【菊花賞2018】追い切り展望&調教評価|好仕上がりの5頭をピックアップ

菊花賞2018の追い切り分析を中心に記事を書いていきます。

そもそもG1、更に菊花賞ともなればどの馬も渾身の仕上がり!

ってのはそれこそ当然の話かなと思ったりします。

そりゃそうですよね、最大目標に菊花賞を置きここまで調整されてきた。

それが普通の考え方かなと思います。菊花賞を叩いて!なんてことはない。

本日はその中でも前走からの大きな上積みが見込めそうな馬、

ここ一番の調教をつけられた馬などをピックアップして発表します。

有力馬の中で甲乙つけられるのか。淀の3000mで力を出せる状態なのか。

菊花賞の追い切り分析はちょっと重要ですよ。

前田タイソン

▼動画でも菊花賞の展望を公開中!▼

前田さん菊花賞当てる気満々じゃねーかよ!

ろくでなしの皆さんこんにちは。ブルースの皆さんこんにちは。

どうも、ろくでなしブルースをこよなく愛する咲助です。

僕らがまだ中学生のころだったでしょうか。

えらくろくでなしブルースにはまりましてね~。

前田さんかっちょええ!なんてなったものです。

実際四天王の中で誰が一番強いのか!?そして前田さんとは!?

ということで、今日はろくでなしブルースの考察記事を・・・

「否」

失礼。いきなりろくでなしブルースについて熱く語ってしまうところでした。

本日は、菊花賞の追い切り展望記事です。

菊花賞の予想展望の記事はこちら

菊花賞の出走予定馬分析の記事はこちら

菊花賞追い切り分析|展望

出走馬全頭の最終追い切りをチェック!!

★ 調教総合評価から有力人気馬+特に気配の良かった馬の見解を公開!★

■ 調教チェック人:競馬部本部

■ チェックポイント:動き / 馬体 / 内容
評価基準値>> S>A>B>C
※あくまでDKC競馬部の主観です。


はっきり言ってしまえば冒頭でも書いた通りどの馬もいいに決まってんですよね。

その中でどこをどうチョイスしていくか!?ってのが重要になるわけで。

2018年の菊花賞は「乱菊」と言われているわけで。

それはね。前回の記事でも書いた通り。

まあ御託は後で早速行ってみましょか。

ブラストワンピース

【美浦・南W / 馬也
<67.3-51.0-36.9-12.5>

【評価】
<動き B 時計 B 馬体 A 気配 A>

最終追い切りは3頭併せの最内を通ってという調教内容。

最内を通っているので時計的な評価はそこまで必要ないでしょう。

動きに関しては力強くいかにも状態面が良さそうな印象で、

パワフルな馬体からは仕上がりの良さを窺わせるなという感じ。

前走の新潟記念時と比べても並みかそれ以上とみていいでしょうね。

今がピークの仕上がりにありそうで、

当然菊花賞でも力を出せると判断すべき追い切りだったと思います。

一週前追い切りも上々の内容で消化しているだけに、

追い切り面からのマイナス要素はないと判断していいでしょう。

【豊富なスタミナはありそうだが、不安点も…】

距離に関しても、これは毎日杯の時点でこなせると判断できている。

スローペースで流れた1戦ではあるが2番手で競馬をし、

最後は後続勢が殺到するなかで上り2位の脚で悠々先着。

豊富なスタミナと能力があるからこその内容だったなと思う。

ただ、脚取りなどを見ているとどうしても硬さが残るというか

いかにも中距離向きのタイプにも映る。

菊花賞に関してはこなせなくはないが本質的には不安。

掲示板がいいところなのかもしれない。そう判断してもいいかも。

エタリオウ

【栗東・CW / 一杯
<83.4-67.9-52.7-38.2-11.7>

【評価】
<動き B 時計 B 馬体 B 気配 A>

最終追い切りはCWで3頭併せの中で一杯に追われる調教内容。

遅れをとっているので見た目的にはあまりよくは見えないものの、

追い切りでいつも特出して動いてくるわけではないので

そこまで悲観する必要はないかなと思います。

動きに関しては上々で、前走時からの上積みもありそうな雰囲気。

気配としては悪く無いかなという印象を受けました。

最終追い切りで併せ馬を慣行されたこと、CWに変更してきたこと。

調教過程の全てが菊花賞への意気込みを感じさせるいい追い切りだったと思います。

【距離延長は歓迎の口 舞台設定◎】

戦前から菊花賞は舞台設定が合いそうなどと言われてきた同馬。

確かに距離延長はプラスに働く可能性が高く、

中長距離向きの1頭ではないかなと思います。

さらにそれに伴うだけの仕上がりにもありそうですし、

普通に有力候補の1頭と判断していいと思います。

エポカドーロ

【栗東・CW / 仕掛
<69.6-52.8-38.0-11.7>

【評価】
<動き A 時計 B 馬体 B 気配 A>

最終追い切りはCWで併せ馬調教。仕掛けられるとグンと伸び、雰囲気は抜群。

時計的にはやや物足りない印象を受けなくもないが、この馬にしてみれば上々。

ダービー時の最終追い切り時計と比べるとかなり早く評価していいものだろう。

さらに動きにも力強さが増しておりいかにも気配は抜群という感じ。

追い切りを評価する際に必要な縦の比較では明らかに力をつけている印象だ。

前走時とは打って変わってのCWを主体とした調教内容で、勝負気配も高い。

仕上がりに関しては抜群、好勝負になってもいいだろう。

【距離に一抹の不安こそあるものの…】

やはりエポカドーロの場合距離にどうしても不安が残る。

フットワーク、馬体などを見るとどうしても長距離でどうか?

ダービー時も展開の助けがあり一杯一杯の印象だった。

ただ、この時は逃げての競馬というのもひとつあったのかもしれない。

前走の内容を見るとまだ余裕のありそうな印象もあり、

見た目以上にスタミナに関しては問題ないのかも!?

2冠を獲るチャンスは十分にある1頭ではないかと思う。

ジェネラーレウーノ

【栗東・CW / 一杯
<50.9-37.0-11.7>

【評価】
<動き B 時計 B 馬体 B 気配 A>

最終追い切りは一週前に栗東に入りCWで4F単走の調教。

早めに栗東に入ったのは普通に評価していいものでしょう。

これだけでも菊花賞に対する意気込みを感じれる部分でもある。

4F追い切りになったのは3000mの菊花賞ということを考えると

決して評価できるものではないが、動きとしては前半はやや堅さが目立ったが

追われてからはフットワーク大きく豪快な走りで力強さを感じさせた。

栗東での追い切りということで比較対象がないが動きは上々と見てヨシ。

力を出せる態勢にあるのは間違いないと判断していいでしょう。

【持久力勝負なら京都3000mでも。】

はっきり言ってしまえば菊花賞の舞台設定でどうか。

という不安はあります。

京都の舞台設定上3~4コーナーへかけての下り坂で

ここでスピードがアップ。他馬がスピードダウンするところでこそ

この馬の持ち味であるスタミナ、脚力が生きると考えています。

その点どうしても他馬も共にスピードが上がるこの舞台が微妙。

ただ、3000mなら話は別かと思います。豊富なスタミナを生かし

持久力勝負に持ち込めれば一発があってもいいのでは。

グロンディオーズ

【美浦・南W / G前追
<64.8-50.1-36.6-12.5>

【評価】
<動き B 時計 B 馬体 B 気配 A>

最終追い切りは南Wで3頭併せ。最内を通りG前追われる調教内容。

最内を通りましたが全体時計で自己ベストを更新し、

動きに関しても迫力満点でデキの良さを感じさせるもの。

ここ2連勝中と勢いを感じさせますが、さらに成長を感じさせました。

タイプ的には秋華賞に出ていたミッキーチャームみたいな感じ。

大一番に向けての仕上がり自体は悪く無く勝負になると見てヨシ。

【距離延長3000mでも対応できる】

前2走の内容を見ると距離が延長して3000mでも十分に勝負になりそう。

特に前走は2000m戦ではあったがまだまだ余裕のある走りで、

2番手追走から上り最速で後続を3馬身突き放す内容。

豊富なスタミナがあるからこそできた芸当ではないかと。

2走前に関しても東京2400mを楽々上り最速で悠々先着の内容。

3000mなら守備範囲と見ていいだろう。

菊花賞追い切り分析とまとめ

ということでざっと特に上位評価できる5頭をピックアップしましたが

その他各馬においても好仕上がりにあると判断することができます。

特に気になったのは関東から関西へ早めに入厩している3頭。

上記であげたジェネラーレウーノもそうですが、他に国枝厩舎の2頭。

「コズミックフォース」「オウケンムーン」です。

この2頭共に仕上がりに関しては悪いはずがないというような動きで

共に前走時からかなり雰囲気を上げてきているなという印象を受けます。

どちらかが穴を空けてもなんら不思議はないでしょうね。

さらに神戸新聞杯で逃げ粘った「メイショウテッコン」

最終追い切りが18日ということで現時点(18日昼間)では

映像などが確認できていないものの

一週前追い切りの気配を見る限りでは前走以上。

気性面が非常に気になる1頭ではありますが気配は悪く無いです。

あとは「ステイフーリッシュ」が上昇ムードですかね。

時計面的に目立ったところはないのですが坂路での動きが抜群。

前走は勝負どころで置いていかれましたけど

菊花賞では巻き返しがあってもいいかなと思うところですね。

どれをとっても追い切りからはいいな!という感じなのですが、

中でも抜群の気配!と、思える馬がいましたので

いつも通りランキングの紹介欄に馬名を掲載しておきます。

ということで。2018年菊花賞

もっとも評価できる好仕上がりの馬はこの馬です。


 人気ブログランキング

仕上がりに関しては横一線かなという感じなのですが、

前走からの上昇気配、更に前走からの条件好転と考えると

この馬は一発があってもいいのではないかと思います。

過去に菊花賞で好走した馬の好走パターンにも該当しますし、

距離はこれくらいあるのが実はいいのかも。

最終追い切りの気配からも全く侮ることのできない1頭ですよ。

<ブログでは書けない情報多数配信中>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

秋華賞では◎カンタービレを見解付きで公開!

今週もなにかしら配信しますよ!

DKC競馬部3年目となるファミリーを募集中!

現在約7000名以上のファミリーが集結!

いち早くファミリーになることをお勧めします。

━━━━━━━━━━━━━━━━
▼DKCFamily絶賛募集中▼

Let’s

↓↓↓↓登録↓↓↓↓

友だち追加

DKCFamily!

オレタチ(キ▼ー▼)人(▼ー▼キ)マブ

確実に今週で締め切りになりますのでお早めに!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

他のサイトには絶対に真似できない!
究極の馬券術が当たりまくると話題のサイト!

だからこそこれだけの人気を誇り、

最近では無料登録の募集すらしていなかった…。

あまりの的中にオッズが隔たり
無料会員様の募集を一時ストップするほど…。

しかし今回限定30名様で再募集を開始!

既に先週週末だけで18名様の方がご登録!

※残り12名様のみとなりました。

情報では見えない「盲点」を突けるのは

<万馬券総合研究所のみ!>

今週は編み出した分析術より

【菊花賞3連複勝負馬券】

>>無料配信決定!<<

※残り12名様限定募集です!
お早めにご登録ください!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この他にも無料コンテンツが充実!

重賞レース回顧や、
穴馬を導く「穴馬法則」

更に、厳選された軸馬公開など

豊富なラインナップが大人気です!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■■近走の的中実績がこちら■■

10/13・新潟10R 瓢湖特別
[3連単:2,272,040円 的中!]

10/07・東京10R テレビ静岡賞
[3連単:217,260円 的中!]

09/23・中山10R 外房特別
[3連単:253,280円 的中!]

◆他的中実績は下記リンクから閲覧可能◆
⇒ 万馬券総合研究所の的中実績はこちら!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

万馬券総合研究所の無料登録はこちら!
今週の重賞レースもお任せください!

万馬券総合研究所 無料登録はこちら

【菊花賞】馬主関係者の1点勝負無料
━━━━━━━━━━━━━━━━━
問い合わせ殺到中!話題の馬主情報!

直近の重賞1点勝負でも45万円獲得

大物馬主関係者が大金獲得に挑む

菊花賞・馬連1点勝負

今回限り特別無料配信!

※早い者勝ちです。お急ぎ下さい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 重賞1点勝負で断然の実績! ■

毎日王冠S(G2)
[馬連1点勝負]  670円的中
セントウルS(G2)
[馬連1点勝負]  730円的中
紫苑S(G3)
[馬連1点勝負]  680円的中
札幌記念(G2)
[馬連1点勝負] 1330円的中
小倉記念(G3)
[馬連1点勝負]  790円的中
アイビスSD(G3)
[馬連1点勝負] 1020円的中
フェブラリーS(GI)
[馬連1点勝負] 1140円的中
ジャパンC(GI)
[馬連1点勝負] 1770円的中

菊花賞の1点勝負を無料で入手!

TS:菊花賞300_250

The following two tabs change content below.
【DKC競馬部】

【DKC競馬部】

” 競馬で稼ぐ ” をモットーに毎週勝負レースの予想を公開中! 結構ガチな予想をしておりますが、競馬で最も大切なことは 「 愛と情熱 」 です。2016年度年間回収率156%!2017年度も約120%!2年連続+収支確定!これからも全力で予想し皆様のお力になれる予想をお届け致します!