本命馬の好走要因及び敗因(8月31日・9月1日分更新)

8月31日(土)

札幌

・8R ◎アリスブルー 2着(VIP)

やや流れてハイペース水準の前半特化戦で前から出し切っての2着、負けはしたものの内容的には上々で負けて強しだったといっていい。

前走がスロー水準からの超ロンスパ戦での結果で、このクラスでは展開不問で通用すると見て良さそう。次走も素直に買い。

・10R ◎ショウナンアリンナ 3着 穴プリディカメント 10着

ショウナンアリンナ:流れてバテ差し決まる展開に張ったが結果は前から出し切った馬がそのまま台頭する流れでその中差してきての結果、これは負けて強し、脚を余しての結果と見ていいだろう。

極端な前残りでもない限りは後半要素を出し切れると今後も見ていいだろう。

プリディカメント:外枠発走で、思った以上に流れずの結果なのでこれはノーカン。前走はやはり買い過ぎではあったが持ち味を殺されたレースだった。

・11R ◎ディアセオリー 8着

勝ちに行く競馬でロンスパ出し切ったが前半要素が思った以上に必要だった分最後まで脚が残っておらず。

結果バテ差し決まってのものだったので力負け以上に展開不向きだった。

新潟

・3R ◎ブレーヴユニコーン 9着(VIP)

やや負けすぎだが、シンプルに逃げたことでラストは気が抜けたと判断することもできる。

前半要素を活かした競馬で後半要素の比重を少なくして前から出し切るタフなレースならという感じだが今後はもう厳しいか。

・9R ◎ラレゾン 7着(VIP)

前が飛ばしすぎた分かなりのロンスパ競馬になってしまった。ラスト直線一脚使って伸びたが超ロンスパ戦に対応できずの結果。ロンスパ行けないこともないが、スローからギアチェンで出し切る競馬のほうがいいだろう。

・11R ◎ミッキーブリランテ 4着

逃げてレースメイクしたが目標にされた分最後は詰まってしまったという感じ。

力負けという感じではないが、相対的な評価で狙っていったほうが良さそうな馬。

スローで後半出し切る形が悪いというわけではないが、現状はスローだと後半要素でやや見劣る面があるので前半要素を活かした競馬ほうがいいのかもしれない。

小倉

・4R ◎パーティナシティ 1着(VIP)

見立て通りの逃げで楽勝、前走の内容が強かったので当然の結果だが、今回に関してもバテ差し決まる中で前から出し切っての勝利と見た目以上に内容は濃いので昇級しても通用する可能性の方が高いだろう。

・10R ◎ウインルチル 6着 ルナステラ 3着

ウインルチル:前半特化の中で脚が溜まらずの結果と見れるので現状はハイペースまでいくよりもスローから平均まででロンスパで出し切りのほうがいい。

今回に関してはラストで一脚問われた面もあったので展開的に不向きだった。

ルナステラ:能力だけで対応してきたが、小回りでロンスパ戦というのはこの馬としてはどうにも合ってない印象で大箱でロンスパ出し切りのほうがいいだろう。

今回は条件合わない中での好走で能力のを見せたが参考外。

9月1日(日)

札幌

・7R ◎パラーティウム 3着(VIP)

ややハイペースで前から出し切る形をとり直線一脚使って更に伸びたが、結果差し決まる馬場状況もあって状況が悪かった。

基礎スピード負けしないメンバー構成で馬場コンディション次第がフラットな状況までなら次走は決めるはず。

・11R ◎マイハートビート 11着

もう少し前からの競馬を想定していたが中団より後ろで結果スローのロンスパ戦も出し切ることができず。ほぼなにもできずのレースではあったがスローで流れてポジションを取れなかったのはやや気になるところ。

距離を不安視したのか、なんにせよ嫌な負け方で次走は買いづらい。

新潟

・9R ◎マラードザレコード 2着(VIP)

見立て通りで前から出し切る形はとれたが、相手が強くこれは力負け。

ただ次走も同じような形が取れる相手関係ならそろそろこのクラスは決める。

・11R ◎ダイワキャグニー 着(VIP)

恐らく斤量も響いての凡走で、基礎スピード負けしている点からスタートの時点でほぼダメ。

更に直線では前が詰まって勝負どころでギアを入れれておらずでレースになっていないのでこの負けはシンプルに仕方のないものと判断していいと思います。

条件としては悪く無かったと思いますが状況が伴わずで、スローで出し切る形ではなく平均からロンスパ戦とレース質自体は悪く無かったのでややもったいないレースとなりました。

小倉

・6R ◎シャイニームーン 15着(VIP)

タフ馬場のロンスパ戦、前半特化戦でラスト4Fで11秒台を入れるようなペースを逃げ切るとなると馬場状況も見方しないというところで全く状況が向かなかったのでこれは仕方のない敗戦でしょう。

良馬場でスローから出し切る形がベスト、流していいところはありません。

・7R ◎アイファーキングズ 13着(VIP)

道中被されっぱなしで前から出し切る形も取れなかったという点で全くの度外視でいい1戦。

かなり厳しいレースを強いられていたので次走基礎スピード負けせず被されない形が取れるなら通用するとみていいでしょう。

・10R ◎ゴールドラグーン 1着(VIP)

展開次第というよりは比較的差し馬が台頭するケースが目立っていた小倉の中で前から出し切っての勝利と強い競馬を見せましたがこれは能力的に抜けていたという可能性が高い。

前半要素を活かしての競馬でラスト4F最速からのロンスパ戦。いかにもダートらしい展開で前から出し切っての勝利で見た目以上に内容の濃いレース。

これは次走、昇級してもまず基礎スピードで負けなければ通用すると見ていいでしょう。

・11R ◎グランドデゥーク 13着

これに関してはラップ云々の要因が強すぎるだろうという負け方なので度外視でいいとは思います。

ひとつ言うならスタート決めれず後ろからの競馬になったことでまったくいいところなく終わってしまったという形。

タフ馬場はOKだったとは思うのでもったいない気はしますが、これは仕方のない負け方だったと思います。