ユニコーンステークス2020有力人気馬の枠順確定後の予想見解!カフェファラオ8枠16番・・・

ユニコーンステークス2020の枠順確定後の予想見解を書いていきます。

日曜に開催される3歳ダート重賞の枠順が確定となりましたが、1番人気予想のカフェファラオが東京マイルダートで有利とされる最外枠になりました。

なぜ東京マイルダートが外枠有利なのかは後で軽く触れるとして、この枠順になったことで一気に堅い決着になる可能性も出てきたかなと。

確かに、枠順的におもしろいなと思う馬も何頭かいるのでそのあたりの出方次第という感もしますが、さっそく枠順確定後の予想見解を書いていきます。

東京マイルダートが外枠有利の理由

なぜ、東京マイルダートが外枠有利かというと知っている方が多いと思いますが、内外ではスタートしてから芝を走る距離が違い、外枠は内よりも30mほど長く芝を走ることができます。

そのことによりスピードに乗ることができる、もちろん、ダート部分を走るよりも芝部分を走る方がスピードは出るのでポジション優位に運ぶことができるという感じですね。

当然、芝部分が苦手という馬もいるのでそういうタイプが外目の枠に入るなら話は別ですが、ユニコーンステークスに出走する上位人気の各馬はむしろ歓迎の口かなという感じ。

これらを踏まえて2020年ユニコーンステークスの枠順を確認していきます。

ユニコーンステークス2020枠順確定後の予想見解

1番人気予想のカフェファラオが東京マイルダートで有力とみられる外枠、更に、次いで人気になるだろうタガノビューティーも外目の枠。

こちらも人気で、逃げる可能性のあるレッチェバロックが3枠。

唯一人気どころで厳しい枠順となったかなと思うが前走青竜Sを制したミルコ騎乗のデゥードヴァンという枠順配置。

有力馬の予想見解

それでは上記の枠順を見て、2020年のユニコーンステークスで有力とされる人気馬の予想見解を書いていきます。

こちらの記事⇒ ユニコーンステークス2020|予想オッズから見る期待値と考察

ここで書いた通り基本的には堅い決着になる傾向にあるユニコーンステークスですが、ぱっと見だと今年も堅そうだなと思わされてしまいます。

今回は特に人気になるだろう4頭に絞って枠順確定後の予想見解を書いていきます。

カフェファラオ

初戦は前後半3F1.4秒のスローペースに落として逃げ切っての勝利。

加速ラップで終わらせており見方によっては余力のある勝利だったのかなと思える部分もある。

一見すると緩いペースなのでいかにも前が有利と見れるようなレースではあるが、道中かなり緩いペースで馬群が凝縮する展開。

差し勢にとってもきついものではなかったので、これを差せないとなると単なる力差も出たかなという感じ。

打って変わって前走のヒヤシンスSでは出負けしたこともあったが、後ろから競馬を進める形で道中のペースが緩かった分前とのポジション差を潰しての勝利。

極端にペースが上がらなかったことでスタートの出負けはリスクヘッジできたと考えるのがいいだろう。

直線の追い比べではさすがの後半要素を見せており、直線の長い東京はベストと考えてもいいだろう。

ユニコーンステークスでは外枠に配置されたことで、スタートをあまり考えなくていいのはプラス材料になるだろうし、もしスタート五分で前に行くにしてもスピードに乗れる外枠はプラス。

どちらに転んでもこの枠順がマイナスになる要素はないと予想はできる1頭。

ただ、ここ2戦どちらも極端にペースが速くなった経験をしているわけではないので、もし、今回速いペースが予想できる展開なら崩れる可能性がないわけではない。

重賞のダート戦でこのメンバーなのでペースが流れる可能性がないわけではないので、まったく脚が溜まらずの凡走も考えられる1頭ではある。

レッチェバロック

この馬の場合はこちらの記事⇒ ユニコーンステークス2020|過去のラップ傾向から今年の展開を予想する

ここでほぼ書いているので上記の記事を参照してください。

2020年のユニコーンステークスで展開のカギを握る1頭であることは間違いなく、この枠順になった以上揉まれる競馬は嫌う可能性もあるかなと。

そうなると逃げの手に出てくるだろうと思います。

あとはどちらの展開に持ち込むのか。そのパターンは上記の記事で書いています。

少し極端な枠なので外目の枠なら軸まで考えましたがこの枠だと取捨に迷う1頭でもありますね。

デュ―ドヴァン

東京マイル3連勝とこの条件をかなり得意としているようにも見える1頭。

前走はカフェファラオと着差無しの競馬でヒヤシンスSを2着好走したタガノビューティーに0.2差をつけての快勝。

一見シンプルな勝ち方ですが、ポジションを前に取れる、高い後半要素を出し切れると前走で見せているパフォーマンスを考えるとここでタガノビューティーに逆転を許すことはなさそう。

それ以前の東京マイル戦を見てもある程度のポジションを取りながら直線で出し切る競馬を披露しておりユニコーンステークスでも有力な1頭になること間違いないでしょう。

ただ、今回は最内枠というところがどうしても気にはなる。

カトレア賞のときに一応3番枠からこなせてはいるが、この時は内枠発走にしてはかなり恵まれた競馬。

スタートがうまいわけではないので、内枠はまずプラスにならないはずで、今回は更に相手が強くなる。

買いたい要素は多い1頭なのでかなり迷うところですが、内枠というだけで評価を下げざる得ない1頭なのもまた事実。

タガノビューティー

お気づき頂けているかもしれないが、レッチェバロックが展開を作るとしたときに、上記3頭よりも買いやすいのはこの馬。

なぜか??という部分はかなり重要になるので有料会員様限定としますが、カフェファラオよりも見せている要素は高く、デュ―ドヴァンよりも枠がいい。

もちろんこの馬としても鉄板というわけではなく、どうしてもポジション差というものが出ては来るので展開は重要になりそうではある。

ちなみのこの展開というのはハイぺースということではない。

正直、ハイペースなら差しと言っている人はわかってないので注意してください。

ハイペースはハイペースでもという部分がタガノビューティーにしても超重要。

シンプルなハイペースなら前が有利なのでその点で誤解はしないように。

ユニコーンステークスまとめと注目穴馬

ということでユニコーンステークス2020の枠順確定後の予想見解を書いていきました。

人気どころで最も安心感があるのはタガノビューティーかなと思いkます。

ただ、個人的に馬券は安心して買うものでもないかなと思っているのでこれの軸はたぶんないかなと思います。

The following two tabs change content below.
【DKC競馬部】

【DKC競馬部】

予想家No,1を目指しております。 結構ガチな予想をしております。予想家始めて4年連続プラス収支継続中。更に勝つためにラップ理論にて猛烈驀進中。ラップ分析最強説。