【朝日杯FS2020】出走予定|モントライゼの予想分析

【朝日杯FS2020】出走予定|モントライゼの予想分析

2020年の朝日杯FSに出走を予定しているモントライゼを分析していきます。

小倉2歳Sではメイケイエールに敗れるも2着を確保し、京王杯2歳Sを勝利。

これまで明らかに高いパフォーマンスを見せている1頭で朝日杯FSでも当然人気することが予想されます。

初のマイル戦であり、京王杯2歳Sの時よりもメンバー強化となりますが果たしてモントライゼは通用するのでしょうか。

全体的なバランスは高いが抜け目があるのが玉に瑕

結論から言うと総合力というところでは高いレベルにいる1頭なのは間違いないかなと思います。

スプリント戦でも通用するレベルにある基礎スピードは持っているし、道中で溜めて後半要素を活かす競馬も見て取れる。

どんなレースになっても一応は対応してくる要素を見せているのが特徴かなとは思います。

前走の京王杯2歳Sでは平均バランスで流れる中で前々で立ち回って直線で後続に差させない後半の質を見せており、前からでも高い後半要素をもっていることを見せてきた1戦。

スタートも早いが2の脚のスピードもあるので前半から脚を使っていけるという器用な面もあるし、中弛みしたがラスト3Fから11.4-11.3-12.0のラスト3Fを東京で出し抜いてきたのは評価していいポイント。

ただ、ラスト2Fポイントで仕掛けてからスパッと切れる面はなくそこからジリジリ伸びてという感じだったのでシンプルにこれ以上距離が伸びてどうか?

余力があっての勝利ではなく、ギリギリの勝負だった気がする。

2走前の小倉2歳Sに関しても、この距離としては評価していい思う1戦。

前半33.9秒の流れでラスト1F加速ラップで終わってお、3着には0.7差つける競馬。基礎スピードの高さはやはりあるなという印象だし、追われて伸びてと後半の質の高さも感じだ。

ただ、ここは勝馬が強すぎたというレースなのでその2着なら上々。

この2戦からも総合的な面でみたらかなり高いレベルにある1頭だということはわかります。

基礎スピード面においても現状はトップレベルにあると思うし、後半要素に関しても前半から問われても対応するだけのものがある。

ただ、京王杯で見せたように恐らくペースが分散するレースになったら1400mが恐らく現状は限界距離。

これがマイルになって全体で流れるとシンプルにスタミナ切れを起こすのではないか?

そいう心配も出てくるかなと思います。

あと、もう1点不安な要素があります。

※以下、朝日杯FSでのモントライゼの扱いに関しましては金曜に有料会員様限定でお送りします!

保証付きの超優良人気サイト!

30日間全額保証!

先日200万越えの超特大馬券を的中させた競馬情報サイト「にのまえ」です!

その他にも京阪杯で高額的中!などかなり情報精度の高いサイトです。

「にのまえ」ではリスクを最小限に抑える必要があると考えており多角的視点から情報野正確差を高め、期待値を突き詰めて買い目を提供しているからこそ!といえます。

しかも万が一の保証制度もあるので安心してご利用いただけます。

正直、ここまでリスク回避ができ、重賞でも平場でも的中を量産しているというサイトは中々ないと思います。

・お金は大切だと認識する
・行動を起こす

など、根本的な部分から他のサイトとは考えかたが違い、競馬に対する向き合い方が本気だからこそここまでの結果を得られているとも言えますね。

実際、毎週沢山の会員様から問い合わせを頂いているサイトでもあるのでこの機会を逃すことなく利用してみてください!

今週は「南総S」が無料公開されます!

メールアドレスのみで簡単に登録できますので、今週からにのまえの凄さを体感してみてください!

>>無料登録はこちら!

Copyright© 2021 【朝日杯FS2020】出走予定|モントライゼの予想分析. All rights reserved.