本命馬の好走要因及び敗因(8月10日、11日分更新)

8月10日(土)

札幌

・9R ◎タイトロープウィン 2着(VIP)

見立て通りの競馬ではあったがシンプルに勝ち馬が強すぎた。
更にラスト4Fからのロンスパ戦でラスト2Fで一脚求められる展開のため先行勢には少々厳しい流れとなり、ロンスパ巧者がそのまま台頭。
その中、前から流れに乗っての2着は評価してもいいだろう。

新潟

・6R ◎アースドラゴン 2着(VIP)

これまでも高い後半要素を見せて競馬をしており、その点に関しての裏付けはあった1頭。
今回に関してもドスローからの後半特化戦で、結果的に差し馬場だったということを考えると流れは向いての1戦ではあるが、やはり直線で出し切る競馬はあっていると判断することができるのでこのクラスはさすがに次走あたりで決めてくるはず。

・9R ◎ラティカ 14着(VIP)

シンプルに力負けだったということもあるので、クラス慣れは必要になってくるが大きく出遅れて後ろから進めることになったのも敗因の1つ。
直線でも勝負どころで後方待機、且つ大外分回しで届くだけの直線要素があるわけでもなく勝負にもなっていない1戦なので、この着順は度外視でもいいだろう。
ただ、シンプルに基礎スピード面でもこのクラスではまだ足りない印象なのでその点でクラス慣れが必要と判断。

・10R ◎ルナステラ 3着

これまでの相手関係から考えてもここで勝負になるだけのポテンシャルはあると見ての本命。ただ思ったよりも一列後ろからの競馬になった分、ラストは前を捉えるだけの後半要素は出し切れずの3着。上り32秒台のかなり高い後半要素を問われているだけにもう少し前半要素を活かしての競馬ができていれば違ったかなという感じ。
それでも2勝クラスで躓くような馬ではないはずなので今後も期待。

・11R ◎ジュランビル 6着

シンプルにここまでの前半特化戦になると対応できないということだろう。平均~スローまでの展開の中で前から出し切るロンスパ競馬ならいいのだろうが、ハイペースまでなるとという感じ。ただ、それでも6着に粘っているようにポテンシャル自体は低くないので今後も展開1つという感じ。

小倉

・10R ◎アグネスリバティ 3着

この3着に関してはむしろいい内容だったのではないだろうか。
これまでの競馬を見ても明らかなうように、前半要素を活かしての競馬で後続に脚を使わせながら前で出し切るロンスパ競馬というのが主だが、今回はハナに行かず(行けなかったのもある)やや後ろから後半要素を出し切る競馬での3着。
やはり逃げて前半要素を活かしての競馬のほうが合っているとは思うが、この形で崩れなかったのはシンプルに評価してもいいだろう。

・11R ◎ナムラアラシ 7着(VIP)

見立て通りのハイペースでバテ差しきまると見ての本命だったが、まず後ろから進め過ぎたこと、ラストの進路を間違ったといっても過言ではない騎乗が敗因。
直線では前がドン詰まりでロンスパできない状況になったのでこれは展開が向いただけに悔しい結果。

8月11日(日)

札幌

・6R ◎シャンデフレーズ 3着(VIP)

見立て通り前半要素で押し切る形の競馬ができる1頭で、逃げの形で進めたもののやや、道中緩めた分で番手近くに着けていた馬にドはまりした展開。これにラスト捕まってという形だったのでこれだけを見ると前半要素を出し切って競馬の方がいいのかもしれない。

・8R ◎エターナルブレイズ 14着 ◎ノーブルプルート 3着(VIP)

エターナルブレイズに関しては出遅れて後方からの競馬、これは度外視でいいだろう。
ノーブルプルートは外から基礎スピードを活かして前で競馬できたことが一番の要因。
直線で一脚使う競馬も見せているので力は出し切ったが、3着に敗れたのは強きに仕掛け過ぎた面もあったかなという感じ。力負けという感じではないので次走以降もこのクラスで結果を出してきそう。

・10R ◎トミケンボハテル 4着 ◎クラサーヴィツァ 10着

トミケンボハテル:スローに落とし込んで、ラスト3F最速のロンスパ戦だったが、一脚使っての競馬。ただシンプルにロンスパで飛んできた馬に差されたという内容なので結果的に展開ドはまりプランは作ったが力負けしたと見る。

クラサーヴィツァ:ちょっと掴み切れない面もあるが、恐らくスローで流れた分かと。要は直線で多少なりともギアチェンが問われる展開になると対応しきれずそこでおいていかれる。比喩的な表現をするならダーッと流れて出し切る競馬のほうが恐らくいいはずなので今回は展開は合わずと判断することのできる1戦。

・11R ◎ドリームキラリ 11着

これはもうさすがにペースが流れ過ぎたと見ていいだろう。
これでも対応できるかなと思ったがこれは見解でも書いた通り逆張りでいってダメなパターン。シンプルに次走は見直しても。

新潟

・7R ◎アイアムピッカピカ 2着(VIP)

勝ちパターンだったがこれは勝ち馬にうまく乗られたと言っていい。
好走パターンはこの形で基礎スピードを活かして前から出し抜くスタイル。
この距離なら相対的に前にも行けるので次走もこれくらいの距離で期待したい。

・10R ◎ドラゴンカップ 1着(VIP)

前走の内容があまりにも強かったのでここは自信を持っての軸指名でその通りに走ってくれたという感じ。
好走パターンは要はこの形で前につけてそのまま直線も出し切っての競馬で器用さがあるわけではないが、追って中々垂れない、いわゆるロンスパ性の競馬ができる。
昇級しても基礎スピード面さえカバーできるならおもしろい。

・11R ◎ハーレムライン 11着

見せ場は作ったが、懸念した通り根本的に力が足りなかったというところと、ギアチェンは優れているものの、ロンスパ競馬は足りないという点からこの形は想定の範疇。
一脚使うタイミングがもう少し遅ければというだけの話であっても掲示板だったかなというところではあるが、これではっきりしたのがロンスパはまず無理なのでギアチェン要素をどれだけ生かした競馬が今後できるかだろう。

小倉

・4R ◎ファストフォース 2着(VIP)

前半特化戦に持ち込んで前から出し切って2着と大健闘の内容ではあるが、この形でドはまりした馬に差されたという感じ。それでも内容は強いし、このクラスはこの形でそろそろ突破してもいい。このっ形で好走できるなら昇級しても楽しみはある。

・11R ◎ラテュロス 2着

ややスロー水準で流れたものの、淡々とした流れでラスト3F最速戦のロンスパ競馬で出し切っての2着、この馬のいわゆる好走パターンにも該当する形で極端にスローで後半要素に比重の寄ったレースだと分が悪い可能性もあるが、それも前からレースメイクできる点が強み。
ただ、東京などの大箱で極端に後半要素を求められる舞台だと厳しい面はありそうなので、小回り、内回りである程度流れてロンスパ競馬になりそうなところで狙いたい。