【マイルチャンピオンシップ2017】予想!コース適性を中心に考える

マイルチャンピオンシップ2017の予想を中心に記事を書いて行きます。

中心はやはり富士S組の1、2着馬の2頭かなと思うトコではありますが、

京都マイルという舞台設定を考えるとここでこその馬もいそうな気がします。

コース適性が着順に反映されやすい舞台設定でもありますし、

適性があり、盲点になっている馬もいるかもしれません。

そういう馬が穴を開けるレースでもあるのでしっかり適性を分析し予想して行きます。

ope14112315530010-p2

先週のエリザベス女王杯同様に、

マイルチャンピオンシップもリピーターが活躍するレース。

2017年も出走する「イスラボニータ」も今年で3年連続出走、過去2回は言うまでもなく馬券内、フィエロ、ダノンシャーク、ダイワメジャー、スーパーホーネットなど連続出走で好走してきた馬がよく目立つんですよね。

マイルCSって

そういうレース。

これはひとつ頭に入れて予想して行くべし。

当然2017年も連続好走のある馬も出てくるでしょうから、

過去にマイルCSで好走した経験のある馬、または出走経験のある馬は要チェックやぃ。

▼過去にマイルCS経験のある馬

  • イスラボニータ
    15年3着 / 16年2着
  • ガリバルディ
    16年7着
  • サトノアラジン
    15年4着 / 16年5着
  • ディサイファ
    16年10着
  • ヤングマンパワー
    16年16着

うん、こうしてみても「イスラボニータ」はどうしても有力候補の1頭。

あとは「サトノアラジン」も当然侮るべからずかなと思うトコ。

「ガリバルディ」も7着と敗れてはいるものの、着差は0.4差と僅か。

展開次第では有力株の1頭ではあります。

ホントは「ネオリアリズム」がおもしろいなと思っていたんですが

回避が確定してますからね、こりゃ残念。

しかし、リピーター組以外も京都マイルという舞台設定に適性のある馬。

これがひとつ穴をあけるポイントになってくるのは間違いないでしょう。

―【PR】―――――――――――――――

シンクタンク:マイルCS300_250

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第34回 マイルCS(G1)

万馬券を狙う【3連単勝負馬券】を

>> 特別無料公開!<<

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

| マイルCS コース分析

pic_course_heimenzu

pic_course_shiba_out

● 画像引用元:JRA 公式サイト

http://www.jra.go.jp/facilities/race/tokyo/course/index.html

スタートは向正面のポケットから。

スタートしてから最初のコーナーまで約700mの距離があり、

徐々に坂を上っていき、4コーナーにかけて下っていくというレイアウト。

最後の直線は平坦でCコース使用時が約400mとなっている。

外回りコース時の最後の直線はバラけやすい傾向からか、差し馬が強い傾向。

過去10年の3着以内の好走馬の内、実に20頭が差し脚質となっている。

更に、内を突いてくる差し馬には注意が必要。

ズラッと横に広がって馬場の良い外を通る馬の伸び脚も当然いいのだが、

コースロスなく内を突いてくる馬が穴を開けるということもある。

基本的には上記のように差し勢の活躍がよく目立つコース形態ではあるが、

先週のエリザベス女王杯のように、前が止まらないケースもある。

逃げ勝ったのは昨年のミッキーアイルのみだが、

穴を開けるのは前目につけているケースも多い。

開催が進み、馬場の内が荒れてくるので、心理的には馬場のいい外を回したい。

しかし、フルゲート開催の外を回すとなるとそれなりのロスも大きく、

ロスなく立ち回れる馬の好走を視野に入れておかねばならんということ。

これは以外に盲点となることもあるので、

単純に強い差し馬だけを狙って行くと痛い目を見ることも多い。

しかし、それでも京都外回りコース。

上がりの早い馬の好走は多く、

基本は瞬発力に長ける馬、長くいい脚を使える馬が中心。

上がり1位~2位で上がってこれる馬は好走率も高い。

【馬群の間を突ける馬はかなりの率で馬券になるとみていい。】

更に、外回りコースではあるものの、立ち回りは重要になってくる。

先ほども書いたが、最後の直線で大外をぶん回しても届くが、

それこそかなりの脚が必要になってくる。

  • バラけた直線で内を突く
  • 馬群の間を割って伸びる。
  • うまく息を持たせて先行させる。

この3パターンが重要になってくるのがマイルチャンピオンシップである。

■ マイルCS 予想とコース分析まとめ

以上のように、コース分析を行ってみましたけど、

枠順の有利、不利がないレースとはいえ、外枠の馬は位置取りが重要か。

なんにせよ、枠順を見てからしっかり見極めて行きたいトコではあるが、

やはり、マイルCS経験馬はには注目したい。

特に、人気にはなるが「イスラボニータ」「サトノアラジン」

コース適性は高そうですし、リピーターという部分からも推したい。

馬場次第では中心に据えて予想すべきかなと現時点では思いますね。

あと、現時点で上記2頭並に

注目している穴馬がおります。

それがこの馬。

人気ブログランキング

前に行ける馬なら「マルターズアポジー」「ダノンメジャー」

あたりにも気を配りたいトコではあるが、

後ろから行く馬ならこの馬にも注目しておきたいトコ。

京都コースは得意な方だし、能力的にも上位勢とそこまで差はない。

トビが大きく器用なタイプではないものの、

小回りでも結果を出せるように一概に不器用だという印象はない。

前走に関しても度外視できる1戦だし、馬場・枠順次第では有力な1頭。

「尚!!」

DKC競馬部予想人 勝ノ助のマイルCS最終結論を公開決定!

他、DKC競馬部に所属する予想人の軸馬も無料で公開!

是非お見逃しなく! ⇒ 登録はこちら!

LINE@グループ「DKCFamily」では…

土日の勝負レース注目穴馬の存在を公開!

14時頃を目安に配信しますのでそれまでにご登録を!!

Let’s

↓↓↓↓登録↓↓↓↓

160915_newbutton

DKCFamily!

オレタチ(キ▼ー▼)人(▼ー▼キ)マブ

―【PR】―――――――――――――――

シンクタンク:マイルCS490_160

春のマイル王決定戦・安田記念はサトノアラジンが制したものの、

未だ絶対的な存在が不在のマイル路線。

今秋のマイルCSも、新聞紙面やネットニュースなど、

各マスコミは一様に ”大混戦” と喧伝することはまず間違いないだろう。

しかも、今年のマイルCSは、

前哨戦の多くが台風の影響を受けた極悪馬場のレースばかり。

レースの評価だけでなく、レース後のダメージまで推し量るのは、

一介のマスコミやファンレベルでは、極めて困難と言っていい。

そんなレースになればなるほど、

「創業23年」を誇るシンクタンクの【重賞特捜班】

情報力やデータ分析力が大きく発揮されることになる。

名馬サクラスターオーを育てた平井雄二元調教師が率いる【重賞特捜班】の下には、

マイルCSに関する、競馬関係者のありとあらゆる情報が入ってくる。

一般マスコミが流す情報しか知らない人たちが見れば

「こんなネタがあったのか」「そんな話、どこにも載っていないぞ」と、

さぞ驚くことだろう。もちろん、導き出される最終結論も、

他の情報媒体とは一線を画し、他の情報媒体と一線を画したものとなる。

実際に、重賞・メインレースからは、

11月5日開催終了時点で43週連続的中。

【重賞特捜部】が入手した関係者情報が馬券的中へと直結しているが、

まずは『論より証拠』。シンクタンクの【重賞特捜部】の情報力を知って頂くには、

実際に情報を入手した頂くことが手っ取り早いはずだ。

そこで、初めてシンクタンクをご利用する方に限り、

今週は【マイルCS・3連単勝負馬券】を筆頭に、

馬券に役立つ内部情報・買い目情報の数々を無料公開させて頂く。

是非ともこのチャンスに “本物の情報” を体験していただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第34回 マイルCS(G1)

万馬券を狙う【3連単勝負馬券】を

>> 特別無料公開!<<

ココをクリック!

The following two tabs change content below.
【DKC競馬部】

【DKC競馬部】

” 競馬で稼ぐ ” をモットーに毎週勝負レースの予想を公開中! 結構ガチな予想をしておりますが、競馬で最も大切なことは 「 愛と情熱 」 です。2016年度年間回収率156%!6月2週目「アハルテケS」にて3連57万馬券を推奨!神の眼を持っている!?これからも全力で予想し皆様のお力になれる予想をお届け致します!