朝日杯フューチュリティステークス2016予想と前哨戦分析

朝日杯フューチュリティステークス2016の予想を中心に前哨戦を分析して行きます。

先週の阪神ジュベナイルFでも書きましたが、やはり2歳戦は情報が少ないです。

何を基準に予想していくのかが非常に重要になってきますが、

中でもこの前哨戦の情報は貴重なものとDKC競馬部では判断しております。

実際に阪神JFでは前哨戦分析で高い評価を与えた馬が掲示板を独占。

結果馬券は外してしまいましたが、予想ポイントは間違っていませんでした。

今週もたっぷり前哨戦から情報を得て

朝日杯フューチュリティステークスに出走する各馬を見定めて行きたいと思います。

この人をガッツリ

背中に入れたい。

bj9yiogcqaaridl

勘違いしないでください。

この人を入れたいと言っても直接そのまま移植したいのではなく

入れ墨を掘りたいという意味です。

本日の記事担当も

最近とある出来事から外国のセクシー女性に凄く魅力を感じている

D&KCompany競馬部 予想人の咲助です。

英語できないので、日本語を喋れる方が希望です。年齢は28歳まででお願いします。

「我こそは!!」 と思う方は是非D&KFamily登録してください。

▼我こそは!!▼

Let’s

↓↓↓↓登録↓↓↓↓

160915_newbutton

D&KFamily!

オレタチ(キ▼ー▼)人(▼ー▼キ)マブ

さて、朝日杯FSの予想です。

この記事の本題はここ。

皆さん勘違いしているかもしれませんが

咲助は競馬予想家です。

忘れてたでしょ!?

ただの変態王子様だと思ってたでしょ??

やるときゃやるんですよ。

2016年の朝日杯フューチュリティステークスですが何度もお伝えしている通り

「上位拮抗」の印象は揺るぎ無し。

ただ、冒頭でも説明した通り2歳戦はいかんせん力関係が図りにくく

「実は全くの見当違いの予想をしている…」

恐ろしいことにこれはこの記事を読んでいる

「たぶんXmasは1人エロナイト」だろうな読者の約7割に起こりうる病原菌です。

lgf01a201308312100

こんなセクシーサンタと一緒にクリスマスは…

できるかッ!!

そんな状況を防ぐために前哨戦のレースを分析し各馬の力関係を少しでも正しく図っておく。

これが必要になってくるわけですね。
(話が繋がってないがそこは愛嬌だ。)

というわけで早速!?(笑) 朝日杯フューチュリティステークスに出走する有力馬を中心に前走レース=前哨戦を分析して行きましょう👍

▼朝日杯FS予想記事一覧▼

➡ 予想~ミスエルテ解体文書

予想~有力馬分析

予想~コース分析と過去の傾向

予想~前哨戦分析

| 前哨戦分析

何度も何度も口をすっぱくしてお伝えしている通り

前哨戦には最新情報が濃厚タップリチョコレートアイス

本当かどうか!?

神のみぞ知るといったトコだが早速分析結果を見てみよう。

■ファンタジーS

  • 1着 ①ミスエルテ

【レースラップ】
12.5 – 11.2 – 11.8 – 11.8
12.0 – 11.1 – 11.4

▶ 一見差し馬が台頭しており早い流れかと思うが緩やかな流れで瞬発力を生かす展開

1着のミスエルテは1枠1番の好枠ではあったものの

出遅れて後方からの競馬をよぎなくされるが直線外に出し一頭次元の違う走り。

メンバーが弱かったコトに恵まれた感はあったが、力が全く違った印象。

若干反応が鈍い気はしたが、加速してからの速力は大物の気配は感じた。

ムチも一発も入れておらず本気で追わずにあの内容。着差以上に内容の濃いレース

■サウジアラビアRC

  • 2着 ⑦ダンビュライト

【レースラップ】
12.3 – 10.9 – 11.8 – 12.7
12.4 – 11.7 – 11.1 – 11.6

▶ 小頭数立ての開催でペースも緩やかだったが、1.2着馬は力が違ったレース

2着のダンビュライトは勝ち馬には完敗の内容も

3着以下には決定的ともいえる差をつけており力は証明した。

直線向いて追い出してからルメール騎手が若干追いにくそうに見えるのと、

走り方的に右回りのほうがパフォーマンスを発揮しそうな印象も受け、

仮に右回りのほうがいいとすればこの2着の内容は高く評価すべき。

■京王杯2歳S

  • 1着   ⑬モンドキャンノ
  • 8着   ⑥ダイイチターミナル
  • 11着 ⑫レヴァンテライオン

【レースラップ】
12.4 – 11.4 – 11.9 – 12.0
11.3 – 11.2 – 11.7

▶ 中盤ラップが緩みスローペースで先行勢有利の展開も勝馬は力が違った。

1着のモンドキャンノは終始外目追走も全く余裕の内容で強さだけが目立った。

直線に入ってもほぼ馬なりのまま先頭に並びかけ促されてからの加速は圧倒的。

距離延長がやや不安視されているが1ハロン延長は問題無さそうに見える。

8着のダイイチターミナルは見せ場なく大敗し、分析結果からは高い評価はできない。

ただ、2ヶ月の休み明けで仕上がりが万全だったかは微妙。

初の距離延長だったことも影響があるかもしれないしこの1戦で見限りは軽率。

11着のレヴァンテライオンは輸送を挟みながらプラス16Kgでの出走。

仕上げ不足だったというか、仕上げてなかったと判断したほうがいい。

直線に入ってからもほぼ追っておらず参加しただけと見るのが無難。

上積みに注意したい。

■京都メイクデビュー

  • 1着 ①クリアザトラック

【レースラップ】
12.8 – 11.1 – 12.3 – 13.0
12.7 – 12.3 – 11.0 – 11.1

▶ かなりのスローな展開になり先行勢で決着。これといって目立った箇所はない。

1着のクリアザトラックは展開に恵まれ、楽な競馬で勝利。

かなり余力を残しての勝利のようにも見えるが、このペースでは過信禁物。

その後、後続馬も結果を出せていないしいきなりG1で流れも速くなるので

対応できるか疑問が残る。このレースからは評価は低い。

■ベゴニア賞

  • 1着 ⑧サトノアレス

【レースラップ】
12.5 – 11.4 – 11.8 – 12.6
12.7 – 11.6 – 11.1 – 11.9

▶ スローで流れ瞬発力が求められる展開、良馬場発表だったが若干時計がかかる馬場。

1着のサトノアレスは前が残る展開プラス馬場の中好騎乗もあり勝利。

33秒台で上がってきたのはサトノアレスのみで瞬発力では上だった。

が、内が伸びやすい馬場の中で騎手がうまく促し直線内から差したのは大きかった。

力は示したレースだったものの、恵まれたレースだった感も否めない。

■黄菊賞

  • 1着 ④タガノアシュラ

【レースラップ】
12.7 – 11.8 – 12.2 – 12.0 – 12.5
13.2 – 12.2 – 11.8 – 11.6 – 11.9

▶ 5頭立ての小頭数開催で、勝馬は大逃げを打っての競馬。展開がハマった感。

1着のタガノアシュラは大逃げを打ち展開はハマったが

逆にこの展開を自ら作り出せるのは大きな材料で、逃げれば強い。

減った馬体も戻ってプラス10Kgになっており状態面も上がっていたと予想。

ただ、5頭立ての競馬で競ってきた馬がおらず大逃げを打てたのも好走材料。

今回18頭立てとなるのでうまく自分の展開に持ち込めるかがカギとなる。

■ まとめ

ざっとこんな感じになりますが、やはり上位勢の前走レースはいいですね。

まったくとは言いませんが、隙は少なく条件替わりで良さそうな馬までいます。

中でも前走のレース内容が朝日杯FSに繋がってきそうな馬をいつも通り

人気ブログランキングの紹介欄に載せておきます👍

この馬人気ブログランキング

【見解】

内枠に入ってくれれば
凡走はまずないと思うくらい前走内容は優秀

まず打倒ミスエルテの筆頭格になる。

全力メイチで仕上げていたとは考えにくく
今回は上積みも見込める状況。

前走内容はメンバートップと判断。

この他のレッドアンシェルの「もみじS」戦

アメリカズカップの「野路菊S」戦の見解は

D&KFamily限定配信👍

 

さぁ、勇気を出して!

189247938-origin-1396579383

Let’s

↓↓↓↓登録↓↓↓↓

160915_newbutton

D&KFamily!

オレタチ(キ▼ー▼)人(▼ー▼キ)マブ

The following two tabs change content below.
【DKC競馬部】

【DKC競馬部】

” 競馬で稼ぐ ” をモットーに毎週勝負レースの予想を公開中! 結構ガチな予想をしておりますが、競馬で最も大切なことは 「 愛と情熱 」 です。2016年度年間回収率156%!6月2週目「アハルテケS」にて3連57万馬券を推奨!神の眼を持っている!?これからも全力で予想し皆様のお力になれる予想をお届け致します!