【2018年競馬予想】朝日杯フューチュリティステークス最終追い切りチェック!戒めるノーザンF嫌いなおれ

2018年朝日杯フューチュリティステークスの最終追い切り分析を中心とした予想記事です。

枠順も確定し、いよいよグランアレグリアの数十年振りの快挙が見られるのか?

と期待が高まる2018年の朝日杯フューチュリティステークス。

しかし、前回の記事でも書いた通り、追い切り過程に不安を残しているのは事実。

藤沢厩舎のPコース追い。これはどうしても気になるところなのでこれをどう評価するかというのは今年の朝日杯フューチュリティステークスを予想するうえで鬼門となりそうです。

それではグランアレグリアの詳しい追い切り分析を筆頭に、最終追い切りチェックを行っていきましょう。

shoryu0101

「ちょっとノーザンに拘る理由が謎なんですが…。」

ぬほッ!!!

あっ、咲助です。

LINE@「DKCFamily」の読者の方からこんなご意見を頂きました。

た、た、確かに。

無駄にノーザンに拘りこれまでここ1ヶ月ほど、ノーザン以外を応援しようの界x会○で購入している馬券は数々無駄紙に終わっています。

有料予想を行っている身としてこれはちょっとどうなんだい??

ってことをやんわりと言ってくれているのでしょう。心優しい。

確かにこれまで個人的にノーザンを嫌ってはっきり言って損してますm(__)m

これはどうしようもない事実。毎週毎週インスタにノーザン以外の馬を購入した馬券を公開しては大恥かいているわけです。

はぁ~…。ノーザン以外を応援する勝負辞めようか…。なんて挫折する時もありました。

「否」

それでも私は、個人的にノーザン以外を応援して爆裂馬券を炸裂させれるように頑張るわけです。

これは予想を凌駕した葛藤。ノーザンF生産馬以外の大きな勝利で夢希望抱いて、ノーザンの時代に終わりを告げるその日まで、我が金、朽ち果てようとも、ギャンブラーの精神、穴党のプライドをかけ・・・

ノーザン以外を応援する

もちろん有料会員の皆様にはご迷惑をかけない範囲で。これは己との戦いなのであります。

ってことで、是非咲助の葛藤、ノーザン以外を応援するこの勝負を応援してくれるという方は是非インスタをチェックしてくれるととっても嬉しいです。

【ノーザン以外の馬を応援しようの界×会○】DKC競馬部は浪漫を求めるイチ予想家であり、ギャンブラー

詳しくはこちらの記事にて。

さて、本題。朝日杯フューチュリティステークスの追い切りチェックの巻。

朝日杯フューチュリティステークス最終追い切りチェック

ワレラDKC競馬部が使うは追い切り専用スカウター。とある、漫画で一世を風靡した魔法の眼鏡みたいなやつである。

そう、このスカウターを使うと普段は見えないようなものでも鮮明に見えてしまうのだ。

例えば、冬服厚着の女子のモコモコ服の中身とかな

22158813_741857286000182_5488511481760710656_n

見える・・・

見える・・・

見えるぞ~!!!!

これだけの威力を持つ、ワレラDKC競馬部のスカウターで見た、朝日杯フューチュリティステークスで追い切りからの気配抜群の馬をいくつか紹介していこうと思います。

ここに上がった馬はビシッと!チェックしておいてクダサルコトヲお勧めします。

★調教総合評価から有力人気馬+特に気配の良かった馬の評価を公開!★

■ 調教チェック人:競馬部本部

■ チェックポイント:動き / 馬体 / 内容
評価基準値>> S>A>B>C
※あくまでDKC競馬部の主観です。

クリノガウディー

【栗東・坂路 / 一杯
<51.6-37.7-24.5-12.2>

【評価】
<動き A 時計 A 馬体 B 気配 A>

最終追い切りはハロー明けの栗東坂路で単走。一杯に追われて好時計をマーク。

いやー、いいです。この馬追い切りからの評価は結構高めですね。

動きは力強い、追われてからブレることなく4F51秒台をマーク、終いも12秒台前半でまとめてきたのはハロー明けで走りやすい馬場状況だったとしても評価していいものだと思います。

ただ、問題は前走負けたときも追い切りの雰囲気は非常に良く見えていたというコト。

その前走時よりも一週前追い切りも考慮すると更に雰囲気良く見えるんですがそれでも力量足らずと判断するのが妥当なのかもしれませんね~。

ただ、仕上がりに不足はなし。力出せるデキにあるとは思います。

グランアレグリア

【美浦・南W / 馬也
<69.2-53.0-39.2-13.0>

【評価】
<動き B 時計 B 馬体 B 気配 A>

最終追い切りは藤沢厩舎らしい南Wで馬也での併せ馬。最終追い切りの雰囲気からは抜群の気配が窺えますね。

軽く促されると内目を通りましたが、準OPの古馬相手に余裕の手応えで先着。

バネの効いた走りで前走の最終追い切りの映像が確認できないので縦の比較はできませんけど、かなりの好気配にあると予想するのが妥当ではないかなと思います。

ただ、この記事⇒ 本当に買うべきなのはグランアレグリアなのか?

こちらでも書いた通り、藤沢厩舎がPコースを使って仕上げてくるときは軒並み結果を出せていないという状況は気になるところ。

グランアレグリアの場合は28日、2日、5日と二週前追い切り、一週前追い切りを含む3本Pコース追いで、最終追い切りのみがWコースでのもの。

特に動きに問題があるというコトはないし、負荷をかけらられていないのは藤沢厩舎流。

個人的な見解としてはグランアレグリアが朝日杯フューチュリティステークスで結果を出せるかどうかが、今後の藤沢厩舎の試金石になるのではないかなと思っています。

最終追い切りの内容だけ見るなら仕上がりに不足はなさそうなので普通に評価するのが妥当ではないかとは思いますが…。

アスターペガサス

【栗東・CW / 一杯
<82.9-67.6-52.4-38.3-11.9>

【評価】
<動き B 時計 B 馬体 B 気配 B>

最終追い切りはCWで単走。一杯に追われて稍重だったことを考慮すれば時計も一応評価はできるが、頭の高い走りで気性難という感じ。

この気性の難しさがレースにいってもでるようであればちょっと厳しいかなという感じはしますが、動きに関しては力強さがあり、二週に渡ってしっかり負荷をかけられての調整だということは評価したいところです。

前走時は坂路がメインでいかにも休み明けという感じでしたが、今回はCWを長めから2本と、明らかに一度使った効果が見込めるといった印象を持てました。

気性の問題があるので一概には言えませんが、距離もマイルくらいまであっても良さそうな感じですし、一発穴で警戒する必要のある1頭ではないでしょうか。

マイネルサーパス

【美浦・南W / 馬也
<69.0-53.2-38.6-12.8>

【評価】
<動き A 時計 B 馬体 B 気配 A>

最終追い切りは重馬場のWで併せ馬。若干遅れたが内容は文句なしの調教。

内目を通って遅れたのは大きく追走した分でこれは問題ない遅れだと判断するのがいいでしょう。

それよりも動きが大トビで豪快。これはかなりの雰囲気を感じさせるものでした。

追えば弾けそうな勢いで、まず仕上がりに関して不安がある状況ではなさそうですね。

追い切りの動きを見ていてもコーナーで一旦スピードが落ちるので、外回り阪神の舞台設定は歓迎の口ではないかと思いますし、力強くパワフルなので坂もなんら不安ないと見ていいでしょう。

あとは根本的な力関係ですと輸送のみ。

こればかりはやってみないと何とも言えないですが、現状最高のデキにあると予想できるので勝負になってもいいと思います。

アドマイヤマーズ

【栗東・坂路 / 一杯
<52.9-38.8-25.1-12.6>

【評価】
<動き A 時計 B 馬体 B 気配 A>

最終追い切りは坂路でしっかり負荷をかけられ、併せ馬で豪快に先着。

動きに関してもパワフルで力強さを前面に出しての追い切りとなったわけで、見立て通りいかにも持久力戦で力を出してきそうな印象を受ける1頭です。

対して、一週前追い切りではやや遅れを取りましたがG前に追われてからの反応は抜群で、この内容を見るとどちらかというと瞬間的な速度を問われる展開で結果を出しそうな印象を受けました。

ともに、別角度から見れる追い切り内容を消化してきている点、友道厩舎らしからぬ最終追い切りでしっかり負荷をかけられてきている点などを踏まえると朝日杯フューチュリティステークスにおける勝負気配は結構高そうですね。

休み明けだった前走時もそれなりに仕上がっていると思っていましたが更に上昇しているかもなと思わせられる追い切り内容でした。

ケイデンスコール

【栗東・坂路 / 一杯
<52.5-38.3-25.0-12.5>

【評価】
<動き A 時計 B 馬体 B 気配 B>

最終追い切りは坂路で併せ馬。一杯に追われての調教で一見すると評価できるものなんですが、ちょっと走りがグチャグチャしているような印象。

時計的にはしっかり追われて加速ラップを踏んでいるのでこの点は評価できますし、迫力はあるんで一応動きの評価はAとしましたがちょっと不器用な面がありますね。

これはいろんなところで書かれていることではありますが、確かに朝日杯フューチュリティステークスでは右回りになって手前を変えるなどの時にどうかなと思ったりもします。

それは一週前追い切りからも見て取れますね。しっかり追われているのですが伸びように伸びきれず。逆手前で走っていますのでやはり右回りだと手前を替えるのがうまくいかないのかな?と、思ったりもします。

力はあると思いますがもしかしたらまったく見せ場なく終わるシーンもあるかもしれません。

決して追い切りの雰囲気がいいワケではないのでどちらにせよ、注意しておいたほうがいいですね。

二ホンピロヘンソン

【栗東・坂路 / 馬也
<53.9-39.7-26.0-12.9>

【評価】
<動き B 時計 B 馬体 B 気配 B>

最終追い切りは坂路で単走。軽めに追われての調整となりました。

そこまで間隔が空いているわけでもないですし、一週前追い切りで一杯に追っての調教をこなしているので最終はこれくらいでいいでしょうね。

淡々と進んで最後までブレることなくしっかり坂路を駆け上がってきましたし、これといって大きくいいなと思える点はないですが、逆に悪い点もまったくなくこれが順調ということでしょう。

一週前追い切りでは4F51秒台の時計をマークしていますし、まずデキはいいはずですし走りからはマイルくらいまでならこなしてきそうな印象を受けます。

上手く前々で流れに乗れればそのまま残ってしまうような場面もありそうですけどね。

ファンタジスト

【栗東・坂路 / 一杯
<52.8-38.3-25.0-12.1>

【評価】
<動き A 時計 A 馬体 A 気配 A>

最終追い切りは坂路で一杯に追われて好時計をマーク。併せた相手は格下だったが併入でも明らかに手応えはこちらが上だった。

見た目にはここまで時計が出ているのか?と思うよな感じだったが、終わってみれば綺麗な加速ラップを踏み最後は12.1秒でフィニッシュ。

これまでの調教パターンとしてはほぼ別物でかなり力を入れて仕上げられているなという印象です。

一週前追い切りで50秒を切る時計を見たときはやはりスプリント色が濃いのかなと思いましたが、最終追い切りの内容を見る限りではマイルくらいの瞬発力戦でも対応可能ではないかなという感じです。

ここまで重賞を2連勝してきますが、朝日杯フューチュリティステークスが最もいい仕上がりで挑めるのではないかなと予想できますね。

朝日杯フューチュリティステークス追い切り分析まとめ

ざっと追い切りで気配のよかった各馬を分析していきましたが仕上がり面上々で勝負になるなと思うのはアドマイヤマーズとファンタジストですかね。

人気馬2頭ですが、ちょっと抜けているかもと思わせられる追い切りでした。

グランアレグリアに関してはPコース追いをどう評価するかですが、最終追い切りの雰囲気からは評価は落とせませんね。

最後に、朝日杯フューチュリティステークスの追い切りチェックで最も妙味あり、仕上がり万全の1頭を紹介しておきます。

↓ 仕上がり文句なしの◎ 脅威の末脚でグランアレグリアを脅かす ↓

⇒ 人気ブログランキングへ

勝ち負けできるかどうかは少し微妙ですが、まず力を出せる態勢は整っています。

これまでの中では一番のデキといってもいいでしょうし条件としてもある1点を除けば好転すると考えるのが妥当でしょう。

朝日杯フューチュリティステークスは総じて後継ラップの瞬発力戦になることが多いレースですし、そうなれば上位を窺える好勝負になる1頭だと思います。

<ブログでは書けない情報多数配信中>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

DKC競馬部3年目となるファミリーを募集中!

最近LINE@やる人増えましたね(笑)
その先駆けともなったDKC競馬部お見逃しなく!

現在約7000名以上のファミリーが集結!

いち早くファミリーになることをお勧めします。

↓↓↓↓登録↓↓↓↓

友だち追加

DKCFamily!!

オレタチ(キ▼ー▼)人(▼ー▼キ)マブ

【朝日杯FS】馬主関係者の1点無料
━━━━━━━━━━━━━━━━━
問い合わせ殺到中!話題の馬主情報!

ジャパンCも43万9900円獲得!

大物馬主関係者が大金獲得に挑む

【朝日杯FS・GI】

馬連1点&3連単30点

今回限り特別無料配信!

※早い者勝ちです。お急ぎ下さい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 重賞1点勝負で断然の実績! ■

ステイヤーズS(G2)
[馬連1点勝負]    760円的中
[3連単30点]    5760円的中

ジャパンC(GI)
[馬連1点勝負]    590円的中
[3連単30点]    2690円的中

京都2歳S(G3)
[馬連1点勝負]    730円的中
[3連単30点]    3840円的中

菊花賞(GI)
[3連単30点] 10万0590円的中

毎日王冠S(G2)
[馬連1点勝負]    670円的中
[3連単30点]  1万0170円的中

札幌記念(G2)
[馬連1点勝負]   1330円的中
[3連単30点]  1万6590円的中

フェブラリーS(GI)
[馬連1点勝負]   1140円的中

朝日杯FSの1点勝負を無料入手

TS:朝日杯FS300_250

確実に今週で締め切りになりますのでお早めに!

他のサイトには絶対に真似できない!
究極の馬券術が当たりまくると話題のサイト!

だからこそこれだけの人気を誇り、

最近では無料登録の募集すらしていなかった…。

あまりの的中にオッズが隔たり
無料会員様の募集を一時ストップするほど…。

しかし今回限定30名様で再募集を開始!

情報では見えない「盲点」を突けるのは

<万馬券総合研究所のみ!>

今週は編み出した分析術より

朝日杯FS
3連複勝負馬券!

>>無料配信決定!<<

※残り30名様限定募集です!
お早めにご登録ください!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この他にも無料コンテンツが充実!

重賞レース回顧や、
穴馬を導く「穴馬法則」

更に、厳選された軸馬公開など

豊富なラインナップが大人気です!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■■近走の的中実績がこちら■■

12/9・中山11R カペラS
[3連単:534,180円 的中!]

12/2・中京10R 鳥羽特別
[3連単:179,460円 的中!]

11/25・京都11R オータムリーフS
[3連単:104,000円 的中!]

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

万馬券総合研究所の無料登録はこちら!
今週の重賞レースもお任せください!

万馬券総合研究所 無料登録はこちら

The following two tabs change content below.
【DKC競馬部】

【DKC競馬部】

”競馬で稼ぐ” をモットーに毎週勝負レースの予想を公開中! 結構ガチな予想をしております。予想家始めて3年連続プラス収支継続中。更に勝つために「ノーザン特化のラップ分析」始めました。ラップ分析最強説。