【天皇賞春2021予想】有力馬分析|高速馬場の阪神が明暗をわける?

2021年天皇賞春の予想を中心とした記事を書いていきます。

思うのですが、年々天皇賞春のメンバーレベルって落ちているような気がします。

今年に関してもアリストテレスレベルで1番人気になるだろうなというメンバー構成。

そもそも前哨戦の阪神大賞典でそこまで高いレベルではなかったので仕方ないかなと思うところではありますが、どの馬にもチャンスがあっておかしくないかなと思います。

しっかり適性のある馬を導き、今週もしっかり結果を出したいと思います。

PR『毎週4鞍無料配信の凄いサイトが来ました!』

完全無料情報毎週4鞍提供で

顧客満足度No.1のサイトです!

<しかもただ無料で配信しているだけではなくその質が異常に高い!>

3回の提供で、お客様の93.3%が的中している事実!

獲得金額300万円以上の方が90%over!

<<更に今なら!!!!>>

期間限定募集!なのですが、安心保証を付与!

※お早目にご登録を強くお勧めします!

ここ最近も以下のような成績を抑えめており、正直競馬で勝ちたいなら利用しない手はないかと思います!

今週は注目レースに「天皇賞春」も上がっていますのでご期待ください!

何にしたって!まずは登録してみてください!それで気に入らなければ解除でOK!

まずはその精度を体験し、こんなことがあるんだ…というを知って頂きたいです。

 無料登録はこちら!

※メールアドレスのみの簡単登録です。個人情報などは問われません。

天皇賞春2021予想

冒頭でも書いた通りでこのメンツでも手薄かなと思ってしまうほどメンバーレベルが低いなというのが正直なところですね。

そもそも長距離路線自体に強力だなと思う馬が揃っているわけではないし、まあ仕方ないところではありますだ。

しかし、天皇賞春といえばかなり派手なレースになることも少なくなかったのでその点で寂しくは思いますね。

ただ、それと予想は話は別。

絶対的な馬がいないのであれば当然チャンスのある馬が生まれてくるわけで、それが盲点となれば馬券的にも妙味が出てきます。

それをしっかり見極めることができるのがラップ分析での適性把握ですね。

しかし、今年の天皇賞春は阪神での開催ということで過去の傾向はあてになりませんが、阪神の3200mに対応できる馬をしっかり導きたいと思います。

天皇賞春の注目馬

アリストテレス(Aristoteles)

前走の阪神大賞典では完敗という内容だったが、これをどうみるかでこの馬の評価はだいぶ変わってくるかなと思うが、タフ馬場の中で前半要素を問われる中でという持久力戦で敗戦。

前走のAJCCで道悪を経験し、そこでは対応を見せていたのでその点で道悪はこなせるという認識だったが、阪神大賞典の内容を見る限りではパワーバランスの問われる有酸素運動戦では分が悪い可能性非常に高い。

わかりやすく言うなら阪神大賞典はやや中弛みしたポイントこそあったものの、全体でタイトに進み結果的には消耗戦でばてたという感じかなと。

本質は長距離向きではないかことは露呈したのは間違いない。

菊花賞に関してはしっかり中弛みしており、結果的には後半特化戦のような形の中での好走。

この2戦を比べても後半の良さで競馬をしたいタイプだろうなと思える。

天皇賞春に関しては阪神大賞典のようなことはないだろうが、逆に高速状況の中での想定される展開をこなせるかどうかは未知数な面もある。

このあたりに関しては有料会員様限定のラップ分析表、展望動画でお話します。

ディープボンド(Deep Bond)

阪神大賞典でタフ馬場の中でのロンスパ競馬でパワーバランスの良さを最大限に発揮しての好走。

菊花賞では後半の質を問われる中でいえば切れ負けしたというような形だったかなとは思うが、これがタフ馬場の中での良さを前走で見せたとなるとこれをどう見るか。

今の阪神は高速状況が続いており、多少の雨では馬場状況が一気に悪くなるということはなく、前走の再現を狙うには難しいところ。

そうなると高速状況の馬場でも力を発揮できるかどうかというのがこの馬の焦点にはなる。

ただ、菊花賞でもレースラップがラスト4Fから12.2-11.8-11.6-12.2とそこまで上がり切らない中でアリストテレスに完全に置かれていること。

神戸新聞杯で内容としては強いものではあるが、阪神大賞典と比べると物足りなさを残したことを考えると更に、ラップ推移が上がってきそうなところで強気に推せるかは微妙な1頭。

ただ、この馬が好走するなら…。というパターンも存在はしているので、このあたりに関しては有料会員様限定のラップ分析表、展望動画でお話します。

ワールドプレミア(World Premiere)

2年前の菊花賞を制しており距離延長で良さのみせそう。

というところでも人気を集めそうな1頭。

ただ、この時の菊花賞をどこまで評価するかというのは難しいところ。

実際上位勢に関してもその後肉薄しているのがワールドプレミアのみでそもそものレースレベル自体に不安が残るのは否めない。

更に、この時はスタートから完璧な騎乗で、前半から位置をとりにいき流れを見ながら好位で収まり、終始脚を溜める形。

ラスト3Fから促して楽に前にとりつけているのでこのあたりで長距離面での不安はないし基礎スピード面での評価はできるが前が垂れてぽっかり空いた内を差し込んだ好騎乗の判断。

このコーナーで動けたということ自体は評価が必要だとは思うが、極端に速い脚を問われなかったことも好走に繋がっている。

この辺の内容から見てもある程度タフ馬場というのがこの馬にとってはいいのかもなと思えるところではあるし、実際それ以降の内容を見てもある程度パワーバランスの問われる中でしっかりというところが目立っている印象を受ける。

ただ、ベストコンディションだったと思われる有馬記念で詰め切れず、日経賞でも物足りない結果と能力自体にも不安があることは露呈している。

更に今の阪神は超と言えるか微妙だが、高速水準での適性は明らかに問われるところ。

これまでの内容からではやや物足りなさを残すことは間違いないかなとは思うが。

カレンブーケドール(Curren Bouquetd’or)

4番人気くらいで推移しそうま馬ではあるが、長距離は初。善戦こそ続くがさらに距離延長で良さが出るのかどうか?

正直、3200mまでなるとさすがに難しいところは出てくるかもしれないと思うが、今の阪神が高速状況で相対的な面で判断するならという感じはする。

タフ馬場の中での良さを見せている馬が人気に推されそうな中でこちらは道悪でのJCや京都記念でクロノの2着と好パフォーマンスこそあれど高速水準でやれる馬。

極端に速いトップスピードなどを問われると切れ負けする可能性こそあるが阪神の内回りで後半が分散するロンスパよりな競馬になるなら対応可能ではないだろうか。

さらにロスなく運べる内枠や、スロー推移のレースで前半からそこまで脚を問われないという状況になるならさらにチャンスのあがりそうな1頭でもある。

なにせ全体でバランスの取れている馬ではあるので極端なレース質、状況でなければ好走可能と判断できるとみる。

オーソリティ(Authority)

かなり期待できる存在なのは間違いないかなというのは一つある。

前走の内容が明確にスローバランスから後半で分散してのロンスパ戦、長く脚を使う持続力が問われる中で後続を突き放しての着差無しの2着。

極端に前半が緩んでいるので長距離的な競馬だったかと言われると微妙なところではあるが後半の脚は高いものを見せたことは間違いない。

さらに、3走前、アルゼンチンの内容がよかった。

前半でややピッチがあがり中弛みしての後半特化戦。

これを前から東京で出し抜いたとなるとロンスパ型の競馬でという中では、距離が伸びてさらに良くなる余地は見せていたかなと思う。

はや仕掛けとなったユーキャンスマイルを前で待つ形で競り落としてきたこと自体も評価していいかなと思うし、距離が伸びることでさらに基礎スピード面での良さを見せる可能性を見せたと思っている。

有馬記念の敗戦を見るとタフ馬場の中でとなると一気にバランスの悪くなる感じを見せているので今の阪神の高速馬場にはフィットしてきそうな印象は受ける。

ただ、どうしてもぬぐいきれない不安があるのも事実。

このあたりに関しては有料会員様限定のラップ分析表、展望動画でお話します。

無料予想を毎週公開している期待のサイトを紹介します!

その名も『HORIZON』

満を持してのオープンです!

私も先週試してみたところ… ガチで稼げる競馬予想サイトと認定しました!

「HORIZON」無料登録はこちら

今週は【天皇賞春】の予想が無料で公開されます。

1日は「青葉賞」の無料情報を公開です!

近走も以下のような成績をあたりまえにように収めており、かなり精度の高いサイトであることは間違いありません!

長く利用して、プラス収支を維持し伸ばすことができる可能性は非常に高いです!

毎週無料で買い目を提供してくれるので安心して使えるサイトだというところも魅力的ですね!

まず間違いなく、登録しておかないと損するサイトなのでぜひこの機会に利用してみてください!

無料会員登録ページはこちら
※メールアドレスのみの簡単登録です。

The following two tabs change content below.
DKC

DKC

予想家No,1を目指しております。 結構ガチな予想をしております。予想家始めて5年連続プラス収支継続中。更に勝つためにラップ理論にて猛烈驀進中。ラップ分析最強説。