【DKC競馬部最終結論!第335号】日曜競馬★11/10

―【本日の内容】――――――――――――――――――

~配信お蔵入りレース~
■ 本日の配信はありません。

~ メイン前・メインR注目馬 ~
■ 福島11R 福島記念
■ 東京11R オーロカップ

~DKC競馬部最終結論!~
■ 京都11R エリザベス女王杯

――――――――――――――――――――――――――

DKC競馬部管理局です!

本日はエリザベス女王杯が開催ということで注目を集めますね!

ここ最近の重賞ではしっかり結果を出せてはいますが大本線を仕留めれていないので

このあたりでそろそろ大本線がほしいところです。

それでは早速本日の予想へ!

※~~重要~~※

・<配信お蔵入りレース>こちらに関しましては、予想の参考にして頂きたいものです。

一応の見解は書いておりますし、DKC競馬部も軽く買ったりはしますのでご自身にあった形でご使用ください。

・リクエストを多数頂きましたので3連系を主に買っている方へ向けて紐で抽出したい馬を

買目見解の中で記載しますので参考にご使用ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・「タイプ別分類」

⇒ https://dandkkeiba.com/page-9922/

※11月6日「ラッキーライラック・クロノジェネシス」を更新しました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「買目見解」について。

“このレースでどう買うべきか”というのをDKC競馬部なりに書いております。

以前から言っていることですが基本、DKC競馬部では◎の単勝は抑えますので

余裕のある方は◎だけの単勝ですし、DKC競馬部では尖った展開で張るケースが多いので

総合的な馬がそのまま台頭して○▲×とかの組合わせで決まることがあります。

それらを防ぐためにBOX買いも余裕のある人はありだと思いますのでご参照ください。

★ 本題 ★

――――――――――――――
■ 配信お蔵入りレース
――――――――――――――

【】

⇒ 本日の配信はありません。

――――――――――――――
■ メイン前・メインR注目馬
――――――――――――――

【福島11R 福島記念】

「注目馬」

05:レッドローゼス

リリックドラマが単騎逃げでスローよりのペースに持っていきそう。

その展開ならリリックドラマが普通に逃げ切る競馬をしてきそうだが

外からアロハリリー、ウインイクシード、マイネルファンロンあたりも

早めに動いてロンスパで出し切りたいタイプなだけに最速地点はラスト4F、下手したら5Fあたりからの可能性もある。

そうなるとリリックドラマの逃げ切りに期待するのはやや無理が出てくるので、

今の福島のフラットな馬場状況を考えると中団から脚を使って行けるタイプを狙って行くのがセオリーか。

まず「レッドローゼス」はここ2走の内容がやや微妙なところだが、これまでの競馬を見ると

流れた中でもしっかり脚を使えている点、スローペースならポジションも取っていけるという点では魅力。

もしな流れが落ち着くようであれば自ら動いてレースメイクしてくる可能性もあるし

レース自体が途中から動けばまさに絶好の展開にもなりそう。

長くいい脚を使うタイプなので展開読みづらいここなら巻き返しがあっていいだろう。

アロハリリーは極端な後半特化戦になると切れ負けする面があり、ある程度流れる中を前目から出し抜く。

というのが好走スタイルで、今回は長くいい脚を使えるか?というところだが

この馬のポイントは前目から脚を使えるところなのでここは自ら流して行く可能性もあるだろう。

どちらにせよレースはしやすい立場にいるのでおもしろい存在ではある。

マイネルファンロンは近走の競馬を見ていると高速よりの馬場だと対応できない面を見せているが

トップスピードが問われないロンスパ戦か、2走前の函館記念のように流れた中では脚が使える。

ある程度相手依存の面は出てくる1頭ではあるが、条件的には向いてきそう。

ステイフーリッシュはもしガツガツに流れると最後まで脚を使えるか?

そこに不安はあるが上記に書いたような流れになるならここはハンデが重くても走ってくるだろう。

札幌記念はさすがに相手が強かったし、鳴尾記念のようなレースになれば。

一応下記の購入対象馬を本線に構えての2連系で勝負。

3連系まで行くなら(06、12、15)

【購入対象馬】

・02リリックドラマ
・05レッドローゼス
・08マイネルファンロン
・09ステイフーリッシュ
・10クレッシェンドラヴ
・14アロハリリー

――――――――――――――
■ DKC競馬部最終結論
――――――――――――――

<京都11R エリザベス女王杯>

■想定展開:スロー

■有利な脚質:先行~差し

【自信度:★★☆☆☆】

【波乱度:★★☆☆☆】

まずいつも通りの流れで展開予想からと言いたい所ですが、今回は少し違った切り口で入っていきます。

なぜエリザベス女王杯にはリピーターが多いのか?

というよりリピーターが多いと言われるレースは有馬記念などいくつかあります。

この理由を論理的に処理する事ができれば、一つの武器になるでしょう。

では、今回はまずこの点から分析していきます。

結論から言うと理由は牝馬限定かつ中長距離という事。

単純に他のG1に比べて参戦対象の馬が限られますよね?

そうなると紛れの可能性も下がりますし、母数が減れば能力の平均値も下がるから、

その中で能力高い馬の突出度が相対的に上昇する事が1つの理由です。

もう少し掘り下げていきます。

毎年同様の馬が走ってくるというのが他のレースとどこ違うのかが重要です。

1年おきに同一レースが行われる点は当然他のレース同様。

なので、馬の衰えや成長などに関しての差異は認められず理由にもなりません。

しかし、リピーターが多いのは紛れもない事実。

つまりどういう事かと言うと、レース質自体が特殊という事が言えます。

レース質が特殊というのは適性が強く問われるレースと言い変えられます。

馬の能力は成長や衰えで変化していきますが、適性というのはあまり変化しません。

【あまり変化しない適性を強く問われる=その適性を持った馬は毎年優位になる】

これがリピーターが多いレースの特徴です。

逆説的な部分も大きいですが、こう考えて間違いないでしょう。

わかりやすくする為にリピーターが多いわけではないレースがどうなのかも記します。

【能力が最も問われる要素で適性は補完的位置づけ=その時の能力が最上位の馬が優位なる】

能力というのは変化しやすい項目なので、毎年好走するにはそれを維持か成長が要求されるので難しくなります。

こう考えると論理的にリピーターが多いレースを説明できます。

ならば、これは丸々予想に使える理論になります。

次にエリザベス女王杯に求められる適性がなぜ特殊になるのか?

これは牝馬戦線においては長距離に分類される2200mという距離です。

これより長いレースや同等のレースはオークス以外経験していない馬が多いです。

そうなってくると流していくのも早仕掛けも距離への不安から消極的になります。

仕掛け所が遅れて、前半もスローペースになる。

そして距離適性も問われてくるレース。

これがエリザベス女王杯の特徴です。

これを軸に考えると、まず本命候補筆頭になるのが「クロコスミア」です。

この馬が本命に足る存在なのかをラップ分析で考えていきます。

・クロコスミア

2年前のエリザベス女王杯から。

前後半3F36.5-34.4のスローペースを先行して2着。

ラスト4F12.2-11.6-11.2-11.6のラスト2F最速の瞬発力戦。

仕掛け所が遅いレースを前で進めて一脚使って先頭に立ち、そのリードを残すという競馬。

次に去年のエリザベス女王杯。

前後半3F36.4-34.7のスローペースを逃げて2着。

ラスト4F12.0-11.6-11.4-11.7のラスト2F最速で一脚使ったレース。

直線入った段階でしっかりリードを持って抜け出したがリスグラシューに僅かに差された。

この2年はほぼ同じ競馬をして2着。

距離適性に関しては信頼がある分積極的に競馬できる中で、他が消極的なのが向いています。

昨年にしてもリスグラシューに僅差の競馬ができている訳ですし地力も流石に認められます。

今年が近年の展開と大きく変わるならば、評価は一転しますが、その可能性が高いと明確に示唆する要素もない。

というより結局人気がないので、例年の展開になると考えれば期待値あるでしょう。

ただ人気がないのは近走の凡走が原因でもあるので、その点は考えなくてはなりません。

中山牝馬Sは中団からになっているので度外視。

阪神牝馬Sはラスト3F最速でロンスパを要求された。

札幌記念は中盤緩まずに淡々とした流れで牡馬相手に7着。

府中牝馬Sも中盤が緩まずに淡々とした流れで敗戦。

こう並べて見ると、中盤が緩んだレースは単純に近走経験していません。

年齢的に衰えている可能性もありますが、断定できる凡走があった訳でもなく人気落ちなら。

では、ここから相手を考えていきます。

スローペースで前目から一脚使う馬。

もしくは、中団後方から一気に差し切る後半要素を持った馬。

この2パターンが主な好走候補。

  • ラヴズオンリーユー
  • クロノジェネシス
  • ラッキーライラック

この3頭に関しては詳細分析をご覧ください。

⇒ https://dandkkeiba.com/page-9922/

ラッキーライラックは距離適性長い可能性ありますが、スローで前目を楽に取って縦長の先行で直線仕掛け所遅れればチャンスあり。

クロノジェネシスは明確に嫌う理由なく、古馬と混じってどうか?という所だけ。

となると2頭とも嫌いづらいです。

その中でラヴズオンリーユーは人気ですがやや疑問。

距離は間違いなくこなせますがトップスピードをこれまで問われていません。

例年のパターンを前提とすれば、中団からの競馬だとトップスピードがなくては届きません。

その点を見せていないのは不安視できます。

しかし、この馬の場合は未だ負けなしなので単純にトップスピードがないという証明があるというより、まだ見えていないだけです。

この見えない部分をないという方に割り切るという事です。

他の馬ではまずウラヌスチャーム。

距離が延びて前半楽になれば先行策も意識できる馬ですし、後半要素もある程度実績あり。

中団前目から後半要素を活かす形ならチャンスあり。

スカーレットカラーは後方からリスグラシューなどと同様に差し切れるだけの後半要素を持っているかがポイントに。

ただ、ある程度ポジション上げる可能性もありますし、後方からでも圏内の後半要素は近走見せています。

センテリュオは距離適性はメンバー中でもかなり上位の可能性あり。

中距離でロンスパを引き出しているので、そこの安心感からくる積極性でポジション確保できれば。

最後にフロンテアクイーン。

総合力が高い馬でどんな展開でも牝馬戦線ならまとめてきます。

この手のタイプが人気落ちなら確実に抑えておきたい。

【印】

◎06クロコスミア
○08クロノジェネシス
▲10フロンテアクイーン
☆02ラッキーライラック
×04、12、16

<買目見解>

◎からの馬連・ワイドを資金配分で調整。

余裕のある人は単勝も抑えておいていいと思います。

○~買うなら印全頭行くと期待値的に微妙なので買うなら▲☆までという感じ。

3連複は◎~○▲☆~印でまずFMSで購入。

(ここはワイドを厚めに行くなら買わなくていいと思います。)

3列目に追加できる人は(03、11、14)を加えながら。

■ 重要 ■

【馬番の記載ミスがある場合は馬名優先でお願いします。】

また緊急時に備え下記LINEを登録して頂き

なにかありましたらLINEからメッセージを頂いても構いません。

ただ、 「LINEで最終結論を個別に受け取りたい」

などの要望には受けれませんのでご了承ください。

▼LINE@ 「DKCFamily」

https://line.me/R/ti/p/%40sml4042d

それでは本日はこれで勝負です!

引き続きDKC競馬部をよろしくお願いいたします!