【JBC2018特集】一週前予想|予想オッズ・短評など。最強馬不在で実は大混戦

JBC2018特集の記事を書いていきたいと思います。

2018年のJBCは京都で開催されるということで、

例年以上に注目の集めるわけですが、最強馬が不在で実は混戦模様。

特にJBCのメインを飾るクラシックはケイティブレイブや

3歳勢からオメガパフュームなどが出走はしてくるものの、

ゴールドドリーム、ルヴァンスレ-ヴやグリムなどがいない分

やや低調なメンバーといっていいかもしれません。

2018年のJBCは異様な盛り上がりを見せそうなので

少し早いですがしっかり的中できるように予想していこうと思います。

03be36ad

最強の戦士集結

というわけにはいかなかった2018年のJBC開催。

まあ12月にチャンピオンズカップ(G1)がありますから

そちらを目標にしていた馬もいましたからね。

まあこれは仕方のないことと言えばそうかもです。

その中でも冒頭でも書いたゴールドドリームやルヴァンスレ-ヴは

その口でしょうね。JBCよりもチャンピオンズカップへ。

それでもJBCを目標に仕上げられた各馬が多くおり、

レベルの高い1戦を見れそうなので楽しみではありますよね。

本日はJBC2018特集!各レースの短評や見解、予想など書いていきます。

2018年JBC特集

レディスクラシック

まずはレディスクラシックから。

2018年はラビットラン、プリンシアコーメタなどが出走してきます。

まあ人気になるのもこのあたりでしょうね。

昨年のレディスクラシックは3着に爆穴が入選したこともあり、

3連単で帯封を越える馬券。馬単でも万馬券決着。

圧倒的人気に推されたホワイトフーガの馬券外で、

波乱に終わった1戦でしたが2018年はどうなのか予想してみましょう。

予想オッズはこんな感じになっています。

  1. ラビットラン     2.2倍
  2. プリンシアコーメタ  3.7倍
  3. クィーンマンボ    4.1倍
  4. フォンターナリーリ  8.8倍
  5. リエノテソーロ    10.5倍
  6. アンジュデジール   21.4倍
  7. カワキタエンカ    35.2倍

※netokeiba参照

ざっとこんな感じのオッズが予想されているわけですが

ここ2戦、ダートで好結果をだしているラビットランが1番人気予想。

前走でもプリンシアコメータを下しての勝利と、

まあ人気になるのもわかる1頭ですね。

そして続くのが昨年のJBCレディスクラシックで2着のプリンシアコーメタ。

前走はモレイラの手綱でしっかりと重賞を勝つあたりやはり能力の高い1頭。

今回は武豊騎手への乗り替わりで昨年2着と同一パターン。注意が必要ですね。

そして前走は大きく負けてしまいましたが牝馬限定な主力のクイーンマンボ。

前走は完敗も昇級2戦目で侮れないフォンターナリーリ。

ここまでが一桁台のオッズに予想されています。

確かに上位人気が予想されている各馬は当然かと思えるところで、

実績的にも十分に足りるとは思いますが昨年のようなこともありますし

決して鉄板の決着になるとはいえないところですね。

2018年も波乱には注意して予想しておきたいところです。

個人的な現段階で見解でいえば、2018年は京都開催ということ。

これは一つポイントになってくるかなと思います。

その中で人気はそこまでなさそうですが

「アンジュデジール」

この馬には注目しておきたいなと思っているんですよね。

というのも実績を見ればわかりますが今回人気になりそうな

クイーンマンボ、プリンシアコメータあたりには勝っており、

尚且つ、京都でも好走実績のある1頭。

その頃から比べれば明らかな成長曲線を描いていますので、

昨年は5着敗れましたがコース替わりは一応プラスになると判断。

枠順次第では当然V候補の1頭になりそうです。

JBCスプリント

続いて、スプリントにフォーカスを当てたいと思います。

ここは以外に注目の1戦で、マテラスカイやレッツゴードンキ

他にもキタサンミカヅキなども出走と好メンバーが揃いそう。

注目は前走大井の馬場が合わなかったのか惜敗したマテラスカイ。

恐らくこの馬が当日も1番人気に推されるでしょうが、

巻き返しなるか注目しておきたいところです。

予想オッズはこんな感じになっています。

  1. マテラスカイ     2.2倍
  2. キタサンミカヅキ   4.3倍
  3. レッツゴードンキ   5.3倍
  4. グレイスフルリープ  6.9倍
  5. モーニン       10.7倍
  6. ナックビーナス    17.3倍
  7. ネロ         19.2倍

※netokeiba参照

マテラスカイが2倍台前半で1番人気。

前走の東京盃では1倍台のオッズだったので少し人気を落とす形。

ただ、前走からは明らかに条件好転と見れるので注意が必要でしょう。

その前走の東京盃でマテラスカイを下し勝利したキタサンミカヅキが2番人気。

今が充実期とも思える1頭ですからね、JBCスプリントでも恰好はつけてきそう。

そして牡馬相手でもダートスプリントなら侮れないレッツゴードンキ

前走東京盃で3着と好走したグレイスフルリープが続く形。

ここまでが一桁台のオッズに推される形になっていますね。

基本的には東京盃組が人気の中心になりそうですが、

そこに別路線組からどの馬が絡んでくるのか!?

そして東京盃負け組の巻き返しはあるのか!?

ここがポイントとなりそうです。

しかし、先ほども書いたようにマテラスカイはこの条件ならさすがに…。

と、思わせられるところもありますね。

前走の東京盃は自分のペースで逃げるも敗因は大井競馬の砂でしょうから、

2018年のJBCが京都で開催されるというのはこの馬にとって大きくプラス。

今回も自分のペースを守って逃げることができれば崩れることは無さそう。

そうなると相手候補を探すか、それともマテラスカイに逆らうかですが

どちらにせよ「モーニン」には注意が必要ではないか。

前走のコリアスプリントを制したというのもありますが、

鞍上C.デムーロ騎手が2018年もやってきてモーニンに騎乗。

これは鞍上強化と見てもいいと思いますし、

実績的にはここでは最上位の存在ですからね。

その馬が近走復調気配とくるのであれば当然注意は必要でしょう。

1200mへの距離短縮もいい方法に出たのかもしれません。

芝からの実績馬が何頭か出てくるのでそのあたりに人気がいってくれれば

オッズ妙味もでてくるんですけどね…。

JBCクラシック

最後にJBCクラシックを取り上げたいと思います。

ケイティブレイブ、サウンドトゥルーと

昨年のJBCクラシックの1、2着馬がまた揃って出走。

本当にダートの主力たちは息が長いですよね~。

ケイティブレイブに関しても前走の走りを見ると更にパワーアップ!?

なんて思わせられる面もありましたし、昨年2着の借りを返す。

可能性も十分にあるのではないでしょうか。

ただ、2018年は現ダート界最強と見られるゴールドドリーム他

ルヴァンスレ-ヴなどの出走はありませんが

世代交代なるか!?という着眼点でサンライズソア、

3歳からは先日シリウスSを強烈な脚で制したオメガパフュームなどが出走。

このあたりが人気にもなってきそうですし、新興勢力に注目です。

予想オッズはこんな感じになっています。

  1. ケイティブレイブ   2.3倍
  2. サンライズソア    3.8倍
  3. オメガパフューム   4.5倍
  4. ノンコノユメ     8.5倍
  5. アポロケンタッキー  10.4倍
  6. テイエムジンソク   14.3倍
  7. サウンドトゥルー   19.5倍

※netokeiba参照

ケイティブレイブが2倍台前半で1番人気が予想されていますが

サンライズソア、オメガパフューム辺りも差がなく続き

実質的には3強オッズみたいな形成となっていますね。

やや離れて2018年フェブラリーS馬ノンコノユメが続き、

前走ケイティブレイブには完敗でしたがアポロケンタッキーと

ここまでがいわゆる上位オッズに推される各馬になりそうです。

テイエムジンソクは一時期ダート界の主力になるかと思われましたが

一気に失速し、前走の内容を見る限り少し厳しいかなと思います。

ただ今年のJBCはやはり京都開催となりますので、

中央場所でやれるというのはこの馬にとってもプラスになるかもしれません。

しかし先ほども書きましたがケイティブレイブは前走の内容を見ても

実力的には上位の存在で間違いないですし、

一度使われたことにより更に良くなってきそうで

プラスで斤量減となればちょっと逆らう余地もないでしょうか…。

対するは新興勢力の2頭でしょ。その他はケイティには勝てない。

そう判断して予想していきたいと思います。

サンライズソアもやはり一度使われたことでプラスでしょうし、

京都の舞台は重賞の勝鞍もありと言う舞台設定。

JBCクラシックでも軽視できない存在となりそうですが

2番人気というのは少し過剰気味な気がしなくもないですね(笑)

それなら「オメガパフューム」がおもしろい存在。

前走の内容を見てもこの馬相当強いかなと思わされましたし、

なにせ今の3歳勢は勢いもありポテンシャルも高い。

それがダートだとより顕著に出ている印象を受けます。

ケイティブレイブを負かすなら同じような位置にいる馬よりも、

オメガパフュームのように真逆の脚質で勝負してくる馬でしょうね。

JBC2018特集まとめ

ということでざっと2018年に開催されるJBC3重賞の短評を書いていきましたが

今年はどれをとってもおもしろみがありそうですね。

個人的に注目したいのはやはりクラシックの3歳。

オメガパフュームの存在はかなり気になるところです。

では最後に。2018年JBCクラシックから

現時点でDKC競馬部が穴でおもしろいと思っている馬を発表。


 人気ブログランキング

基本的には堅い1戦ではあるが、今年穴を空けるならこの馬ではないか。

全くの人気薄ではあるが、前走に関しては敗因も明白で

条件替わりはプラスになりそうな1頭。

枠順次第ではあるものの、実力的には通用する余地もあるし、

完璧にハマれば連対、勝ちまであっても不思議はなさそう。

実際条件次第ではかなりのメンバーとも対峙しているのだから

この人気ははっきり言っておいしすぎると思います。

<ブログでは書けない情報多数配信中>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

天皇賞(秋)もなにかしら配信しますよ!

DKC競馬部3年目となるファミリーを募集中!

現在約7000名以上のファミリーが集結!

いち早くファミリーになることをお勧めします。

━━━━━━━━━━━━━━━━
▼DKCFamily絶賛募集中▼

Let’s

↓↓↓↓登録↓↓↓↓

友だち追加

DKCFamily!

オレタチ(キ▼ー▼)人(▼ー▼キ)マブ

グリーンチャンネルの元パドック解説者!
元ダービーニュース専属トラックマン!

「柴崎幸夫」 監修!

徹底した情報で馬券的中に繋げるからこそ
絶大な指示を誇るサイト!

それがHIGH VOLTAGEなのです!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

本物の情報だけに拘る”厳選勝負馬券”

■先日も【新潟8R 3歳上500万】にて

「197万4900円」

<3連単大本線的中!>

一般には出回らない厳選された情報が
今ご登録頂くと完全無料で受け取れる!

「 JBC3重賞 」

【3連複7点勝負】の厳選勝負情報!

>>無料登録はこちら!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■近走の的中実績も確かなもの!

10/14・京都11R   5万6000円的中
10/07・東京08R   11万4500円的中
10/06・東京11R   12万600円的中
09/23・中山12R   81万7600円的中
09/09・中山11R   4万1720円的中
09/09・阪神09R   13万4700円的中

これだけの実績を毎週会員様にお届けできる!

自信をもった小点数勝負が人気の証です!

週二回更新される柴崎さん本人が綴る「柴ブロ」が大人気!

ここの情報だけでも登録する価値があると思いますね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■完全無料で厳選勝負情報を公開!■■

JBC3重賞も無料配信が決定しております!

JBCの特選情報を受取る

The following two tabs change content below.
【DKC競馬部】

【DKC競馬部】

” 競馬で稼ぐ ” をモットーに毎週勝負レースの予想を公開中! 結構ガチな予想をしておりますが、競馬で最も大切なことは 「 愛と情熱 」 です。2016年度年間回収率156%!2017年度も約120%!2年連続+収支確定!これからも全力で予想し皆様のお力になれる予想をお届け致します!