【有馬記念2020】出走予定|ワールドプレミアの予想分析

【有馬記念2020】出走予定|ワールドプレミアの予想分析

ジャパンカップは49週の休養を経ての1戦で、6着となったワールドプレミアですが、この1戦はいかにも叩き台であるかのような1戦だったので悲観することはなさそうです。

昨年の有馬記念はフィエールマンを差し切っている実績は事実で、ここはダークホースとなるのではないでしょうか。

今年の有馬記念でも馬券になる可能性はあるのか?予想していきましょう。

後半の質は非常に高いものあるが相対的な面も

昨年の有馬記念で3着と好走したことが厄介でこれがなければ消し候補の1頭ではあります。

昨年の有馬記念の内容が今年にも繋がるものであるなら怖い存在にはなるのですが、昨年はフィエールマンを差したにせよ、そのフィエールマンは状態面に不安があったのは事実。

そしてかなり速めに動いていってのロンスパ競馬でペースを考えれば強き過ぎる競馬でもあったのでこのフィエールマンを鵜呑みにしてしていいかどうかが怪しいところ。

さらにこのときはハイペース戦で追走勢に関して言ってもややハイペース以上で進めておりかなり苦しい展開になっているのは事実。

これを考えるとバテ差しを決めたワールドプレミアは展開面に大きく恵まれた可能性が高い。

今年の有馬記念に関しても昨年と同じよな急なペースになれば話は変わってくるが、昨年ほど極端なペースは考えづらく、再現性を見込むのは難しい。

さらに言えば、昨年の菊花賞を制してはいるものの、この組に関して言えば低レベルだった可能性を捨てきれない。

確かにこの時はそれまでは器用差のかけらもないようなレースが続いていたなかで、コーナーでの動きも目立ち、コーナリングを経て出し抜く強い競馬ではあった。

有馬記念もそうだが、後半の質(末脚)というところではペースが流れたなかであってもスローペースの中であっても対応できるものは見せてはいるのは事実。

しかし、今年の有馬記念に関して言えば高いレベルで基礎スピードがある馬が揃っているので後半要素だけで同行するのは厳しいものがあるのではないだろうか。

明らかにここに照準を定めているだろう臨戦過程には好感が持てるがやや厳しい現状は理解しておきたい。

有馬記念の予想は無料公開!先週も高額的中でした!

「本物の価値ある情報」がここにはあります。

  • 本物の人材を確保
  • 独自のデータマイニング
  • メディアでは取り扱わない情報

などなど本格予想でお客様に満足を与えるこのサイト。

その結果・・・先週の朝日杯FSも高額配当の的中と連続の的中で今週も期待すべきところです!

正直このサイトを登録できる日は二度とないのでは?そんな風に思っておりました。

ちなみに、近走の的中結果がこちら!

その他にも一撃帯封超えの特大馬券も的中されています!

ちなみに、今週は「有馬記念」が無料で公開されることが決定しております!

会員登録後、厳選買い目情報が送られてきます!

しかも、今週だけではなく、今登録すれば毎週無料で勝負レースの買い目情報が送られてきますので、登録しないほうが損しているといえるサイトです!

登録は以下のバナーから!メールアドレスを登録するだけで個人情報も問われませんので安心してお使いください!

Copyright© 2021 【有馬記念2020】出走予定|ワールドプレミアの予想分析. All rights reserved.