【チャンピオンズカップ2018】予想と最終追い切り分析|GD突如回避で混戦

チャンピオンズカップ2018の予想と追い切り分析を中心とした記事を書いていきます。

チャンピオンズカップで軸確定だろうと思っていたゴールドドリームが回避となりガラリと混戦模様を窺わせる形となりました。

以前の記事でも書いた通り3歳勢は中々買いにくいというのがチャンピオンズカップでもありますし、2018年主力となるのはこの3歳勢。

その中にして巻き返し必至だったのがゴールドドリームだったのでこれは少し残念ですね。

ただ予想をやり直すというレベルの話でもないので、予想観点を変えつつ、的中を目指していこうと思います。

ということで、本日は各馬の最終追い切りを中心とした調教診断を行っていきます。

20161104003514079_276

ゴールドドリーム回避で突如混戦と予想

冒頭でも書いた通り、主力となるはずだったゴールドドリームが回避となりいきなりの混戦ムードが漂う2018年のチャンピオンズカップ。

ルヴァンスレーヴやオメガパフューム、ケイティブレイブなどまだまだいるぞ!?と、なりますがこの3頭はいずれも不安材料を抱えており、DKC競馬部の中では比較的ゴールドドリームが鉄板ではないかと予想していました。

ちなみにルヴァンスレーヴ他の懸念材料は以下の記事にまとめてありますので是非予想の参考にご覧ください。

【チャンピオンズカップ2018】好走するための条件を予想してみる

十中八九ゴールドドリームを軸で行く予定でしたし、そういう人は多かったと思いますが回避となってしまっては仕方ないですね。

ただだからと言って自暴自棄になるようなこともないですし、それならそれで好走する条件に見合う馬を中心に予想を組み立てればいいだけの話。

普通に考えればルヴァンスレーヴでいいんですが、最終的な判断までその決断は待ちたいと思います。

まずは、各馬の最終追い切りをしっかり確認し、仕上がり面を探っていきましょう。

というのも、ルヴァンスレーヴは恐らくハナからチャンピオンズカップを目標に仕上げられてきましたが、他人気が予想されるケイティブレイブ、オメガパフューム、サンライズソアなどは前走のJBCが最大目標だった可能性もありますからね。

ダート馬なのでタフであることは間違い無いと思いますが目標を一度使われた状態面というのはやはり気になるところです。

早速行ってみましょう。

チャンピオンズカップ最終追い切り分析

★先週のジャパンカップも好追い切り馬3頭での決着。今週もここにあげた馬は注意しておいて損はないと思います。★

★ 調教総合評価から有力人気馬+特に気配の良かった馬の評価を公開!★

■ 調教チェック人:競馬部本部

■ チェックポイント:動き / 馬体 / 内容
評価基準値>> S>A>B>C
※あくまでDKC競馬部の主観です。

アンジュデジール

【栗東・CW / 一杯
<82.7-67.1-52.2-38.3-11.9>

【評価】
<動き B 時計 B 馬体 B 気配 B>

最終追い切りはCWで併せ馬、かなり内を通ったので時計面でも評価できるものではないですし、外々を回った馬に遅れを取っているのでこれも評価はしにくい。

元々、最終追い切りは坂路で調教されることが多い馬ですが今回はCWでというのは気になるところですし、内容もそこまでよくないだけに2018年チャンピオンズカップでの紅一点で注目を集めますが特段追い切りから評価できる部分はありませんね。

ルヴァンスレーヴ

【美浦・南W / 一
<不明>

【評価】
<映像確認できず>

最終追い切りは映像を確認できなかったですが、一週前追い切りの動きを見る限りは順調な調整過程を歩んできているなという印象を受けます。

坂路で一杯に追われて併せ馬でという調教。迫力もありましたし、気迫を感じるものでもありました。

ただ、あくまでそれは予想の範疇を越えないのでこれだけで状態面は完璧だという判断はできませんし、そもそも基本的にはコースで一週前、最終追い切りと行ってくるのがパターンの馬なのではっきり言って追い切り過程からは好感はもてません。

それを踏まえても実力はいうまでもないところなのでどう評価するかを決めないといけない1頭ですね。

ノンコノユメ

【美浦・南W / 一
<不明>

【評価】
<映像確認できず>

この馬もまた美浦の最終追い切りは確認することができませんでした。これはちょっと痛いですね。

舞台設定としては前走からガラリとよくなるなという印象を受けていましたが、最終追い切りを確認できない以上ルヴァンスレーヴ同様に状態面がどうこうというのはあくまで予想の範疇を越えませんので評価に困るところです。

ただ一週前追い切りに関しては軽めに追われてのものでしたが明らかにいい仕上がりにあるんだろうなと思わせる気配で、動きともに上々でした。

まず、順調ではあると予想できますが、レース展開も重要になる1頭なのでどう評価するかは難しいところです。

サンライズノヴァ

【栗東・坂路 / G前一杯
<53.5-38.9-25.1-12.6>

【評価】
<動き A 時計 B 馬体 B 気配 A>

最終追い切りは坂路で併せ馬、G前一杯に追われる調教となりました。

この日の坂路の馬場状況を考えればこれくらいの時計でも上々だと思いますし、一切のブレなく真一文字に坂路を駆け上がる面を見ても状態面に不安はないでしょう。

しっかり加速ラップを計時していますし、しっかり先着もできていますからね。

まず追い切り過程からは不安要素はないと判断してもいいでしょう。

あとは、この中京1800mという舞台設定がこの馬にどう出るか?東京の一辺倒のレースでは力を存分に発揮することができる馬ではありますが、コーナー4つでどうでしょうか?

そのあたりが焦点になる1頭だと思います。

ケイティブレイブ

【栗東・坂路 / 馬也
<53.6-38.7-25.1-12.6>

【評価】
<動き A 時計 B 馬体 B 気配 A>

この馬の場合最終追い切りはハロー明けなのでその点を考慮すると時計面での評価は必要ないと思います。

明らかに前走のJBCが目標に調整されてきた1頭だったと思うので状態面が気になる1頭でしたが、一週前追い切りの動きを見ても、チャンピオンズカップに関してもなんら不安なく出走できるだろうと思います。

むしろ更にデキに関しては上がっているといってもいいかもしれません。

本格化したのは間違いないと思いますし、前走のJBCに関してもかなり強い競馬を見せてくれましたのでこの勢いでチャンピオンズカップも制してしまう可能性もあるなと予想できます。

サンライズソア

【栗東・坂路 / 馬也
<52.9-38.1-24.2-ー>

【評価】
<動き A 時計 B 馬体 B 気配 A>

最終追い切りは坂路で併せ馬、最後1ハロンだけ計時されていませんが、恐らく12.7秒くらいではないでしょうか。

前走がかなりタフなレースでそれを前々で引っ張っての競馬だったので反動がでないか少し心配しましたが、見た目にはなんら不安はない動きで、迫力あり、馬也で豪快という感じでした。

前走以上のデキという感じはしませんが、少なくても力を出せる状態面にあるのは間違いないのではないかと思います。

チャンピオンズカップでは展開利もありそうな4歳馬、更にモレイラ騎乗となれば結構怖い存在になってきそうです。

オメガパフューム

【栗東・坂路 / 強目
<52.8-38.7-25.7-13.3>

【評価】
<動き B 時計 B 馬体 B 気配 B>

最終追い切りは坂路で併せ馬、言えばいつも通りの調教パターン。

まず、一週前追い切りですがこれが非常に好感の持てる追い切りとなりました。

しっかり加速ラップを踏み、終い2Fが12.3-12.5なのでこれはレベルの高い追い切りとなったのではないかと予想できます。

ただ、最終追い切りの気配が今一つなのも事実。

時計面に関しては前走時とそこまで差のないものではありますが、手応えが劣勢に映るのは気になるところ。

明らかにとは言いませんが前走時の方が追い切り面からは評価できたかなと思います。

ただ、一週前追い切りを踏まえるとそこまで評価を落とすべきものでもないかなという感じなのでそれを踏まえて評価を決めていきたいと思います。

ウェスタ―ルンド

【栗東・坂路 / 一杯
<53.1-39.0-25.2-12.5>

【評価】
<動き B 時計 B 馬体 B 気配 A>

最終追い切りはハロー明けの坂路で単走という調教内容。

前走に関しても追い切りの雰囲気はかなりいいなと思った1頭ですがチャンピオンズカップに関しても調教内容からはなんら割り引く必要のない1頭かなと思います。

ただ、その前走が全く流れに乗れずの敗退でよく敗因が掴めませんが、もし左回りが原因だったとすると今回に関しても仕上がりはいいが、好走できないということも予想しておかないといけません。

ただ、やはり状態面はいいのでそれを踏まえて評価を決めていきたいと思います。

チャンピオンズカップ最終追い切り分析まとめ

以上、各馬の最終追い切りを分析していきましたがこの中以外にも、前走を一度使われて気配が上向いてきているインカンテーションや、前走完勝したヒラボクラターシュあたりも仕上がりに関しては不安ないかなという感じでした。

ゴールドドリームが不在となり本命が不在となりましたが、それでも追い切り分析を終え何となく予想も固まってきました。

ということで最後に、上記の中でもっともいい内容の追い切りを消化でき、仕上がり抜群!と、思える馬を1頭紹介しておきます。

2018年チャンピオンズカップ

↓ 追い切り分析で最も評価できる1頭 ↓


⇒ 人気ブログランキング

まず前走の反動は何ら気にならないという感じでした。力を出せるデキにあるのは間違いないと思いますし、このままいけば普通に軸でもいいかなという感じです。

ただ、幾つか気になる材料があるにはあるのでその点をどうするか決めて最終結論を出した位と思います。

<ブログでは書けない情報多数配信中>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

今週はチャンピオンズCの最終軸馬公開!

DKC競馬部3年目となるファミリーを募集中!

現在約7000名以上のファミリーが集結!

いち早くファミリーになることをお勧めします。

↓↓↓↓登録↓↓↓↓

友だち追加

DKCFamily!!

オレタチ(キ▼ー▼)人(▼ー▼キ)マブ

【チャンピオンC】馬主関係者の1点
━━━━━━━━━━━━━━━━━
問い合わせ殺到中!話題の馬主情報!

菊花賞も10万0590円的中!

大物馬主関係者が大金獲得に挑む

【チャンピオンズC・GI】

馬連1点&3連単30点

今回限り特別無料配信!

※早い者勝ちです。お急ぎ下さい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 重賞1点勝負で断然の実績! ■

菊花賞(GI)
[3連単30点] 10万0590円的中

毎日王冠S(G2)
[馬連1点勝負]    670円的中
[3連単30点]  1万0170円的中

札幌記念(G2)
[馬連1点勝負]   1330円的中
[3連単30点]  1万6590円的中

小倉記念(G3)
[馬連1点勝負]    790円的中
[3連単30点]  1万0700円的中

フェブラリーS(GI)
[馬連1点勝負]   1140円的中

ジャパンC(GI)
[馬連1点勝負]   1770円的中
[3連単30点]  1万3440円的中

チャンピオンCの1点勝負を入手

TS:チャンピオンズC300_250

今なら新規登録してされた方限定で安心の1ヶ月間保証サービス!

ちなみに、先週の最大利益は・・・

1,081,900円です。

乗るか、反るか。それはあなた次第ですが
ここまで当たるサイトというのも正直珍しい。。。

いわゆる「情報サイト」で、怪しい…そんな風に思う方も少なくないでしょう。
しかし今なら新規登録で1ヶ月の保証サービスもあるんです。
これって、いわゆる、自信があるからこそ。

まあそういうことですよね(笑)

先週に関しても最大利益は上記でも上げたとおり100万オーバーの馬券…。

下記のような結果を毎週のように出しているのだから驚きです・・・。

稼げる競馬予想。

本当にこの言葉が似合うサイト「競馬予想ルクリウス」

競馬予想の成功者が自分の味方!そう思うと心強くないですか!?

はっきり言ってこの機会を逃すことほど損な話はないので

今なら1ヶ月の保証がついているわけですから乗ってみるべきですよ。

▼登録は当然無料!こちらから▼

The following two tabs change content below.
【DKC競馬部】

【DKC競馬部】

” 競馬で稼ぐ ” をモットーに毎週勝負レースの予想を公開中! 結構ガチな予想をしておりますが、競馬で最も大切なことは 「 愛と情熱 」 です。2016年度年間回収率156%!2017年度も約120%!2年連続+収支確定!これからも全力で予想し皆様のお力になれる予想をお届け致します!