【ユニコーンS2020】本命馬公開|山張った展開で狙える穴馬から勝負!

ユニコーンS2020の本命馬公開!

まともに考えるならどうしても人気どころでの決着が濃厚という判断になってしまう。

レッチェバロックに関しては明らかにここ2走の内容が強いし、前受けして圧勝まであり得る。

カフェファラオもここ2走の内容は圧倒的と言えるもの。

前から出し抜くもよし、差すもよしで外枠発走なら信頼してもいいかもしれない。

更に末堅実のタガノビューティー、最内枠発走もダートで底なしのデュ―ドヴァン。

この4頭での決着も十分に考えられるところではあるが、この4頭もどれをとっても不安要素がある。

しかも結構それが致命的なもの。

・レッチェバロック

前走はハイペースラップをレースメイクし後続を突き放す完勝っぷり、ただ基礎スピード型の競馬なだけに距離延長微妙。

前走と同じ競馬をすれば自滅する可能性もあり、ルメールが積極策を打たないときが未知数。

・カフェファラオ

これまで極端に速くなった時の競馬の経験がなく、ペースが速くなったときに不安。

・タガノビューティー

脚質一辺倒で、相対的に浮上しているレースも多く、前が残る競馬なら届かない可能性も考えられる。

・デュ―ドヴァン

何と言っても最内枠が仇とならないか、スタートいいわけではないので揉まれて不発も十分に考えられる。

このように、致命的な部分が弱点となりそうな印象でもあり、そのリスクを承知の上で軸にするのもどうか?

様々なパターンを想定したがどうせなら他におもしろい馬がいるので、山を張ってその展開になったときに台頭できる余地のある穴馬から勝負。

人気どころで決まると見るなら特に買いたいレースでもなく、そこは割り切って勝負してみたい1戦。

本命は「サトノラファール」

上記の4頭に比べると確かに一枚能力面では一枚劣るかなという印象は受ける。

ただ、ここ2走の競馬と負けた3走前の内容の差が明らかで、好走パターンが浮上してくる。

まず圧倒的にコーナーワークが下手で、直線手前ではこれまでの競馬、確実にブレーキを踏んでいる。

さらに、揉まれる競馬嫌うかなという感じなので、被される形でスムーズさを欠くと厳しい。

しかし、逆を言えば、揉まれない形でワンターンの競馬であればここ2走見せているような高い後半要素を見せるという馬。

それならワンターンで、直線が長い東京戦なら力を存分に出し切れるのではないか。

追って伸びるロンスパ型で、ペースが流れた中でしか恐らく良さが出ないので距離が伸びるのは良さそうでもあり、

近走のような直線一気を決めるならもってこいの舞台設定だろう。

確かにここ2走に関しては前が潰れる中で相対的に浮上しているという面もある。

しかし、今回もレッチェバロックがいかなかったにせよ、外から積極的に切っていきそうな馬もおり、

玉砕覚悟で飛ばして行くようなタイプも何頭かおり、ガツガツ流れる可能性は考えられる。

そうなれば前が潰れここ2走のような強烈な差し込みを見せる可能性があると見てここが本命。

以下の結論、印、買い目に関しては有料会員様限定です。

DKCではここまでを無料公開としますが、無料で3連単1点予想を公開しているサイトがあるのでご紹介します!

The following two tabs change content below.
【DKC競馬部】

【DKC競馬部】

予想家No,1を目指しております。 結構ガチな予想をしております。予想家始めて4年連続プラス収支継続中。更に勝つためにラップ理論にて猛烈驀進中。ラップ分析最強説。