宝塚記念2020回顧(次走狙い目)+ラジオNIKKEI賞注目馬

上半期の総決算、宝塚記念。ということで、本日は回顧版を公開したいと思います。

とっととラジオNIKKEI賞の注目馬だけ知りたい!という方は下記をご確認ください。

馬名チェックはこちら

⇒ 
最強競馬ブログランキングへ

(ランキングの紹介欄に記載してあります。無料です。)

宝塚記念回顧

まずは配信にて大本線的中を果たした宝塚記念の回顧をしていきます。

今後の重賞予想にかなり役立つ内容なのでぜひ御覧ください。

宝塚記念予想抜粋

◎クロノジェネシス

◯キセキ

という予想でした。

本命に関してはブログにも記載したのでご覧いただけたかと思います。

ここでは予想本文の抜粋をまずは記載します。

・クロノジェネシス

これにつきましてはおおよそ無料記事に記載していましたので、下記記事を御覧ください。

【宝塚記念2020最終結論】軸馬発表!盲点はリスグラシューとの比較

・キセキ

対抗キセキの理由ですが、これはサートゥルナーリアが1番人気なら必然かなと。

そもそも今回は動画にもしましたがサートゥルナーリアのポテンシャル自体には不安があります。

〜サートゥルナーリアについて記載(内容は動画と同義なので省略)〜

器用さでどんどん優位を積み重ねられるレースが有馬記念なんです。

そんなベストな舞台有馬記念でサートゥルナーリアはリスグラシューに大敗。

長距離思考のレースで展開適正ハマったワールドプレミアに0.1秒差と考えるとどこまで評価できるのか。

そこで出遅れて5着だったのがキセキです。

キセキは前でペースを作って早仕掛けで押し切る競馬が持ち味なので、出遅れは完全に終了。

それでも後半要素だけでなんとか5着まで来ました。

逆に言えば持ち味活かせなかったキセキと0.3秒差だったサートゥルナーリアが今回の1番人気なんです。

そしてキセキを単体で見ていきます。

そもそもこういうレース全体を使った競馬で圧倒的なことを証明したリスグラシューに対して宝塚記念で2着に粘り込んでいるんですよね。

今年の戦績で人気を落としていますが、それはお門違い。

天皇賞春は1周目の直線で一気に押し上げてそのまま突っ切り、更に早仕掛けで押しきりを図りました。

これで超長距離戦で最後まで持つわけもなく、むしろよく6着に粘ったなという競馬。

阪神大賞典にしても、1周目の直線で押し上げてそこからラスト7F最速という超ロンスパ戦。

これもかなり無茶な競馬で当然の凡走

全く評価を落とす必要がなく、1周目の直線というものが存在しないので、そこで行きたがるってこともないでしょう。

強いて言うなら無茶な競馬をしてきた消耗に対する不安はありますが、それは流石に人気落ちの分で目を瞑ります。

これらのことから人気を落とすならノータイムで対抗に選出。

回顧

レースラップ

12.3-10.9-11.4-12.7-12.7-12.4-12.4-12.4-11.9-12.1-12.3

  • 前後半3F:34.6-36.3
  • 前後半5F:60.0-61.1

有力馬の不安がガッツリ出たレースでまあそりゃそうだろうという展開。

前半からかなり流れて、タフな馬場でこのペース。そしてラスト3F最速となるととてつもなくしんどい競馬。

そして内も避けられがちな傷んだ馬場になっていました。

・サートゥルナーリア

ペースが早くポジション取れずに後半要素問われるポジション。

そして内を立ち回る利点のない馬場。

まあ何よりポジションとコース形態的に外を回して上がっていかないと仕方なかったのが最大の敗因になったでしょう。

結局上手く立ち回れなかった中でのポテンシャル勝負になると不安というのが嵌ったレース。

それでも4着と言いたいですが、上位を見るとそれも言い難い印象。

・ラッキーライラック

これは前半のペースが原因。

もちろん立ち回り力を活かせない条件だったのもサートゥルナーリア同様敗因の一つ。

最近の好調は予想時にも記した通り上手く立ち回り後半弾けてのもの。

そのどちらもが活かせない展開なら凡走して当然。

・ブラストワンピース

予想時にも全く触れずに印も回さなかった人気馬。

まあそれが示す通り、全く評価していませんでした

その理由は展開をイメージすれば当然です。

好走パターンの外からロンスパで仕掛けた場合だと、その際に内を回った器用なタイプが優位になります。

ましてや、それで潰さないといけないのが先行気味のクロノジェネシス辺りになってくると厳しい。

なら自ら先行して早め押し切りとすると、そもそも基礎スピード的に厳しくなる。

結果的にはこれが今回のパターンでしたよね。

まあこれ以外にもハイペースで後方でバテ差しなど色々ありますが、おおよそ想定されるパターンで明らかに見劣る馬がいたので、人気で買う選択はありませんでした。

単純にくるパターンあったのかな?という感じですね。

タフな馬場でスローで先行してラスト4,5Fからの早仕掛けくらいかな?

・クロノジェネシス

これは予想文で記した要素が嵌った感じなので省略します。

強かったのは間違いないですが、条件嵌ったことと能力上位の馬に展開があまりに嵌まらなかったこともあるので、着差のインパクトほどの評価は危険かなと思います。

まあ往々にして有馬記念もこの馬に向いて、他の馬に向かないって展開になりがちなので有馬記念に対しての評価は限定的に大きく引き上げていいとは思いますが。

これを王道路線G1の評価に直接つなげるのはやや早計かなと。

リスグラシューが有馬記念で圧勝しましたが、アーモンドアイより強いとは全く言い切れないわけで。

それほど特殊な要素が問われたレースであったことは間違いないです。

・キセキ

結局逃げなかったのが良かったですね。

逃げられなかったのかもしれませんが、そこは一旦ここでは置いておきましょう。

かなり速いペースで後方から中盤の緩んだところで一気に捲くる競馬で2着まで。

先行した馬にはかなり苦しい展開でしたし、元々はタフな競馬に持ち込んで押し切りが得意な馬だったので、相対的に優位は結構あったと言えるでしょう。

それでも基礎スピードは持っていないとできませんし、タフな競馬での強さは着順通りの評価でいいと思います。

ただ先行力についてはやや不安が出たので、東京あたりでいままで通りの戦績が残せるかは不安。

好走しましたが、次走以降に関しては不安の方が大きい2着ですね。

まとめ

クロノジェネシスがリスグラシューの再来で一躍主役候補の扱いを受けていますが、少し懐疑的な目を持っておいてもいいかなと思います。

後方からのキセキやモズベッロがバテ差し込んでくる特殊展開だったのは間違いないわけですからね。

今回の展開と今後起こり得る展開は分けて考えた方がいいでしょう。

例えばですが高速気味良馬場のスローならたぶんラッキーライラックの方を評価すると思います。もちろん人気差にもよりますが。

ラジオNIKKEI賞注目馬

ラジオNIKKEI賞の注目馬は下記ランキングの紹介欄に掲載!

馬名チェックはこちら

⇒ 
最強競馬ブログランキングへ

(ランキングの紹介欄に記載してあります。無料です。)

3連系の馬券攻略をお届けする情報サイト!が登場しました!

独自に研究した情報から◎○▲ そして特注馬まで限定配信!

【今週も3連複3点~15点の勝負馬券を提供】

<過去には1鞍で12490.0倍>

というとんでもない払い戻し。

【一撃500万円回収に成功。】

こんな馬券見たことありますか!?(笑)

先週も大本線的中を決め、評判も右肩上がりの強力なサイトです!

このように一撃の配当に特化した優良サイト。一度無料登録してみる価値はあるでしょう。

<<情報提供は先着順になります。>>

※ご登録はお早めに。

今週に関してはかなりの自信があるとのことで30名様限定となっておりますので、

今すぐ無料登録して週末の情報をお待ちください!

⇒ 無料登録はこちら

今週は無料登録【巴賞】の情報を「無料公開!」

3連複3点~15点での提供とのことなので、ご自身で体感してみてください!

▼無料登録はこちらです▼

The following two tabs change content below.
【DKC競馬部】

【DKC競馬部】

予想家No,1を目指しております。 結構ガチな予想をしております。予想家始めて4年連続プラス収支継続中。更に勝つためにラップ理論にて猛烈驀進中。ラップ分析最強説。