本命馬の好走要因及び敗因(12月14日・12月15日分更新)

12月14日(土)

中山

・7R ◎スカイテラス 11着(VIP)

シンプルに力負け。逃げて平均くらいの流れで、ラスト3F最速から全く対応できず。

初戦の内容を評価しすぎたかなという感じ。

・11R ◎モアナ 15着

恐らく高速馬場のほうがいいし、前半要素を問われ過ぎての敗戦でコーナーでの位置取りも響いての敗戦。

今回は度外視でいいだろうし、力負けという印象は受けなかった。

阪神

・10R ◎ウインメルシー 6着(VIP)

バテ差し決まっての敗戦で、道中伸びるかなと思ったところで外からの手応えに負けた。

前走のように直線要素にかけた方がよかったかなという感じで、意識的にポジションをとっていったのが災いしたかなという感じ。

このクラスでは通用する力はあるだろうが、乗り方がやや難しく見えるので次走軸というよりは相手の中で。

中京

・10R ◎クリノアリエル 8着

特にこなせない要素はなかったので、シンプルに前残りの中で脚を余したという考え方でも良さそう。

最後まで詰めはしたがもう少し状況がむいたほうがいいので、差しが決まる状況で見直し。

後半要素に関してはここでも通用するものがあるのは間違いない。

12月15日(日)

中山

・11R ◎イレイション 3着

レースメイクできたので都合のいい展開に持ち込めはしたが最後は力負け。さすがに上が強かったと判断していいだろう。

この形が取れるので基本的には安定型だとは思うが、前から後続を出し抜くだけの後半要素はややこのクラスだと足りないかなと思うところがあるので、相手依存する面は出てくるだろう。

阪神

・3R ◎サーストンカイドー 1着(VIP)

縦長のロンスパ戦で前半要素が問われる中をロンスパで出し切り直線で一脚使っての勝利と内容は悪く無かった。

前半流れる中でも脚はしっかり使えるし以前の内容からスローからでも問題ないということが判明。

次走、昇級しても通用する見込みはあるし、なにより買いやすい。

・7R ◎イバル 6着(VIP)

意識的にポジションを取っていったものの、最後はバテ差し決まっての流れでそれなりに頑張ったもののという結果。

乗り方は悪く無かったが結果的に展開不向きとなってしまった。

恐らく後ろから構えてロンスパで出し切る方がいいが、もう少し流れが落ち着くならこの形で良さそう。

このクラスでも通用する見込みはあるので、次走も流れ次第では意識したい。

・10R ◎ウーリリ 5着(VIP)

自信度Aで出した1頭。期待値とコース性質を考えればここから行くのがベストと踏んだが、結果阪神外回りとしては珍しく、且つ元町Sとしては近5年の中では初めて流れてのレースで敗戦。

前半3F34.9を見たときに終わったと思ったものの、前半要素を問われながらの5着はこの馬としては上出来で馬の成長は見られた。

以前はスロー特化だったものの、今回は一旦前との差を詰める面もあった。

結果流れたことでの敗戦に変わりは無いが、今回は勝ち馬が流して行った分なのでもちろんスローで流れる可能性があるなら次走は買い。

・11R ◎ペールエール 16着

詳細回顧をご覧ください。