【日本ダービー2016予想】穴馬は~っけん!!!&最終追切チェック!! 厳選馬5頭紹介!

D&KCompany競馬部です!

とうとうやってきました

2016東京優駿日本ダービーG1

超豪華メンバーによる三歳最強馬決定戦

日本ダービー …

皆さまはどのような印象をお持ちでしょうか?

競馬部では、大波乱は無いが少々荒れる

といった印象を持っています。

そこで、本日は(旧)ブログからの

– 大人気コーナー –

穴馬は~っけん!!!

最終追切チェック!!

こちらの記事を書いていきます。

(更新が遅くなり申し訳ありませんでした(__))

実は毎週ここで取り上げた馬が馬券内に来ております!

今回も穴馬をビシッと選定し

超豪華馬券を頂きましょう。

( ̄▽ ̄)( ̄▽ ̄)( ̄▽ ̄)( ̄▽ ̄)

キズナ 画像

余談ですが、今年の日本ダービー

少し キズナ が勝った 2013年に似ている気がしています。

この年の背景はこうでした。

3強と目された

・エピファネイア

・ロゴタイプ

・コディーノ

ですが、1番人気に押されたのは

別路線からの立役者

・キズナ

大外一気の競馬でダービー馬へ。

■ 日本ダービー最終追切チェック!!

出走馬全頭の調教をチェックし

厳選した5頭をご紹介します!

今回はどの馬も変わりないほどの出来栄え。

中でも特筆すべき馬をご紹介します

■ 調教チェック人:浪漫の伝道者 咲助

■ チェックポイント:動き / 馬体 / 内容

評価基準値>> S>A>B>C
==Point========================
1つでも S評価 があれば買うしかない!!
– JRA -VAN NEXT 参照 –
※あくまで競馬部の主観です。
==============================

■ ディーマジェスティ

f-hr-tp0-160525-0019

写真引用元:JRA-VAN NEXT

外厩:在厩調整
動き S 時計 A 馬体 A 気配 S

5月25日 南W 併馬 G前追い

コメント:皐月賞時よりパワーアップした印象を受ける

鋭い目つきで気配も絶好の印象。無理せずの時計で

状態面もすこぶるいいと判断。

■ エアスピネル

f-hr-tp0-160525-0032

写真引用元:JRA-VAN NEXT

外厩:在厩調整
動き A 時計 A 馬体 A 気配 A

5月25日 栗東坂路 併馬 強目

コメント:ここにきて状態面が上がってきた印象を受ける。

馬体も少し大きくなったように映る。

目つきも鋭く好気配。

■リオンディーズ

f-hr-tp0-160525-0024

写真引用元:JRA-VAN NEXT

外厩:在厩調整
動き A 時計 S 馬体 A 気配 A

5月25日 栗東CW 3頭併馬 G前

コメント:本番を想定した調教

これは好感を持てる。気性が難題な馬だけに

スムーズに折り合えば最後の爆発力は期待できる

仕上がりに不足はなさそう。

■ レッドエルディスト

f-ph-tp0-160525-0004

写真引用元:JRA-VAN NEXT

外厩:在厩調整
動き A 時計 A 馬体 A 気配 A

5月25日 栗東坂路 併馬 一杯

コメント:前走時より筋肉量も目立ち

目つきもいい。まだ粗削りな印象も

力強い動きで、仕上がりはいい。

▶ 人気ブログランキングへ!

外厩:在厩調整
動き S 時計 A 馬体 S 気配 A

5月25日 栗東CW 3頭併馬 一杯

コメント:まさにここが最大目標といったデキ

仕上がり面でいえばこれまでを超えている。

迫力があり、馬体にもすごみを増した。

適性面も明らかに前走よりはプラスと見る。

■ 穴馬は~っけん!!!

==Point========================
計りにくい 力関係 ここを目標に

仕上げてきている馬を読み解くのが

的中へのカギと見る。
==============================

■ エアスピネル

前走:皐月賞 5着(繰上がり4着)

2歳時にはかなり有力視されていた同馬も

今や7番人気(金曜時点) の評価

前走に関してもなんら悲観する内容ではないし

むしろ、あの位置でぶつけられながら

よく粘ったと判断する。

距離、初の左回り と懸念点もあるが

それを補って余りあるくらい競馬の上手な馬

しかも、この枠なら鞍上が上手く操縦できれば

距離はギリ持つし、これまでの走りを見ても

東京は合いそうな気がする。

そして、ある馬との絆を感じる一頭。

■ レッドエルディスト

前走:青葉賞 2着

前走をかなり評価している。

確かにメンバーは一線級から落ちるものの

走破タイム、上がり3ハロンは一線級

脚質は一辺倒なものの、前3走で

上がり3ハロン最速、そしてタイムがいい。

前走に関しては (35.9-35.8)の展開を

同馬は33.9秒の脚を使っている。唯一の33秒台

爆発力はこのメンバーでも劣ることはない。

この枠なら可も不可もなく。

いつも通りの競馬で通用するか、否か。

■ マウントロブソン

前走:皐月賞 6着

調教からは前走よりよくなっている印象を受けた。

どうしても上位メンバーからは

一枚劣ると思うが、2歳時東京の舞台で

ディーマジェスティの2着と好走したこともある。

コース適性がある可能性もあり侮れない1頭。

前走のようなハイペースになったら厳しいが

時計が落ち着くようなら粘り込みできる力はある。

■ プロディガルサン

前走:青葉賞 4着

まさか8枠18番を引くとは思わなかったが

ここを目標に仕上げられた1頭。

前走に関してはなにかチグハグな競馬で

仕上げに不足があったと思える内容。

休み明けを叩いて最高の状態でこの舞台

調教からも状態面は確実に良化している。

この枠に入ったことで前々日時点で

単勝人気 150倍のオッズ。

ここから狙うことはさすがにできないが

ここまで人気が落ちる1頭じゃないことは

頭の片隅に入れておくべき。

■ アグネスフォルテ

前走:京都新聞杯 2着

以前にも書いたが距離を伸ばして

パフォーマンスが上がっている1頭。

ただ、このメンバーでは力が足りないのも事実

だが、展開がハマる可能性はあり

そうなればしぶとい脚を使いそう。

3着なら十分に感じる。

以上!!

1頭を除いては展開に左右される馬ばかりも

ハマれば券内十分に感じる。

特に、前に行きそうな馬は全力で軽視されており

盲点になっていることを忘れてはいけない。

ダービーで穴をあけるのは前に居る馬

そして、明日更新予定ではあるが

これまで競馬部総本部から更新された

2016東京優駿日本ダービーの件で上げた記事

1つ1つを振り返って頂きたい。

きっと1つの答えにたどり着けると思います。

2016日本ダービー開催まで

残り1日!

The following two tabs change content below.
【DKC競馬部】

【DKC競馬部】

予想家No,1を目指しております。 結構ガチな予想をしております。予想家始めて3年連続プラス収支継続中。更に勝つためにラップ理論にて猛烈驀進中。ラップ分析最強説。