【白山大賞典2018】予想展望と先週の結果報告

白山大賞典2018の予想と展望を中心とした記事を書いていきます。

明日(2日)に金沢競馬場にて開催されるJpn3の1戦。

2018年はJBCが11月に京都で開催されるということもあり

それなりにメンバーが揃い、見応えがある1戦が期待されます。

人気の中心に推されそうなのはミツバ、センチュリオン、ドンフォルティスなど

ここで賞金を加算しておきたい馬も多数と取捨が難しい1戦となりそうです。

果たして秋のG1戦線に向けどの馬が1着で駆け抜けるのでしょうか。

本日は白山大賞典に出走する各馬を分析し予想していこうと思います。

3a3e8d85ca3a1a5aeaa4c3534161d651

先週の結果報告

そうなんです。

スプリンターズS含め、壊滅に陥った先週の2日間。

確かに馬場状況など読みにくい部分も多く難解な週ではあった。

しかし、ここまで結果を出せなかったのは騎手も、馬も、誰も悪くない。

「原因は必ず自分にあるのである」

例えば、極端例をひとつ上げるならば

土曜中山11R「ロードカナロアM」中山マイル1600万戦。

DKC競馬部が最終的に打った印がこちら。

◎04ウイングチップ (7人気/8着)
○05キャプテンペリー(9人気/2着)
▲02プロディガルサン(1人気/1着)
△03キロハナ    (3人気/5着)
△06テンクウ    (2人気/9着)

小頭数でもあり、ある程度印は絞れたのですが3着抜け痛恨。

しかも◎が好走しないという事態。

ウインはウインでも更に人気薄のウインフェニックスが好走。

対抗に2着好走した穴のキャプテンペリーを抑えているだけに痛かった。

むしろ逆らわずにプロディガルサンから行けばという話。

それなら最悪2連系は抑えることに成功しただろうと思う。

さらにもっと言えば3着好走のウインフェニックス(11人気/3着)

これはDKC競馬部内におけるMy注目馬。

そのメモの中に「叩き良化型の1頭 凡走繰り返しピークの状態で買い」

と、入っている。実際2走前には▲の評価、前走で△の評価を与えており、

買い時は今回だった。という風に判断できるだけに分析が甘かった。

完全に相手強化で軽視してしまったが馬場状況なども合いまった。

大反省すべき1戦。競馬にたられば禁物といえど反省は必要で、

こういう穴馬を抑えれな方tのは痛恨の痛手なのである。

更に同日、阪神メインの「シリウスステークス」ダート2000m戦。

これも反省すべき点が多いレース、分析力の甘さが出た。

DKC競馬部が最終的に打った印がこちら。

◎01ミキノトランペット(4人気/8着)
○14サンライズソア  (3人気/3着)
▲16ウェスタ―ルンド (7人気/2着)
☆15ラインルーフ   (5人気/14着)
穴13コスモカナディアン(12人気/5着)
△03オメガパフューム (2人気/1着)
△06クインズサターン (6人気/9着)
△08グレイトパール  (1人気/11着)

それなりに広めに印を打ち、○▲と高評価を与えた馬が好走。

しかし軸馬が走らずじまいで完全な縦目決着。

このレースは予想にかなの時間を要し配信を遅れせてまで悩んだ1戦。

30週くらい回って軸は敢えてのミキノトランペット。

これにはしっかり根拠もあったし”まともなら”好走した1頭だったと思う。

というのもスタートし、ダートに替わった直後に躓いたか後方に。

これでは本来の力は出せないし、1枠という難しい枠が仇になる。

ここは分析力といよりは不運、軸馬の選定ミスというところだろうか。

普通に捻らずソアから行き点数絞れば的中できたレースだった。

なにせ、グレイトパールはおもいっきり軽視。

最後の抑えまで評価を下げて挑んだ1戦だったので

これまた痛恨の痛手となった。

しかしこれも自らのツキ。

仲良くさせてもらっている「予想家ナツさん」はこの日、重賞もしっかり的中させ

高回収で終わられた。やはり持っている人は凄い。さすがだなと改めて思った。

対して、DKC競馬部ではこの日はこの2本を含め的中0という結果。

これは痛恨。どこかではめておくべき1戦だったのは間違いない。

そして日曜メインの「スプリンターズS」中山1200m戦G1。

この日は台風の影響で阪神が中止。中山でしっかり結果を出すべきトコ。

しかしここも先に書いておくが不的中の結果となってしまった。

DKC競馬部が最終的に打った印がこちら。

◎10レッツゴードンキ (4人気/5着)
○05アレスバローズ  (6人気/14着)
▲15ムーンクエイク  (7人気/13着)
☆12ナックビーナス  (2人気/7着)
△03ワンズインナムーン(3人気/6着)
△08ファインニードル (1人気/1着)
△06ダイメイプリンセス(10人気/4着)
△11セイウンコウセイ (8人気/12着)
△16レッドファルクス (5人気/10着)

ここまで印を回して馬券内に好走したのは1頭。

しかもファインニードルのみでこれはもうどうしようもない結果。

ラブカンプーに関しては10回予想しても買えないと思います。

それくらいこない自信のほうが高かった。

ラインスピリットは抑えれた存在ではありましたが馬場状況と枠を考慮。

それまでずっと高い評価を与え続けただけにかなり悔しい結果となり、

軽視したファインニードルが勝つというまあどうしても取れない1戦。

G1なのでなんとか仕留めたかったですが完敗で次に生かすしかない。

先週は会員様には本当に申し訳ない結果となってしまったなという週でした。

結果、9月期は通常コース、VIPコース共にマイナス収支で終了でしょう。

流れが非常に良くないのは間違いない。

しかし、悪い時は悪いが、いい時はいい。

悪い時にどれだけいい方向に流れを変えれるがが重要で

この時にどれだけマイナスを減らし、いい時に+を得れるか。

それが重要となってくるわけですよね。

そして、いいタイミングで今月から10月期の開催となるわけです。

この3ヶ月DKC競馬部覚悟を決め勝負します。

2018年初めに言いました。3年連続で+収支を叩けなかった場合、

来年度の予想は無料で公開させて頂くと。

現時点ではかろうじてという感じでプラス収支ではありますが

9月の流れを引きずればマイナス収支に転落します。

そんなことが許されるだろうか!?間違いなく許されませんね。

なので。

10月期~3ヶ月(有馬記念終了まで)連続でプラスを叩けない場合は

それなりのリスクを背負い挑もうと思います。

DKC競馬部には永久会員様がいるので予想家を引退するという

無責任なことはできません。なので引退はありません。

しかし、来年度の募集を一切行わず、無料で通常コースを公開。

どれだけ調子があがろうとも、一切の会員様を募りません。

当たらぬ予想家、勝てぬ予想家が会員を募るなんてバカな話もない。

そんな予想家の情報、予想など誰が参考にしたいのか!?

しかし会員様に支えられての予想家であることは変わりないので、

DKC競馬部として、これは生活問題に関わります。

なので、必ずこの3ヶ月連続プラス収支を決めて見せます。

もしかしたらこのタイミングで年内最後の会員募集をするかもしれません。

そのときは皆さん、DKC競馬部の覚悟是非受け取ってください。

白山大賞典予想展望

それでは前置きが長くなってしまいましたが白山大賞典の予想へ。

まず出走各馬を紹介しておきます。

  • 01ドリームズライン
  • 02マイネルリボーン
  • 03ムーンファースト
  • 04モズオトコマエ
  • 05カツゲキキトキト
  • 06ミツバ
  • 07タガノヴェリテ
  • 08センチュリオン
  • 09ドンフォルティス
  • 10マイネルバサラ
  • 11グリム

基本的に金沢競馬場というのは外枠有利の傾向にあります。

そして今回人気になるであろう馬が外目の枠配置となり、

これは少々堅いかなという印象を受けることとまりましたね。

3歳勢の「グリム」「ドンフォルティス」あたりに関して言えば、

特に道中、馬群で揉まれたくない馬なだけにこの枠順は大きくプラス。

好走する確率はグンと上がったといってもいいと思います。

しかし、古馬上位勢の層も2018年は厚いです。

その筆頭格となるのが「ミツバ」でしょう。

前走のエルムSは厳しい枠配置となり後方からの競馬を選択。

それでもきっちり最後は伸びてきての3着と内容は上々でした。

白山大賞典では正直相手関係が楽になるといえるし、枠もまあ悪くない。

本来の力を発揮できるとすれば圧勝まであっていいかなと思います。

そして3月のマーチS以来と休み明けだが「センチュリオン」も侮れず。

地力で言えばミツバとそう変わりないのではないかなと思います。

休み明けではあるものの、秋のG1戦線にチャレンジするとなると

もう少し賞金を加算しておきたいだけにここも本腰の可能性アリ。

枠順も外目のいいところに入りましたし、

好スタートを決め好位を取れれば崩れることは無さそうですが。

そして地方勢の代表格として「カツゲキキトキト」も候補に挙がる。

昨年の白山大賞典でも中央勢を抑えて2着と好走。

勝馬には完敗の印象を受けましたが地力は中央勢にも勝る。

そんな風に予想できる1頭ではあります。

当然好走した舞台であるだけに今年も注目の存在ではありますが

昨年と大きく違うローテーションは気になるところ。

昨年は休み明け3戦目とピークかと思う状態面での出走でしたが、

2018年は6月からコンスタントに使われており状態面の上がり目はどうか?

層も昨年の白山大賞典より厚くなるだけに厳しいレースにもなりそうですが。

白山大賞典予想まとめ

ということでざっと展望を見ていきましたが、

正直波乱決着は望みにくいなと思うところです。

どこまで印を絞ってどこから入るのか。

これが重要となってきそうな1戦ですね。

予想ポイントとしては圧倒的に前有利の外枠優勢。

これは抑えて置きたいところではないでしょうか。

最後に。2018年の白山大賞典

現時点で本命候補の馬を紹介します。


⇒ 人気ブログランキング

まず勝ち負けできると判断。

好走条件としては揃っているし、ここは賞金もほしいところ。

地力は見劣らないですし危険な実績馬から入るよりは期待値も大きい。

■白山大賞典の最終結論はLINE@で配信します!

<< 更に!!! >>

■突然の!注目情報を稀に配信する!

■週末重賞の予想人誰かしらの最終結論を公開!

DKC競馬部3年目となるファミリーを募集中!

現在約3300名のファミリーが集結!

いち早くファミリーになることをお勧めします。

━━━━━━━━━━━━━━━━
▼DKCFamily絶賛募集中▼

Let’s

↓↓↓↓登録↓↓↓↓

友だち追加

DKCFamily!

オレタチ(キ▼ー▼)人(▼ー▼キ)マブ

━【PR】━━━━━━━━━━━━━━
日々の研究により開発された独自の馬券術
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

他のサイトには絶対に真似できない!

情報には見えない盲点を突けるのは
万馬券総合研究所のみ!

今週は編み出した分析術より

毎日王冠
3連複勝負馬券!!

>>無料配信決定!<<

※お早目にご登録ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この他にも無料コンテンツが充実!

重賞レース回顧や、
穴馬を導く「穴馬法則」

更に、厳選された軸馬公開など

豊富なラインナップが大人気です!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■■近走の的中実績がこちら■■

09/23・中山10R 外房特別
[3連単:253,280円 的中!]

09/15・中山11R レインボーS
[3連単:370,620円 的中!]

09/08・中山10R 鋸山特別
[3連単:41,760円 的中!]

他的中実績は下記リンクから閲覧可能
⇒ 万馬券総合研究所の的中実績はこちら!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

万馬券総合研究所の無料登録はこちら!
今週の重賞レースもお任せください!

万馬券総合研究所 無料登録はこちら

―【PR】――――――――――――――
業界最高水準!全額保証!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

独自の情報網とデータを解析し、

ただの的中ではなく高配当を狙い撃つ!

過去には帯封越えの特大馬券も多数的中!

真の情報とシャーロックが誇る独自解析で

高配当馬券を量産!

◆ーーーーーーーーーーーーーーーーー

業界の中枢にはまで張り巡らせた独自のコネクション

この情報網により膨大な有力情報を独占入手!

長年に渡る膨大な過去データを集計し数値化。

分析・解析を行いシミュレート完璧にこなす!

これが”驚異的とも言える的中率”を出せる秘訣!

◆ーーーーーーーーーーーーーーーーー

今週は重賞「毎日王冠」の情報を公開!

その目でシャーロックの凄さを目の当たりにしてください。

▼登録は無料!こちらから▼

The following two tabs change content below.
【DKC競馬部】

【DKC競馬部】

” 競馬で稼ぐ ” をモットーに毎週勝負レースの予想を公開中! 結構ガチな予想をしておりますが、競馬で最も大切なことは 「 愛と情熱 」 です。2016年度年間回収率156%!2017年度も約120%!2年連続+収支確定!これからも全力で予想し皆様のお力になれる予想をお届け致します!