【東京新聞杯2018】予想|調教・追い切り分析!

東京新聞杯2018の予想と追い切り分析を中心に記事を書いていきます。

好メンバーが集結し、注目度の高い1戦ではあるが、果たして上位勢の扱いは?

グレーターロンドンやリスグラシュー、アドマイヤリードなど

さすがに東京新聞杯を目標にしているとは思えませんよねさすがに。

しかし地力が抜けているのは間違いありませんので

逆転できるとすればここを目標に仕上げてきた好状態の馬というでしょう。

と、いうことでしっかり追い切りを確認して仕上がり抜群の馬がいないのか?

早速予想していこうと思います。

10162619

DKC競馬部から注目情報がよりどりみどり配信される

無料のLine@グループ!

━━━━━━━━━━━━━━━━
▼DKCFamily絶賛募集中▼

Let’s

↓↓↓↓登録↓↓↓↓

160915_newbutton

DKCFamily!

オレタチ(キ▼ー▼)人(▼ー▼キ)マブ

━━━━━━━━━━━━━━━━

【PR】―――――――――――――

第68回 東京新聞杯(G3)

万馬券を狙い撃つ【3連単勝負馬券】

■□特別無料公開!□■

 >>ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

シンクタンク:東京新聞杯300_250

| 東京新聞杯2018 最終追い切り分析

出走馬全頭の調教をチェック!!

★ 最終追い切りから有力人気馬+特に気配の良かった馬の見解を公開!★

■ 調教チェック人:競馬部本部

■ チェックポイント:動き / 馬体 / 内容
評価基準値>> S>A>B>C
※あくまで競馬部の主観です。

■アドマイヤリード

【 栗東・坂路 / 馬也 】
< 52.5-38.4-25.2-12.6>

【 評価 】
< 動き A 時計 B 馬体 B 気配 B >

乗り込み量も豊富で一週前追い切りではルメール騎手が跨り一杯に追って調教。

しかし、最終追い切りでは馬也でのものなだけに

やはり目標は東京新聞杯ではないでしょうね。

鉄砲実績はないし、相性がいいとはいえ、鞍上は弱化する。

しかし、動きは力強さもあり舞台設定もG1勝ちのある適性舞台。

力を出せる態勢にはあるだろう仕上げなだけに侮れない1頭ではある。

雰囲気はいいし、目標は先だからと見限ってしまうのも危険な気も。

■クルーガー

【 栗東・坂路 / 馬也 】
< 53.0-38.7-25.0-12.2>

【 評価 】
< 動き A 時計 B 馬体 B 気配 A >

一週前追い切りでは坂路で一杯に追って51秒台を計時、

最終追い切りも馬也でラスト仕掛ける程度で12.2秒なら上々。

脚捌きも軽快だし、気合いも乗っているように見え、

富士Sから連戦4戦目となりますが引き続き好状態をキープしている。

今の東京の馬場状況も非常に合いそうな印象を受けますし、

気配もよくここは期待してもいいのではないかと予想できます。

■グレーターロンドン

【 美浦・南W / 馬也 】
< 50.9-36.3-12.4>

【 評価 】
< 動き A 時計 A 馬体 B 気配 A >

まず、先に言っておくと東京新聞杯が目標の舞台ではない。

それは明らかだと思うが、一週前追い切り、最終追い切りと非常によく見える。

前走時の最終追い切りと比較してもよくなっている印象を受ける。

3頭併せの最内を回ってのものだったが、動きは力強く、気迫も感じる。

いい頃のグレーターロンドンの状態にあるなといった印象。

一週前追い切りも【81.7-66.7-51.7-37.5-12.6】の時計は評価できる。

東京新聞杯では川田騎手への乗り替わりとなるが、

先週のシルクロードステークスでも乗り替わりで勝利しているように勢いもある。

このコンビ今回に関しては人気にはなるが侮れない存在となりそう。

■ダイワキャグニー

【 美浦・南W / 馬也 】
< 68.8-53.1-39.0-13.2>

【 評価 】
< 動き A 時計 B 馬体 B 気配 A >

最終追い切りの時計は目立ったものではありませんが、

躍動感、力強さのある動きを見せてくれました。

これなら力を出せるデキにあると予想して問題ないでしょう。

前走も走れるいい状態にはあったと思いますがやはり舞台設定か。

この馬の力を出し切っているとは思えませんので改めて東京で見直し。

ここは相手も揃っていますが、3走前の毎日王冠くらい走れるならおもしろい。

この先を考えてもここは何とか賞金を加算したいトコだろうし、

それなり強きな競馬に出ると予想できる。それに応えるだけのデキにはありますね。

■ダノンプラチナ

【 美浦・南W / 馬也 】
< 84.3-68.7-53.5-39.9-13.1>

【 評価 】
< 動き B 時計 B 馬体 B 気配 B >

元々調教駆けするタイプの馬ではないので、時計もこんなものでしょう。

ただ、前走時の最終追い切りと比較するとやや見劣らなくもない。

一週前追い切りでも特に目立ったトコはなく追い切りからは正直推しづらいが

それでも元々能力自体はあるし、昨年の東京新聞杯よりも臨戦過程はいい。

蛯名騎手から田辺騎手へ替わるのはプラス材料だと思っていいでしょうし、

人気を落とすなら妙味のある1頭だが、人気にはなるんだろうなー。

■リスグラシュー

【 栗東・坂路 / G前追 】
< 49.8-36.2-24.0-12.3>

【 評価 】
< 動き A 時計 A 馬体 B 気配 A >

最終追い切りで猛時計をマーク。

しかしこれは狙ってのものではなくて、調整的には終いを伸ばす感じ。

それでも4Fで自己ベストをマークしてくるのですから

一息入れて馬が成長した、好状態にあるのではないかと予想できる。

ラップを見ても2Fで11秒台をマークし最後は少し甘くなったが全体的に好時計。

好気配であることは間違いなく東京マイルというのも良さそうな印象。

武騎手に戻るのも好材料だしここは休み明け初戦から期待できる。

| 東京新聞杯2018 予想まとめ

ざっと上位人気が予想される出走馬を中心に追い切りを分析してきましたが、

ある程度どの馬も走れる状態、いい気配にあると予想できます。

やはり力が上だと予想できるグレーターロンドン、リスグラシューなどは

調教でもその気配を見せてきましたし、

その他に関しても東京新聞杯を目標にしているなと思える馬もいます。

更に言えば、人気がなさそうな

「ディバインコード」「ベルキャニオン」なども

前走時の最終追い切りと比較すると時計も詰め動きも良くなっている印象。

上り馬の「ハクサンルドルフ」も休み明け初戦からいい気配にあります。

難解な印象を受ける2018年の東京新聞杯ですが、

追い切りを分析して各馬の状態面を考察し、予想オッズと見比べると

ある1頭が盲点になっている印象を受けました。

この馬 ⇒ 人気ブログランキング

臨戦過程で言えばプラスとは言いにくい。

やはり年が明けてから1度使われている馬のほうがいい傾向にあります。

しかし、この馬少し舐められすぎ出だと思いますよ。

乗り込み量もかなり豊富で、最終追い切りも好時計をマーク。

馬也で1秒追走して最後はしっかり先着する好内容の調教でもあったし、

しっかり仕上がっており力を出せる態勢にはあると予想できます。

DKC競馬部では結構上位の評価を与えるつもりでいますけどね。

無料メルマガ【DKC競馬部からのちょっといい話。】

東京新聞杯の最終軸馬を無料メルマガで発表します!

更に、予想人の結論やブログでは書ききれない情報やお知らせ公開!

一石二鳥!?いや三鳥!!なので是非ご登録ください!

プレイボーイの皆さん、お楽しみに!

■購買⇒ 【無料メルマガ】 登録はこちら!

【PR】―――――――――――――――――

シンクタンク:東京新聞杯490_160

マイル路線を歩む馬たちにとって、春の大目標となるのは6月の安田記念。

直近にもいくつか前哨戦は組まれているものの、

実は、安田記念前に東京マイルで行われる重賞はココしかない。

そのため、本番から約4ヶ月と間隔は開くものの、

本番さながらの好メンバーが揃うケースも少なくない。

今年も出走予定馬には、アドマイヤリード、ダノンプラチナ、

グレーターロンドンなど有力馬が名を連ねている。

そして、このレースで馬券の肝となるのが ”4歳馬” の存在だ。

安田記念週に行われるクラス再編成によって、4歳馬は賞金が半分になってしまうため、

必然的に出走に必要な賞金ボーダーが高くなっていく。

陣営とすれば

「早い段階で賞金を加算して、本番までのローテーションを楽にさせておきたい」

との思惑を持つのは当然の流れとなるが、

とはいえ、4歳馬が全て勝負というわけではなく、

その辺りは正確なジャッジが必要となる。

そのために必要となるのが、競馬関係者から入手した確かな情報。

建前しか伝えることができない一般マスコミとは違い、

増沢末夫、平井雄二、中野渡清一など競馬界の大物OBが

情報ルートして在籍する当社シンクタンクには、

トレセン内はもちろん、マスコミの取材が及ばない外厩施設や、

馬主関係者など、あらゆる競馬関係者から隈なく情報収集を行っている。

本来、こうした情報を一般公開することはできないのだが、

今週はより多くの方に本物の関係者情報を知って頂くべく、

シンクタンクを初めてご利用の

[先着100名様限定で]

東京新聞杯の【3連単勝負馬券】を特別に無料公開する。

この機会に、是非シンクタンクの情報を体感してもらいたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第68回 東京新聞杯(G3)

万馬券を狙い撃つ【3連単勝負馬券】

■□特別無料公開!□■

 >>ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

シンクタンク:東京新聞杯300_250

―【PR】――――――――――――――
日々の研究により開発された独自の馬券術
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

他のサイトには絶対に真似できない!

情報には見えない盲点を突けるのは
万馬券総合研究所のみ!

今週は編み出した分析術より

東京新聞杯
3連複勝負馬券

>>無料配信決定!<<

※お早目にご登録ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この他にも無料コンテンツが充実!

重賞レース回顧や、
穴馬を導く「穴馬法則」

更に、厳選された軸馬公開など

豊富なラインナップが大人気です!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

▼分析から紐解いた過去の主な的中実績

2017/12/24
中山09R グッドラックハンデ
三連単 02-10-14
配当:141,700円

2018/1/14
京都11R 日経新春杯
三連単 07-02-09
配当:297,920円

2018/1/27
京都06R 3歳未勝利
三連単 05-07-09
配当:1,168,160円

◆他的中実績は下記リンクから閲覧可能◆

万馬券総合研究所の的中実績はこちら!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

万馬券総合研究所の無料登録はこちら!
今週の重賞レースもお任せください!

▼万馬券総合研究所 無料登録はこちら▼

The following two tabs change content below.
【DKC競馬部】

【DKC競馬部】

” 競馬で稼ぐ ” をモットーに毎週勝負レースの予想を公開中! 結構ガチな予想をしておりますが、競馬で最も大切なことは 「 愛と情熱 」 です。2016年度年間回収率156%!2017年度も約120%!2年連続+収支確定!これからも全力で予想し皆様のお力になれる予想をお届け致します!