな出会いがあり、嬉しいことも、腹立つこともたくさんありました。

こうして振り返るとあの時こうしておけばよかったな~とか、競馬においてもなんでこのレース取れなかったんだろう…とか思うところがあります。

ただ、悔いては先になんとやらって言葉もあるように、後悔先に立たずという言葉があるように、前を向いて人間は生きていくしかないですからね。

その場で立ち止まっていても何も変わらないわけで。

ということで、DKC競馬部も来年度更に進化できるだろう、ちょっとこれ鉄板じゃね!?って予想法が出来上がりつつありますので是非これからもご期待、ご声援のほどよろしくお願いいたします!!

とりあえず、ホープフルステークス当てましょう!!!

ホープフルステークス枠順確定後の見解

2018-12-27 (3)

ひとまず確定したホープフルステークスの枠順がこちらになります。

そこそこの出走頭数が揃うかなと思っていましたけど、結果13頭立てとやや少なめの頭数となりましたね。

これは他陣営がサートゥルナーリア各位人気馬には勝てない。と、判断したからなのか?

まあどちらにせよこの頭数となったことで小頭数の経験しかないサートゥルナーリア他人気馬はこれまで同様にレースがしやすくなると予想できますね。

ニシノデイジー

これまでのレースを見ても明らかに内目を立ち回ってこそ良さがでるタイプではないかなと思いますので、この1枠という枠順はプラス材料でしかないでしょうね。

前走は東京の舞台設定で、適性てきにどうかなという風に思われていましたけど、全く問題にせずしっかり持ち味である立ち回りを生かしての競馬ができての勝利。

これまでのレースを振り返ってもどちらかといえば小回り戦で立ち回りを生かす競馬のほうがいいでしょうからね。中山の2000mに変わるのはプラス材料と判断してもいいでしょう。

ただ、この時期の中山2000mですからね、過去の結果を振り返っても直線は外目を回ってきた馬の台頭の方が目立っていますから、その点がどう出るかなというのはあります。

これまで函館など洋芝で結果を出してきている馬なのである程度タフな状況ならこなしてきてもいいとは思いますが、最終中山で内を回ってどこまで伸びれるのか?そこは注目ですね。

ブレイキングドーン

これまた一見すると内目の枠になったのはプラス材料には思います。

外々を回らされるよりは内で脚を溜められる形の方がよかったはずですからね。

初戦はアドマイヤジャスタを完封している馬で、前走も勝ちに行く競馬で僅差の2着。

これまでの2戦を見てもレースセンスの良さは光りますし、この2戦ともに終い2F最速戦ではありますが、血統的には持久力勝負でも対応可能だろうと思える、というかむしろロンスパ戦でこそ持ち味を生かしそうなタイプですからね。

中山2000mという舞台設定で力を発揮しそうなタイプの1頭です。

ただ、ニシノデイジーと同じことが言えますがこの枠順になったことでコースロスは避けられるものの、インが伸びるかどうかというのは気になるところ。

基本的なホープフルステークスの好走パターンは道中内目を突いて直線で外。

この頭数でもあるし、位置は取って行ける馬なのでそういう定石通りの競馬はできると思いますのでその点は信頼できますけども。

サートゥルナーリア

少し枠順見解からは脱線しますが、キャロット×ノーザン、ロードカナロア産駒で、先日ブラストワンピースで有馬記念を制した中竹厩舎といういわゆる現代の黄金パターンの1頭。

しかも母はシーザリオときているわけですから将来を有望されているのは当然でしょうね。

ただこの馬の場合、前回の記事【ホープフルステークス2018】予想

こちらでも書いた通り、スローペースの瞬発力戦、これまで上り2F最速の競馬でこそ圧巻のパフォーマンスを出してきている馬であるわけです。

要は中山2000mでもし、スローからの上り勝負にならず、これまでのホープフルステークスのようになれば適性的にどうなのだろう?と思わされる部分でもあります。

ただ、こういう馬は経験がないだけで妙な憶測をして軽視しても走ってくる可能性の方が高いですからね。

素直に買っておいたほうがいい。というのを2018年の秋は勉強しましたからね(笑)

個人的に不安材料あがる人気馬なので軸にはしませんが、ロードカナロア産駒は総じてレースセンスが高いですし、評価は必要だと考えます。

正味枠順も真ん中よりもやや内目と抜群のところに入ったかなと思いますからね。

ミッキーブラック

枠順としては真ん中の絶好枠かなと思います。

近年のホープフルステークスを見ていると先程も書きましたがやはり道中は内目を立ち回ってコースロスを防ぎ、直線で外に出して伸びてくるというパターンがほとんど。

この枠順なら傾向にあうレースができるのではないかと予想できますね。

しかも、前走の負けでやや人気を落としそうなのもラッキーな要素。

そもそも前走に関してはスローの上り勝負、ラスト2F最速戦でこの馬向きの展開ではなかったです。

軽いコースでの瞬発力戦になるよりもタフな条件でこそ結果を出すタイプだろうなと予想でき、前走からは確実に条件好転となりそうですよ。

ブレイキングドーンに前走は離されましたが状況的には逆転まであると予想しておいたほうがいいかもしれません。

アドマイヤジャスタ

枠順としては及第点かなという感じがしますが、あまり内に入るよりはよかったかもしれません。

初戦は最内枠が仇となったような感じでしたし、2走前は外目の枠からきっちり解消していますからね。

あまり外過ぎて道中で外々を回らされるのは避けたいだろうなと思いましたのでこれはプラス材料と判断してもいいでしょう。

やはりこの枠順でルメール騎手なら上位評価は必要になってくる1頭ではないかと思います。

ただ、適性的にはやはり中山2000mというタイプではないかなと思える点、そして出遅れ癖があるのは気になるところ。

だからこそこの枠順でリカバリーできるというのもあるが、あまり後ろからになるとこれまでよりも一気に相手強化となるので厳しい気もしなくはないが…。

ヴァンドギャルド

んー、この外目の枠がどう出るか。

まあそこまで器用にレースするタイプではないのである程度は外目の方がいいだろうなとは思ってましたけど結構外目になりました(笑)

5~6枠なら軸まであるなと思っていたんですが、この枠順になった以上少し評価を改めたほうがいいのかもしれません。

ただ、馬群のごちゃつく内目よりも外目から競馬をさせたほうがいいタイプなのは間違いないし、中山のタフな条件はいかにも合いそうだなという馬なので決して軽視はしないほうがいいですね。

なぜ、この条件が向くのか!?というのはDKCFamily限定で公開しますので是非LINE登録しておいてください。

枠順確定後の狙い馬・危険馬

ざっと上位人気が予想される各馬の枠順見解、これまでのレースからの特徴を書いていきましたが、普通に上記の6頭は抑えて置いたほうが良さそうです。

どういうレース展開になるかによって台頭してくる馬は変わってくるだろうし、この6頭は能力・条件・状況を総じて考えるとそこまで差はないと予想できます。

ただ、その中でも枠順確定後に狙いたいなと思った馬と、逆に危険だなと思った馬を紹介します!

ホープフルステークス狙い馬

「ミッキーブラック」

やはり前走からの条件好転というのはいい材料ですね。軸までは少し悩みたいところではありますが、上が人気しまくってくれそうでオッズ的に妙味が出てくるので期待値は高いですね。

上記でも書いた通り、この条件替わりでブレイキングドーンを逆転できる可能性は出てきていると思いますし、そのブレイキングドーンは初戦で状況はどうこうあったせよ、アドマイヤジャスタを完封している馬ですからね。

ドスローからの瞬発力戦になれば分が悪いですがある程度、というか例年並みのレースになれば出番は十分にありそうです。

ホープフルステークス危険馬

「DKCFamily限定公開」

※ホープフルステークスの危険馬に関してはLine@DKCFamily限定で公開します。

考え方としては枠順だけでなく、いろんな観点から総じて予想していくのがベストではないでしょうかね。

2018年の秋はノーザンFを嫌って嫌ってしてみましたけど裏目に出ることが多数でした。

しかし、その結果ノーザンFを調べに調べることができたのでいろんな馬の特講などを掴むことができました。

根本的な話になるのでホープフルステークスでどうこうというわけではないのですが、やはりノーザンF関連馬、特に、キャロットやシルクレーシングが持っている馬は抜群に総合力が高いです。

これは外厩云々の話。そもそも馬の持っているポテンシャルが違うというのがひとつありますね。

天栄だから、しがらきだからとかあまり関係ないのでは!?

なんて思い始めました(笑)

結果、ノーザンの馬が天栄・しがらきを使うから走っているだけなのでは!?なんてね。

来年度のDKC競馬部はよりノーザン関連馬をマスター、そしてだからこそ狙えるノーザン以外の馬を応援していこうと思います。

以上、ホープフルステークスの予想でした!

<ブログでは書けない情報多数配信中>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ホープフルステークスの危険な人気馬
ヴァンドギャルドの見解を
DKCFamily限定で大公開!

【朝日杯ではファンタジストを指名】

【ターコイズSでは軸馬◎ミスパンテールを公開】

【有馬記念をピンかパーでブラストワンピースを公開】

他にも東京大賞典の有力情報も配信予定なり。

↓↓↓↓登録↓↓↓↓

友だち追加

DKCFamily

オレタチ(キ▼ー▼)人(▼ー▼キ)マブ

予想家萩原義文氏の3連単一点予想を完全無料配信!

小点数で万馬券を獲り続ける男萩原義文!

遂に「1点予想」を無料で公開することが決定!!

ローリスク、ハイリターンで高い的中率を出し続けることが競馬サイトとしての存在意義!

「現場からの生の情報」を手にできる萩原氏だからこそ成せる予想を・・・

【 完 全 無 料 公 開 】

これまで数々の万馬券を的中している実績があるからこそ言える萩原氏は「高額馬券は狙わなければ当たらない。」と言います。

実際、このような馬券を数々的中されてきているのですから信頼度も高いと言えますよね。

もちろんこれは萩原氏が的中されてきたものの一部であり、

・2016年共同通信杯 3連単 988,000円 的中!

・2015年福島牝馬S 3連単 5,993,600円 的中!

などなど高額馬券を数々出されてきているのです。

今週の「ホープフルステークス」では全ての方に本気の買い目を無料で提供

することが決まっているのでこれは参加しないほうが損ですよね!?

是非この機会に萩原氏の究極馬券術をご覧になってみてください。

▼登録は当然無料!こちらから▼

The following two tabs change content below.
【DKC競馬部】

【DKC競馬部】

”競馬で稼ぐ” をモットーに毎週勝負レースの予想を公開中! 結構ガチな予想をしております。予想家始めて3年連続プラス収支継続中。更に勝つために「ノーザン特化のラップ分析」始めました。ラップ分析最強説。