【ヴィクトリアマイル2021予想】有力馬分析|グランアレグリアは正直仕方ない

2021年ヴィクトリアマイルの予想を中心とした記事を書いていきます。

今年のヴィクトリアマイルは手薄なうえに現役最強と言っても過言ではないグランアレグリアが出走してきますので正直、この馬だけは仕方ないですね。

極端な馬場状況にならない限りはまず馬券は外さないと思いますし、かなりの確率で勝つとも思っています。

まあその理由は後ほどとして、2021年のヴィクトリアマイルの焦点は間違いなくグランアレグリアの相手探しだと思っているのでその点で予想していきます。

PR『毎週4鞍無料配信の凄いサイトが来ました!』

完全無料情報毎週4鞍提供で

顧客満足度No.1のサイトです!

<しかもただ無料で配信しているだけではなくその質が異常に高い!>

3回の提供で、お客様の93.3%が的中している事実!

獲得金額300万円以上の方が90%over!

<<更に今なら!!!!>>

期間限定募集!なのですが、安心保証を付与!

※お早目にご登録を強くお勧めします!

ここ最近も以下のような成績を抑えめており、正直競馬で勝ちたいなら利用しない手はないかと思います!

今週は注目レースに「ヴィクトリアマイル」も上がっていますのでご期待ください!

何にしたって!まずは登録してみてください!それで気に入らなければ解除でOK!

まずはその精度を体験し、こんなことがあるんだ…というを知って頂きたいです。

 無料登録はこちら!

※メールアドレスのみの簡単登録です。個人情報などは問われません。

ヴィクトリアマイル2021予想

冒頭でも書いた通り今年のヴィクトリアマイルの中心はやはりグランアレグリアになると思います。

正直、ラップ分析する必要もないかなと思いますので、この場でサクッと。

まず、マイルなら現役最強は間違いないだろうなと。

安田記念で当時のアーモンドアイを破り、マイルCSで絶好の流れだったインディチャンプ、アドマイヤマーズを破りと手の付けようがないですね(笑)

そもそも覚醒する前の桜花賞からクロノジェネシスを破るなど片鱗を見せていた馬なので今回のヴィクトリアマイルでの負けは絶対に許されないです。

まず、この馬がラップ分析などを踏まえてもここで勝つ可能性は最も高いと思うので週初めの段階ではありますが、まずはグランアレグリアが頭で来る可能性を踏まえ、予想していきます。

ただ、当日の東京は現時点では雨が降る可能性もありもし雨でボロボロの馬場になるようであれば状況は変わってきますので、そのあたりは当日臨機応変に対応していく必要があります。

現時点は晴れ、高速よりの馬場状況を想定しながら予想していきます。

ヴィクトリアマイルの注目馬

レシステンシア(Resistencia)

グランアレグリア意外となると有力株の筆頭はまずこの馬。

前走はスプリントG1で2着と好走したが、この時は道悪の状況だったので全体で基礎スピード面での緩和があったからこそだろうなと思う。

その証拠に間違いなく基礎スピード不足だろうインディチャンプが3着といなっている。

やはりレシステンシアの本質はマイルくらいの距離でこそ発揮されるとみておきたい。

ただ、マイルCSのように道中でコントロールする展開の中だとどうしても後半の詰めが甘くなり、マイルレベルだと強力な馬が多数おり差し込まれてしまう。

優位性を持つなら前半から飛ばしていく形で消耗型の競馬に持ち込むしかないが、近況それができてないのが非常に気になるところ。

阪急杯ではその展開、スロー寄りにコントロールして後半で加速する後半特化戦で逃げ切ってはいるが、ベストとはいえない。

インディチャンプ、ダノンファンタジーを下しているものの2頭ともポジション差と当日の馬場状況などが影響してというところだろう。

ヴィクトリアマイルではこの展開をレースメイクしてしまうと確実に差し込まれるだろうなと思うので、前半から引き上げていくくらいの強気な気持ちで武騎手がレースメイクできるかどうかだろう。

ただ、恐らく道悪になるのは相対的な面でプラス。

マジックキャッスル(Magic Castle)

この馬のベスト展開はレシステンシアとの相性がよさそうではある。

突き詰めるなら前半から全体で引きあがった中でバテ差しを決める形。

これがベストだと思うので、レシステンシアが以前のように前半で引き上げて後続の脚を削いでくれる展開ならラストで差し込んでくるというイメージはできる。

ただ、それでも前走でトップスピード戦の中で定評のあるデゼルにマイルで食い下がっているのは評価できる。

この時が全体でドスロー戦。ラスト3Fから10.7-10.8-11.7の展開。高速馬場ということもあり、極端にトップスピードが問われる中で後方から出し切っての2着。

なのですが、この内容が個人的にはよかったなと。

進路を探して追い出しを我慢しながら、空いたところを狙って一気に仕掛けトップスピード戦の中でのギアチェンジに対応してきたこと。

これまでのこの馬のパターンを見るとやはり持久力問われる中でのバテ差し気味で突っ込んでくるところだったのでスローの中で出し切れるとは思っていなかったので。

こうなると展開不問で脚を出し切れる可能性があり、高いレベルで対応してくる可能性は高いかなと思う1頭。

デゼル(Des Ailes)

仮に当日の馬場状況が高速よりで、トップスピードを問われる流れになるのであればこの馬も確実に買わないといけないだろうなと思う1頭。

それこそ前走の阪神牝馬Sではマジックキャッスルを差しての勝利。

ただ、その展開だったからこそ好走してきたということは言えるし、スロー推移の中で後半を出し切るという脚は明確なものを持っているが、マイルレベルで前半からタイトに流れるようだと対応できるかそこは微妙。

なのでデゼルが好走するとすればまずスロー推移が条件になるかなとは思うが、そうなるとグランアレグリア然り能力ある馬たちよりもポジション差的にも不利。

且つ、トップスピード面、ギアチェンジを削がれる競馬になるならさらに難しくなってくると思うので、なにせ後半の質を活かす展開になるかどうか。

その1点のみがこの馬の取捨にかかわってくると思っていいだろう。

テルツェット(Terzetto)

ここからは予想オッズの段階だと穴馬候補になってきますね。

ただ、これまでの4連勝の内容を見ていてもさすがにこのレベルの東京マイル戦になってくるとやや足りないかなという印象は受ける。

前走のダービー卿ではタフ馬場水準の中山で全体で引きあがっての消耗戦をバテ差しを決め、2走前は条件戦だが後半特化のラスト3F最速戦を直線出し切っての勝利。

3走前はドスローの中で後半3F戦。ここも直線出し切るトップスピード面は見せてはきたがなにせどれをとってもレースレベルの低さが顕著。

2走前は見どころこそあるが、高速よりの馬場状況の中なので恐らくこのレベルになるとレースラップ上でもう少し全体が引きあがるか、後半がさらに速い。

その展開になったときに対応できる要素があるかとなるとそれは見えていないというのが現状。

その未知数を買っていくのもありだとは思うがその時のメンツとの比較で考えるとさすがに強気には推せない。

ただ、前走のダービー卿はある程度見どこのある部分もありこの時がバテ差しを決めてのものではあるが、それ以前の2戦とはまた違う形の中でのもの。

力をつけているのは間違いないかなと思うので連系には入れておいてもいいかなと思う。

無料予想を毎週公開している期待のサイトを紹介します!

その名も『HORIZON』

満を持してのオープンです!

私も先週試してみたところ… ガチで稼げる競馬予想サイトと認定しました!

 「HORIZON」無料登録はこちら

今週は【ヴィクトリアマイル】の予想が無料で公開されます。

15日は「京王杯SC」の無料情報を公開です!

近走も以下のような成績をあたりまえにように収めており、かなり精度の高いサイトであることは間違いありません!

長く利用して、プラス収支を維持し伸ばすことができる可能性は非常に高いです!

毎週無料で買い目を提供してくれるので安心して使えるサイトだというところも魅力的ですね!

まず間違いなく、登録しておかないと損するサイトなのでぜひこの機会に利用してみてください!

無料会員登録ページはこちら
※メールアドレスのみの簡単登録です。

The following two tabs change content below.
DKC

DKC

予想家No,1を目指しております。 結構ガチな予想をしております。予想家始めて5年連続プラス収支継続中。更に勝つためにラップ理論にて猛烈驀進中。ラップ分析最強説。