安田記念2020特集|有力各馬をまとめて予想!インディチャンプ・ダノンプレミアム・グランアレグリア

安田記念2020の金曜段階での予想見解を書いていきます。

今週は安田記念2020特集と題打って、記事を更新していますが今回は有力各馬3頭をピックアップして予想見解を書いていきます。

それぞれの好走パターンや弱点と今回の評価を分析していきましょう。

FineGraphicsさんによる写真ACからの写真

【PR:帯封獲得の大チャンスはここにあります】

競馬WAVEというサイトをご存知ですか?

競馬WAVEには帯封を大量獲得できるわけというのがあります!

最高精度の生の情報&業界No.1の情報解析レベルを持つ!

各有力メディア、調教師、厩舎関係者の一般には出回る事のない裏情報!

高額的中連発!業界No.1の情報で帯封への道を進んで下さい。

サイトの名前の通り、万馬券のビックウェーブが待っています!

さらに!サイト内では今週の激アツ一押しの1頭を紹介してくれており、こんな良心的なサイトが今まであったかなというレベル!

是非この機会に激アツ裏情報を受け取って下さい!しかも、ここまで良心的であり、そして的中実績のある強烈なサイトが登録料無料!

このチャンスは絶対に逃さないでください!

⇒ 無料登録はこちら

安田記念2020特集一覧

⇒ 安田記念2020特集|予想オッズからの期待値と考察

⇒ 安田記念2020特集|過去のラップ傾向から今年の展開を予想する

⇒ 安田記念2020特集|アーモンドアイ徹底予想!鉄板だと言っている人に伝えたい

安田記念2020上位人気馬の徹底分析

本日の記事では上位人気に特化して予想見解を書いていきます。

今回は安田記念の上位人気に特化して分析します。

1頭1頭簡単にまとめて結論を出すので、予想の参考にしてください。

アーモンドアイとダノンキングリーは個別記事にて御覧ください。

インディチャンプ

過去に分析したものがあったので、そちらをまず掲載します。

「過去分析内容」

後半要素の総合力で勝負するタイプ。それがある程度の流れからでも発揮できる好走レンジの広い馬とも言えるでしょう。

超スローペースなら、それはそれである程度前目のポジションを取っての競馬で対応できる前半要素も持ち合わせていますし、総合的にバランスが良く能力は高い馬で好走レンジが広く安定感のあるタイプ言えます。

ただ、アーリントンカップでは4着止まりだったように、流れたペースで前からになると少し脆さはあるので、前半要素で勝負していくには少し足りない印象で、やはり中団から流れを見て競馬をする余裕が欲しいです。

安田記念と東京新聞杯の重賞勝ちは共にコーナー最速を内を回せた分はあったので、立ち回り力は評価するものの、能力の絶対値は着順から受けるイメージよりは少し落とさなくてはいけないかもしれません。

後半要素の総合力だけで勝負に割り切るにはまだ少し不安が残ります。やはり強みは中団に構えて、前半要素もある程度使いつつ、質の高い後半要素で勝ち切る、レース全体をバランス良く使った競馬が真骨頂でしょう。

「今回の評価」

ともかくバランスがいい馬。

展開不問で好走してくる馬ですし、今回も好走の可能性は十分でしょう。

ただ裏を返せば決定的な武器がないので、どうしても単系は意識しにくい馬です。

まあ軸候補としては見つつも、有力馬に押し出される形の圏外なんかも意識して扱いたい馬。

グランアレグリア

サウジアラビアRC辺りから振り返って見ましょう。

サウジアラビアRCは前後半3F36.8-34.1の超スローペースですが、中盤は緩まず直線勝負。これにしっかり対応して圧勝。

朝日杯FSはスローで瞬発力よりのレースになりアドマイヤマーズに屈しました。瞬発力勝負にやや不安を覚える内容。

桜花賞では一変して好メンバーに完勝。前後半3F35.4-33.3の超スローペースからラスト4F11.7-10.8-11.0-11.5のラスト3F最速のロンスパ戦。

ラスト4F地点からマクリ気味に押し上げて先頭に立ち、更にラスト3Fでもペースを上げてコーナー最速の競馬。

後続の馬はコーナーで速い足を出さざる得なくなり、直線の脚は削ぎ落とされました。そこからはリードを守って押し切るだけの理想の競馬でした。

NHKマイルCではハイペースでポジション取り切れずに、直線では中団からの競馬になりました。決め手で見劣り、不利はあったといえども4着まで。

阪神Cでは距離短縮に加えて平均ペースということもあり中団からの競馬に。

ラスト2F余裕の手応えで一気に先頭に迫り、ペースも流れた中で最速地点で10.7~9ぐらいの瞬発力を発揮し、ラスト1Fも落としきらずに圧勝。

相手もそこまで弱くない中での圧勝のインパクトは額面どおり受けとっていいでしょう。

高松宮記念はスタートでやや出負けて後方からの競馬になりました。まあこれに関してはスタート決まっても中団ではあったでしょうが気持ち後ろ目に。

そして淡々と流れたペースで直線一気に差し込んできますがやや届かずに僅差の3着。

ここは上がり33.1で究極レベルの上がりを使ってこれなので、問題は前半部分。結果的にはわずかな出負けが響いた敗戦。

「今回の評価」

ここにきて後半要素の高さを見せてきた馬。

1600mならポジションも取った上で押し切る競馬ができるかもという期待はあります。

ただNHKマイルCと朝日杯FSの敗因分析が必要ですが、これに関してはある程度の仮設は立ちます。

それは中緩みです。

この敗戦した2戦の共通点がこれなんです。

そして圧勝したレースの共通点が淡々としたペースで進んだ中でのバテ差し。

もしくは、スローからのロンスパを前目からの競馬。

とにもかくにも中盤緩むと脆さを見せているので、淡々と出し切る形が得意な馬で器用さがないタイプの可能性が高いです。

そうなるとマイルへの延長は道中のやりとりが増える分、マイナスとも言えます。

求められるのはこれまでの好走パターンの集大成。

平均ペースを前目で淡々と推し進めて後半要素を引き出すか、スローならいっそ圧倒的にポジションを取り切るかが、好走条件。

ベストなパターンなら基礎スピード求められた中からのバテ差しの形。これなら対アーモンドアイで考えても勝負できるはず。

ダノンプレミアム

過去に分析したものがあったので、そちらをまず掲載します。

「過去分析内容」

前目を取る前半要素と現役屈指の瞬発力を武器にするタイプ。

平均ペース付近の流れたレースでポジション取って瞬発力を引き出せるかどうかは、2歳時のサウジアラビアロイヤルCまで遡るので一旦は未知数。 

瞬発力は間違いなく現役屈指のものを持っていますが、天皇賞秋ではロンスパ競馬で出し切る中で好走してきたので総合力の高い馬なのは間違いなさそうです。

それでも、これまでの視覚的にもラップ的にも伝わるギアチェンジの高さから、やはりベストはスローで前目を取って仕掛け所遅れるレースがベストの可能性が高いです。

そこにベストがありながらも、総合力の高さでその他の展開でも対応してくるレベルの馬というイメージ。それは稍重で金鯱賞勝利していますが、ベストはやはり高速馬場だろうという点も同義と考えていいでしょう。

天皇賞秋の競馬が出来るのなら距離は2400でもこなせそうな感じはしますが、2400の場合はダービーで2400×ラスト3F最速で甘くなって敗戦しているので、そこから成長かスローからのラスト2F最速戦という展開向きは必要だと思います。

天皇賞秋の競馬を成長と考えるのか、高速馬場適性の高さと考えるのか、2000mならばと考えるのかが今後の注目ポイントでしょう。

現時点では2400なら展開向きありきの馬という認識でいいと思います。

1600でもG1級の相手で平均以上に流れそうなら懐疑的な部分はあるので、その点には注意した方が良いでしょう。

[追記]

マイルCSではインディチャンプに次ぐ2着。直線向く段階で少し外を回したとはいえ最速地点で良さが出なかった。

スローからの瞬発力戦といってしまえばこれも同様なのですが細分化すればやや違います。

マイルCSはラスト4Fでやや加速して、そこからのラスト2Fの落差が小さく、ややロンスパ寄りの瞬発力戦のイメージで金鯱賞やマイラーズCとは異なります。

「今回の評価」

ポイントはとにかくポジションとペース。スローで2番手付近の位置が取れればチャンス。

それでも簡単ではなく、後方勢の早仕掛けに巻き込まれないことが大切。

早仕掛けを無視できるリードを作るか、レース自体の仕掛けが遅れるか。

こうなれば現役でも最強クラスの馬です。

ただこれは相当消極的なレースでマイルの本番で起こる可能性は結構低いので勝つ要素はあるが、そこを狙うのは難しいでしょう。

スローだとしても、早仕掛けにある程度巻き込まれながらも残れるのかどうか?もしくは、平均に流れた中でどこまでやれるのか?これを考えるべき。

そうなるとおのずと答えは出るでしょうが、、、

上位人気分析まとめ

ということで、上位人気の分析をしていきました。

総合力ならやはりインディチャンプがケチを付けづらいのですが、決定的な武器のなさがどうでるかがポイントでしょうね。

極端な展開に張って、そこに適正がある馬を狙う戦法なら、ダノンプレミアムもグランアレグリアも選択肢に入ってきますが、どう考えるかですね。

絡めやすい穴馬を決めて、そこから判断して展開を決め打つのも一つの手だとは思います。

ということで、今週の安田記念のまとめとしての穴馬は下記、ブログランキングに掲載しておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

土曜段階でのオッズを考えてもこれは不当。

明らかに舞台設定は向きますし、極端な展開でこそ好走してくるというタイプではないかなと思います。

更にアーモンドアイが苦手とする展開にもハマる。

穴としての役割は十分に担う1頭になるでしょう。

【日本中の凄腕馬券師が大集結!無料会員登録スタート!】

>>今なら無料登録で厳選情報無料公開!<<

遂に誕生しました!屈しの馬券師達が一同に揃った最強のサイト!

その名も『J・H・Aです!

もう既にこのサイトを知っている人も多いかもしれませんが、

その破壊力!単純に凄い!

ということを知っている人は少ないのでは!?

これまで無料会員登録は行っていなかったのですが

今回なんと限定30名様ですが無料登録募集を開始しました!!

元厩舎関係者や競馬記者など業界関係者すら名を連ねるサイト!

当然、その情報力は他のサイトを凌ぐと言って過言ではないです。

しかもなんと!無料登録でその一部を公開してくるとのことです!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

JHAの何が凄いってさすが日本屈指の馬券師の集まり。

”兎に角当たります。”

近走もこれくらいの配当はガンガン出ているのですから驚きですよね!

これが毎週のように続くのですから、プロの力って本当に凄いです…。

実際多くの会員様(既に参加されている方々)は充実の競馬ライフを送っているとかいないとか…。

日本の精鋭達を集めた威力は伊達ではないということです。

このサイトがまさかの無料登録募集となればこれは参加しないほうが損!?ではないでしょうか。

今週は既に「鳴尾記念と安田記念」

激走馬裏情報を掴んでるようです!

登録は無料なので、試してみてはいかがでしょうか。

■登録方法は超簡単!

※メールアドレスの登録のみで簡単に無料登録できます。
※スマホの場合はQRコードを読み取るだけで簡単に登録できます。

↓ 無料登録 ↓

今週から厳選無料予想受け取る!

The following two tabs change content below.
【DKC競馬部】

【DKC競馬部】

予想家No,1を目指しております。 結構ガチな予想をしております。予想家始めて4年連続プラス収支継続中。更に勝つためにラップ理論にて猛烈驀進中。ラップ分析最強説。