【宝塚記念2021】予想|有力馬の分析(クロノジェネシス・レイパパレ・カレンブーケドール・アリストテレス)など。

宝塚記念2021の予想を中心に記事を書いていきます。

今年の宝塚記念の主役は間違いなくクロノジェネシスになるだろう。

昨年の宝塚記念で無類の強さ、近年で一番強い勝ち方をしたのはリスグラシューだと思っていたが、それに劣らずの高パフォーマンスで勝利。

さらに同年の有馬記念も着差こそ僅かだが危なげない勝利とグランプリ3連勝がかかる。

対するは大阪杯を圧勝したレイパパレか、対クロノジェネシスで1対4と負け越しているカレンブーケドールか。

中心は牝馬勢になりそうではあるが、牡馬も意地を見せたいところ。

アリストテレスや、昨年の宝塚記念ではクロノジェネシスから大きく離された2着に敗れたものの、キセキが復活なるのか?

はっきり言って今年の宝塚記念は低調な印象がぬぐえないが、春の総決算、相性のいいレースなだけに今年もしっかり的中できるように各馬の適性を探りながら予想していきます。

馬券を買うならスポーツベットio

僕はかなりオッズ妙味、期待値などを考えて馬券を考えます。

回収率を安定させていくとなると確実にオッズの変動はないほうがいい。

それは間違いないので馬券はブックメーカーで買うことをお勧めします。

スポーツベットioならオッズが崩れることはなく、回収率は安定しやすい。

慣れないうちは即パットや、いつものアプリのほうが買いやすいと思われるかもしれませんが、勝ちにこだわるなら間違いなくスポーツベットioです。

例えば日本のオッズで単勝3倍の馬がいるとします。単勝3倍なので悪くはないですよね。

ただ、スポーツベットioではこの3倍が3倍以上という可能性が高いです。

しかも、このオッズが安定するとなればかなり魅力が湧きませんか?

例えば日本のオッズの場合、直前で大量購入、いわゆる大口ですね。

こうなると全体の売り上げが低い分3倍だったオッズが2.7倍、2.5倍など下がってきます。

しかし、スポーツベットioならいくら購入が入ってもオッズは変わりません。

この状況、どちらで馬券を買いますか?

もちろん、日本のオッズが下がるというのは確定ではありません。

上がる場合もありますからね。

ただ、人気馬であればあるほど、オッズは下がる傾向にある。

これは日本人の心理としても「人気している=安心感」で買ってしまうかたが多いのではないでしょうか?

だからこそオッズは下落していき、結果終わってみれば期待値のないハイリスク、ローリターンの馬券を買ってしまったということになりかねませんからね。

なのでスポーツベットioで馬券を買うほうがお得だと僕は思います。

僕の予想を見られる方、競馬でまずは勝ちたいという方にはスポーツベットioの登録をお勧めします。

今後はスポーツベットioに登録している方しか予想が見れないようになりますので、まだ登録していない人はこの機会に必ず登録しておいてください。

[スポーツベットioにまだ登録していない人は以下からご登録ください]

⇒ https://bit.ly/3ucIwm5

※登録料無料

更に、通常の競馬の控除率よりもかなり低くこれはユーザー側にとってはかなり有利な話です。

通常の競馬の控除率は80%~75%。わかりやすく言えば、20%~25%は大元に抜かれているという話です。

この抜かれる%を低くすればするほどそれは払い戻し率がいいということなので間違いなくスポーツベットioで買うほうがお得になります。

登録料は無料ですし、24時間サポートがあり、入出金が手軽。

何不憫なくご利用いただけますのでお試しください。

宝塚記念2021|予想

主役はクロノジェネシス!?

2021年の宝塚記念の主役はなんといってもクロノジェネシスになるだろう。

冒頭でも書いた通り、昨年の宝塚記念を圧勝し、暮れのグランプリ有馬記念でも強豪相手に力強い競馬で捻じ伏せている。

今年はメンバーが昨年以上に低調な印象でもあり、3連覇濃厚の1頭と言えるのではないだろうか。

しかし、クロノジェネシスとはいえ得手不得手は見せている。

例年の宝塚記念といえば開催の進んだ阪神の最終日に行われるタフなG1戦。

以下にも記載している通りで、タフなラップ推移となることが多いが今年は京都が改装中で、異例の開催となり中京開催を挟んだことがどう影響するのか?

先週の阪神の馬場状況としては雨の影響もあり時計の掛かるタフな馬場状況に見受けられたが、前開催は高速馬場だったことでその影響は出てくるのかどうか?

クロノジェネシスがこれまで見せている武器としてはやはり、タフ馬場の中でもラップ推移を引き上げてこれるパワーバランスが問われる基礎スピードと、後半要素。

その持ち味を最大に発揮するとなると馬場状況は重要な予想のファクターとなってくる。

果たしてクロノジェネシスはグランプリ3連勝、宝塚記念連覇を飾ることが出来るのだろうか?

まずは過去の宝塚記念のラップ傾向を分析し、どのようなレースになりやすのかを探っていく。

宝塚記念過去5年のラップ傾向

過去5年の傾向としてはこのようになっており、全体的にペースが上がりやすく後半特化の無酸素運動の形にはなりにくいのが宝塚記念の1つの特徴ではある。

全体を通して淡々と流れやすく有酸素運動型の競馬で後半もう一段階上のギアを使ってのロンスパになりやすい。

消耗戦の中でどれだけラップ推移を落とさずに運べるかが宝塚記念の最大のポイントと言ってもいいのではないだろうか。

更に、後半のラップ推移を見てもらったらわかる通りだが仕掛けのタイミングも非常に速くなっている。

2019年、リスグラシューが勝った年はラスト2F最速となっているが全体的に落ち切ったポイントもなく、後半にかけて加速していくラップ傾向。

リスグラシューの強さは道中の淀みない流れの中で後半更にギアを引き上げてのロンスパ勝負に持ち込めるところにあったが、その良さをが最大に活かされたといえるレース。

2018年、ミッキーロケットが勝った年は結構異質ではある。

ラスト2F最速ではあるが、ラスト5Fで一旦ピッチが全体であがり再度落としてからのラスト2F、直線ポイントでの再加速となっている。

ギアの上げ下げが問われるレースとなっており、器用でコーナリング性能の高い馬に向くような展開となった。

どの年をとってみても極端なトップスピードを問われることはなく、全体的に出し切る脚が必要となるのが宝塚記念。

先行勢に関しては有酸素運動戦の中での実績はやはり必要となってくるし、例年通りでいえばタフ馬場の中で引き上げてこれる基礎スピードは重要。

差し勢に関しても追走である程度の脚は削がれるのでその状況で更に後半で引き上げてこれるかどうか。

持続性に長けたタイプの馬が好走するのが宝塚記念である。そうみて間違いはないだろう。

2021年の宝塚記念はタフ馬場になるのか?

気になるのはやはり馬場状況。

過去のラップ傾向でいえばタフ馬場での有酸素運動戦となっているわけだが、今年は前述した通りで開催が異例。

さらに前開催の阪神開催は超がつく高速馬場であり、開催最終日ですら高速馬場といえるほどの状況だった。

そこから約2ヶ月あいたことでさらに高速化することを懸念していただけに、今週の馬場状況は個人的にはかなり気になるファクターである。

これは今週、水曜段階での阪神の天気予報だが、予報通りなら木金は晴れとなっているが土曜が曇り。

降水確率は現時点(水曜11時頃時点)では40%となっているが、これはもしかたら降るかもしれない。

宝塚記念当日の日曜は雨予報となっており80%以上となっている。

厳密にいえば、雨の中での開催なのか?それとも雨は上がっているが、雨の影響を受けたタフ馬場なのか?

で、差は出てくるがそのあたりは前日までは何とも言えないのでここではあえて触れずに。

この予報通りなら2021年の阪神のある程度タフな馬場状況での開催となるのではないだろうか?

2021年は開催が異例ではあるが、先週の阪神で行われたレースはタフ馬場となっており、ラップ推移としても前開催とはまるで違うものとなっている。

日曜阪神メインで開催されたG3マーメイドSのレースラップは以下の通り。

”12.6-11.1-12.4-12.4-12.3-12.3-12.0-11.7-11.6-12.0”

仕掛けのタイミングなど言いたいことは多数あるレースではあるが、ひとまずは有酸素運動競馬の中で後半を更に加速してというレース。

相手関係が低調なのでG1、宝塚記念ともなれば更にラップ推移は上がってくるだろうが例年の馬場状況に近いものとなっている。

今週に関しても雨の影響もありそうである程度タフな状況は継続してくるだろうという見立てで予想を進めていくのが賢明だろう。

あとは当日、前日土曜の様子を見ながら細かなところを修正していくのがベストとみる。

有力各馬の適性分析

それでは最後に2021年の宝塚記念に出走する有力視されている各馬の適性を分析していく。

ここまでの分析をまとめると

「タフ馬場での有酸素運動戦になりやすい」

「有酸素運動競馬の中で後半で更にギアを引き上げてこれるかどうか」

この2点が最大の特徴と言えるが、果たして2021年の宝塚記念にこの適性を持ち合わせている馬がいるのだろうか。

クロノジェネシスの逆転候補と見ている馬の存在も最後に少し書いておこうと思うので、ラストまでお見逃しなく。

クロノジェネシス(Chrono Genesis)

何度も触れている通りではあるが、最大のパフォーマンスを出し切るにはタフ馬場の中で出し切るロンスパ性能だろう。

なので逆のスロー推移で運ばれるレースで後半特化となる無酸素運動の形は実は苦手なタイプ。

実際その形の時には惜敗しており、近いところで言えば昨年の天皇賞秋。

この時が超がつくドスロー戦で後半特化のラスト3F最速戦。しかもここで極端なトップスピードを問われるレースとなっている。

前半から無理させず後方待機策。

スタートでやや後手を踏み、外から切られてしまってというのはあるがまさかの無酸素運動戦かかってこい。の形でレースメイク。

道中はまったく動かず抑えながらの追走で持ち味を削ぐ形となった。

東京のラスト3F地点は最終コーナーから直線の入りのポイントになるが、ここで一気のギアチェンジを問われ当然のようにここでは差を詰めることが出来ず。

ただ、コーナリングはうまいタイプなので最速ポイントでは追い出しを開始し、エンジンをかけロンスパ競馬で前との差を詰めての競馬で3着。

クロノジェネシスの限界値を無酸素運動競馬でトップレベルだったフィエールマンに差され、アーモンドアイには前で出し抜かれたという形だった。

現役トップレベルの馬が相手だったので高いレベルで後半特化の無酸素運動戦をこなせることは間違いないし、高いレベルでまとめている馬だがやはり目立ってよかったのが秋華賞であり、昨年の宝塚記念であるということ。

共に、パワーバランスが問われる中での基礎スピードの違いを見せつけての勝利。

後半で一気にギアを引き上げてくるような形よりもやはり有酸素運動戦の中での良さが光っている。

ただ、これは相対的な面がありこの状況をクロノジェネシスが得意としている。というのも当然あるが、タフなレース質を他が苦にしている。というのもある。

どういうことかというと、後術するがレイパパレがクロノジェネシスと同タイプの先行型。

この状況で高いパフォーマンスを見せてきた馬と対戦していなかったのがクロノジェネシスでもあり、実は今回は最大のライバルがいるとみてもいいのかもしれない。

レイパパレ(Lei Papale)

名前で馬を買いなさい。というルールがあるなら間違いなく選ばない馬ではあるが、ポテンシャルはかなりのものを秘めている。

対クロノジェネシスで最大の相手となるだろう馬がこの馬。

何と言っても前走の大阪杯の強さは誰しもが認めるところだとは思うが、その強さを理解しておくかどうかでこの馬の取捨は個人的には相当変わると思っている。

その大阪杯を振り返る。

レースラップは以下の通り。

”12.4-11.1-12.1-12.1-12.1-12.8-12.2-12.1-11.6-13.1”

走破時計に関しては同日の2勝クラスにも劣るものなのでどこまで評価していいか微妙なところで、ラスト1Fで13.1とかなり落としたこと。

これ自体もあまりいい材料とは言えないがなんといってもこの馬場状況で前半からペースを引き上げ、ハイペースバランスでまとめ、ラスト2Fで11秒台の脚を使ってきた。

これは当時の状況や前半のレースラップだけを見て予想城と言われたら無理なレベル。

要は、レイパパレはパワーバランスが問われる状況の中でかなり高いパフォーマンスを出す、と同時に、ハイペースバランスの中でギアをコントロールできるということだろう。

これは正直対クロノジェネシスで見ても遜色ないものであり、仮にレイパパレが宝塚記念も逃げる展開に持ち込み、道中のレースラップも同じように刻んで来たらクロノジェネシスはどこで動けるのか?

大阪杯比較で考えた時に、ラスト5F地点で12.8と落としているのでそのポイントでクロノジェネシスが動いたとしよう。

ただ、タフ馬場の中でもギアを上げてこれる、前半基礎スピード質を最大に問う形でもギアを上げてこれるのがレイパパレ。

クロノとはポジションの優位性もあるだろうし、クロノが仕掛けたタイミングで動けばクロノは詰め切れずの競馬になる可能性はある。

あとは総合的な後半勝負になってくるので、クロノの場合は持続性能は現役屈指のトップレベル。

これは言わずもがななので、ラスト1Fで決定的な差をつけてくるかもしれないが前走のパフォーマンスだけ走れるならレイパパレが前で出し抜く可能性は考えておきたい。

ただ、何と言ってもこの馬が最大に恵まれなかったのは頭数が揃わなかったこと。

この手のタイプは頭数が揃えば揃うだけ後続とのポジション差を取れ優位性が上がる。

その点今年の宝塚記念は頭数が少なくなりそうなのがなによりの痛恨だろう。

カレンブーケドール(Curren Bouquetd’or)

対クロノジェネシスで見た時にこの条件でカレンブーケドールに逆転の可能性があるならそれは良馬場となったときだろうなとは思っていたが残念ながらそれは叶いそうにない。

そうなるとこれまでの比較で考えた時にタフ馬場の有酸素運動競馬でクロノジェネシスを逆転する可能性が見えない。というのが正直なところ。

さらに今回は妥当クロノで見た時にかなり近い位置にいると思っているレイパパレがおり、これがタフ馬場の有酸素運動競馬でかなりの強さを見せている。

こうなるとカレンに今回残されている椅子は妥当に見るなら3着、強敵2頭が何かしらの理由でやれなかったときに相対的な面で浮上する2着の枠になるか。

しかし、カレンブーケドールはなにをとっても安定しているのは事実。

前走の天皇賞春に関しても前半から流れるタフな展開、これで3200mを走りきるのだから相当厳しい位置取り、競馬になったがそれでもラストは早めに前を捕まえに行く強気な競馬で3着にまとめてきた。

完璧な立ち回りを見せた勝ち馬、条件的にも流れ的にも完全にフィットした2着馬には離されたが、内容としてはかなりの評価を与えたい。

これまでもタフ馬場の中での有酸素運動戦で崩れたことは一度もなく、基礎スピード、ロンスパ面と高いレベルでまとめているのは間違いない馬でもある。

なので、オークスの時のように条件が整うならクロノに先着も考えていた馬ではあったのだが…。

ただ、後半での勝負ではなく、仮に前半での勝負に持ち込んだ時は警戒しておきたい。

前走の天皇賞春もそれに近いが前半特化の中で前々で脚を使っていき、後続とのポジションの優位性を保ちながらの勝負となった場合、この馬の持続力は前走でも見せた通りだし、置きに行った走りよりも強気なレースでさらに良さを見せそうな馬ではある。

仮にレイパパレが逃げる展開と予想し、前半からタイトながれに持ち込んだ中を2.3番手追走。

みたいな競馬ができればこちらもレイパパレほど極端ではないがギアの上げ下げはうまいタイプ。

一番よくないのが有馬記念で5着に敗れたパターンなので前半を意識した競馬を考えてほしい。

アリストテレス(Aristoteles)

個人的な見立てではアリストテレスまでが10倍のオッズを切ってくるかなとは思っている。

ただ、ここ2戦の阪神戦でまったくといっていい内容の走りになってしまっているので持久力が問われるような展開になったときに正直どうかなというのはある。

菊花賞でコントレイル比較で見たときにやれているように感じるのだが、このコントレイルが前半から問われるレースになったときには実は大した馬ではないことが判明している。

そこへきてアリストテレスが阪神大賞典で道悪でのハイペース戦。

ラスト6F分散でのロンスパ競馬なのでかなり厳しかったのは間違いないが、決定的な差を前と付けられてしまっていること。

こちらもハイペース戦で、4着にはまとめたもののカレンブーケドール比較で圧倒的にカレンのほうがいい内容で走っていることを踏まえると見劣る。

確かにここ2戦に関してはベストな距離でなかった可能性も否めないし、その上で持久力を問われる形となってしまったので全体のバランスとして悪かったこともあるだろう。

ただそれは菊花賞にも言えることである。

唯一あげるとするなら菊花賞時は全体でスローでレースメイクできたこと。

菊花賞は一応ラスト4Fから分散で、追いかける形でロンスパ気味のレースになってはいるがほぼほぼラスト3F戦、直線だけで終結したレース。

要は、これくらいの距離になると全体で引きあがっての消耗戦となるとさすがに無理なのかなというところが第一の敗因に上がる。

その上でAJCCを見るとこれがいい内容で走れている。

不良馬場の中でのスロー、ラスト4F最速で5Fから分散するロンスパ競馬を好位追走から後半を出し切っての勝利。

地味に映るレースではあるが、決定的な差をラスト1Fで見せてきたし馬場状況が悪い中でもスローで推移してのロンスパ戦ならというのはある。

ただ、この時よりも一段階相手レベルは上がってくるし、この距離とて前半から引きあがった中で基礎スピード対応できるかどうか。

そこが見えていないのが上位勢の牝馬と決定的な差になるのではないかと思う。

クロノジェネシスの逆転候補とは?

以上を23日時点までの予想まとめとしてあげておきます。

現時点ではやはりクロノジェネシスを中心に考えるべきだろうとは思うし、勝ち負けになるのはもはや必然だろうなとも思う。

ただし、前述した通りで「レイパパレ」は未知の魅力と前走で見せたパフォーマンスを考えるなら逆転の候補としては最右翼になるだろう。

他にも魅力的な穴馬などもいるのでその点の扱いや、結果どういう展開になり、どのようなラップ推移となるか?

これらを判断していく必要があるし、最終的にどの馬に落ち着くかはまだ何とも言えないが、レイパパレは2021年の宝塚記念において非常に有力な存在である。

個人的にはそのように思います。

無料予想を毎週公開している期待のサイトを紹介します!

その名も『HORIZON』

満を持してのオープンです!

私も先週試してみたところ… ガチで稼げる競馬予想サイトと認定しました!

 「HORIZON」無料登録はこちら

今週は【宝塚記念】の予想が無料で公開されます。

26日も無料情報をご提供!

近走も以下のような成績をあたりまえにように収めており、かなり精度の高いサイトであることは間違いありません!

長く利用して、プラス収支を維持し伸ばすことができる可能性は非常に高いです!

毎週無料で買い目を提供してくれるので安心して使えるサイトだというところも魅力的ですね!

まず間違いなく、登録しておかないと損するサイトなのでぜひこの機会に利用してみてください!

無料会員登録ページはこちら
※メールアドレスのみの簡単登録です。

The following two tabs change content below.
DKC

DKC

予想家No,1を目指しております。 結構ガチな予想をしております。予想家始めて5年連続プラス収支継続中。更に勝つためにラップ理論にて猛烈驀進中。ラップ分析最強説。